見出し画像

ワープスペース、クラファン始めます。

私たちワープスペースは、会社として初めてのクラウドファンディングをスタートさせました。

過去には、この会社の創業のきっかけとなる筑波大学衛星プロジェクト2号機「ITF-2」開発の際に、少額ですが非常に心強いご支援を、クラウドファンディングを通じていただきました。

当時は、TFFというインキュベーター側の人間として、関わらせていただいてたのですが、そのときのプロジェクトページ(https://www.tff.or.jp/projects/8)を見返すと、あれから4年、少しずつですが着実にジャンプアップして来たんだなと、とても感慨深いです。

今はCEOとして、このチームをリードしていますが、「宇宙×通信」というフィールドを地道に歩んできたメンバーを本当に誇らしく思います。

昨年1月に、それまでの社外取締役からCEOになったときに強く心の中にあったのは「ここまでのチームの蓄積、ピースを一つの意味ある形にフォーカスし、まとめ上げる」という想いでした。

あれから1年。五里霧中に近い状態になったときもありました。トラブルしか起こらない時期もありました。それでも何とか歩を進め、こうしてワープスペースのビジョンを明確な形で皆さんにお伝えすることができたのは、これまでワープスペースと関わり、対話をし、アドバイスをくれてきたすべての方々と、あきらめずに走り続けたチームメンバーのおかげです。

私は常に、この積みあがった想いを前に進めるためにいます。

プロジェクト本文中にも書きましたが、今回のクラウドファンディングは、私たちワープスペースが次のステージに進むうえで非常に重要なプロジェクトになります。

そういう意味では、「最初で最後」のクラウドファンディングだと思っています。

ぜひこの私たちワープスペースの重大なターニングポイントを、できるだけ多くの人たちに共有してほしい。

そして今後、ワープスペースのプロジェクトが前に進むたびに、その方々と喜びを分かち合いたい。

そう強く願っています。

1つのいいね、1つのシェアだけでも私たちにとってはかけがえのない支えになります。
3月31日23時のファンディング終了まで、ご支援ご協力どうぞよろしくお願いいたします!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
WARPSPACEは 衛星に対する高い専門性と開発力を活かし 宇宙空間をより快適に、シームレスに利用/移動するための 通信インフラを地上と宇宙両面で構築し 宇宙産業や人工衛星のあり方を劇的に変えていきます。 https://warpspace.jp/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。