見出し画像

「利他主義精神で」飯田亮太郎さん_早稲田ぐらしインタビュアーインタビュー


豊福:こんにちは。まず初めに自己紹介をお願いします。

飯田:國學院大學経済学部3年の飯田亮太郎と申します。
これといって面白い自己紹介はないんですけれども、「マヨネーズ×マヨネーゼ」というマヨネーズ愛好家のサークルに所属していたり、大学生4人でルームシェアをして生活しています。
で、今この株式会社Amufiのインターン生として早稲田ぐらしの運営に携わっています。

豊福:マヨネーズ×マヨネーズって初めて聞きました。面白いですね(笑)
次に、亮太郎さんが今1番力を入れていることと好きなことを教えてください。

飯田:一番力を入れていることと好きなことが共通していて、アルバイトですね。 今大学受験予備校でアルバイトをしていて、教務指導だったり生徒指導をしています。
具体的には、担当生徒の学習管理であったりとか、あとは生徒との個別面談をしています。
年間スケジュールで学習内容と学習量が決まっているので、プランから遅れないように逐一僕が指導を行ったり、面談では毎月行う模試の判定を見て分析をしたりしています。
あと生徒の悩みを聞く中で、将来の夢が決まってない人がいれば一緒に考えてあげるというようなことに力を入れています。

豊福:へぇ~、そうなんですね。ありがとうございます。それを始めたきっかけとかって何かありますか?

飯田:これがめちゃくちゃ困るんですけど、かっこいいきっかけというものが正直なくて、高校時代に通っていた予備校で今アルバイトをしているんですけど、僕の塾の校舎長に、アルバイトをしないかと誘っていただいた感じですね。

ーー大切にしていることーー

画像1

豊福:予備校バイトを始めるきっかけの王道パターンですね(笑)
このアルバイトの経験から得た一番の学びって何ですか?

飯田:そうだな…。座右の銘っていうわけではないんですけど、「利他」って言葉をめちゃめちゃ大切にしています。
対義語でよく「利己主義」みたいな形でよく使われる言葉なんですけど、その「利他」っていうのが、他人の利益になるようなことですね。
なので僕は自分の力や経験を他の人を助ける、サポートすることを心掛けて生活しています。
で、ボランティアサークルにも所属しているんですけど貧しい環境で育った子供たちって、勉強がそもそもできないし、ましていうと、リテラシーとかもないんですよね。
なので、同じ人間、年齢でもこれだけ格差が生じてしまっていると考えると、正直悲しくなってしまう部分があって。
やっぱり勉強したいと心から思う子供たちはたくさんいるので、その子の人生がより良い方向に行くのであれば、僕の時間をその子たちに投資しようという考えですね。

豊福:「利他」の精神…すごいですね。
その「利他」を考えるきっかけになったのは何ですか?

飯田:対義語の話になってしまうんですけど、よく「利己主義」っていうじゃないですか?「利己主義」という言葉があまり好きではなくて、、、
自分の将来のために頑張る!ということは素晴らしいことだと思います。
でも僕はそこに「面白さ」だったり「楽しさ」、「喜び」というものを感じることが難しかったです。
高校生の時、人生を振り返ってみると、僕がここまで楽しく生活できているのは、家族、友達をはじめ、周りの人の支えがあってこそ成り立つものでした。
将来、僕が何かしたいなと思ったときに、周囲の仲間の協力など人は助け合って生きていくことが大切だと感じたので、まずは自ら「利他」的な人間になろうと思いました。

ーー挑戦したいことーー

画像2

豊福:将来的な目標は何かありますか?

飯田:将来的な目標かぁ。夢っていうのはとくには決まっていないんですけれども、教育関連のお仕事をしたいなというのを今心から思っています。
スケールが大きい話になってしまうんですけど、日本を世界的にも再興させるための鍵っていうのは、教育を通じた人材育成かなと思っているので、国民一人一人が夢とか志を持って生涯を通じて学習し、成長をしていくという過程を僕がサポートさせていただけたらなと思っています。
あと、地方の教育格差も最近問題になっているので誰もが教育を等しく受けられる環境というのも整えていけるような形で挑戦していきたいなと考えてます。

豊福:ありがとうございます!次に、このインターンにかかわる質問を3つしたいんですけど、なんで早稲田ぐらしのインターンをしようと思ったんですか?

飯田:これがね~。ほんとにかっこいい理由がなくて。メンバーに米野って人がいるんですけど、その米野君に誘われて僕も早稲田ぐらしといったメディア運営に参画させていただきました。
僕に期待をしているからこそ誘ってくれたと思っているので、やっぱ誘ってもらったからには期待されていることに応えるしかない、それだけ自分の力を出し尽くそうと思ってこれを始めようと思いました。

ーー目的をもって学生生活を送るーー

画像3

豊福:ありがとうございます。2つ目に、実際既に数人にインタビューしてみたと思うんですけど、何か感想はありますか?

飯田:そうですね。やっぱインタビューする人たちは自分と大学が違って、早稲田大学というといろいろな地方から早稲田大学に行きたいという人たちが集まっているので、バラエティに富んだ学生が多くいるなというのは感じました。
あと、それぞれインタビューをした人たちが目的というものをもって学生生活を有意義に過ごしているなというのを感じたので、僕自身もそういった目的というものをしっかりと設定して大学生活を送っていかないと、付加価値が生まれないなと勉強になりました。

豊福:なるほど。ありがとうございます。最後の質問になるんですけど、これからの早稲田ぐらしにかける思いって何かありますか?

飯田:熱い人間じゃないんで何を言ったらいいかちょっとよくわかんないんですけれども(笑)
早稲田ぐらしというメディアを僕が作ってそれを早稲田生に読んでもらうという形になるので、やっぱ読んだ学生には、それぞれ学生生活に目的をもって励んでもらいたいなと思っています。
逆に言うと、目的のない行動や生活には何も生産性がないと思っているので、何か一つでもこうなりたいとか、こんなことしてみたいというのが皆さんの大学生活に生まれるというのを心から期待しています。
あと僕自身もこのメディアを運営していくにあたって、皆さんのモチベーションを高めるというのが僕の目的であるので、お互い残りの学生生活を悔いのないよう有意義に過ごしていきましょう。

豊福:私も目的意識を持って生活して有意義な学生生活にしたいと思います。ありがとうございました!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつもスキありがとうございます(^^)
9
早稲田生のリアルと暮らしを伝える、学生運営のインタビューメディアです! インタビューを通じて 「こんな早稲田生がいるんだ!」という驚きを届けます。 運営に興味のある方・インタビューを受けたい方はこちらから! ⇨https://forms.gle/HpNyTFgvFqXSG37W6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。