見出し画像

徴用工で韓国は暴走する

■徴用工で暴走
 徴用工原告団は三菱重工業の商標・特許・韓国国内資産を、強制執行で差し押さえると公言。近々強制執行の手続きを開始するそうだ。徴用工は労働者として雇用したのだが、奴隷として働かされたことになっている。これで裁判を起こすのだから、世界から見ても驚きだろ。

■韓国国内限定ではない
 原告団は三菱重工業の韓国国内資産に限定していない。原告団は三菱重工業の商標・特許全てを狙っている。だから日本国内に及ばず世界に適用するはずだ。三菱重工業の利益は原告団の利益。だから三菱重工業が展開する世界で差し押さえる。

 原告団の強制執行が開始されたら日本各地で在日韓国人の活動が予想される。三菱重工業への攻撃や占拠を想定すべき。さらに世界各地の韓国人も三菱重工業を狙った攻撃や占拠も有り得る。

 世界各地で韓国人が、現地政権に対して三菱重工業資産の差し押さえを要求すると思われる。彼らは要求すれば現地政権は応じると考えているだろう。

■日本政府の対応が遅い
 日本政府は対応していない。これは致命的で、対応しないから原告団は強気になった。一度動き始めたら最早止めることはできないだろう。この対応に日本は終わり無き論争に巻き込まれる。

 日本の政治家は話し合いだけで終わらせようとする。これの見た目は良いが現実には問題の先送り。政治家は次世代に面倒事を残すことになる。

■対応策
 日本の対応策は韓国との国交断絶。原告団が強制執行の手続きを行えば、日本は在日韓国人を強制送還し韓国と国交断絶。ここまでしなければ日本の主権を守れないし三菱重工業を守れない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

私は貴方のサポートを待っています。

感謝。今後も見てください。
7
Viewpointプロフィールページ https://vpoint.jp/author/ueokaryuuji 戦争学を研究しています。基本は戦争のメカニズムを知り可能な限り戦争を回避する。欧米系の戦争学です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。