デンマーク株式会社を設立しました
見出し画像

デンマーク株式会社を設立しました

wakawaka-wakuwaku

こんにちは、Denmark Inc 代表取締役、有澤和歌子です。はじめまして。

2021年3月18日、私は軽井沢の UWC ISAKにいました。設立当日のお仕事は、全寮制インターナショナルスクールのプロジェクトウィークで、帽子メーカーの株式会社ヨシダの帽子作りの工程で出る裁断残を利用したサスティナルブ小物を考案するというイベントに参加していました。

奇しくも3月18日は配偶者の誕生日。実は、覚えやすいように、と、夫の誕生日を創立記念日にしたのです。

2020年6月で、それまで4年間お世話になったvKiroromJapan株式会社を退職し、7月から12月まではデンマークにあるフォルケホイスコーレ International Peoples Collegeに留学していました。キリロム工科大学の東京事務所を運営しながら、たくさんの高校生、教師、保護者、教育関連者とお話をしました。その時に「大人が変わらないと、未来は変わらない」と思いました。切実に思いました。なので、まずは自分から変わるために、行動に移しました。

デンマークに行く前は、日本人の大人向けのフォルケホイスコーレをカンボジアのvKirirom Nature Landに作りたいと思っていました。しかし、covid-19の状況を見て、現在の状況で、全寮制のフォルケホイスコーレを作ることはとてもリスクが高いこと、そして、志半ばで中止となるよりは、もっと安全性の高く、日本国内外に広く展開できることにビジネスプランを変更しようと考えながら毎日学んでいました。

2020年はコロナ災禍が全世界で始まった年。私は運が良いのですが、2020年はカンボジア2回、ルワンダ、デンマークと、「よくそんなに行けたね?」と言われるほど、計画していたことは全て実行できた年でした。そして、帰国してから起業へと踏み切りました。

デンマークで生活をしたことで、国民幸福度の高い国の仕組みや、国民性、政治に教育と、様々なことを自分の目で見ることができました。コロナの影響で訪問先は限られたため、その分話を聞くことも行いました。そして、デンマークの良いところを日本に取り入れることを目標にデンマーク株式会社を設立しました。今はまだ、設立後の様々な事務処理に追われています。

さて、どうしたら、デンマークの人々のように「私たちの国は最高!税金は高いけどね。満足しているから、これでいいんだ!」と私たち日本人が言えるようになるのか、と考えました。そして、一番重要なことは、日本人の大人も子どもも、教師も会社員も、日本以外の常識を知り、もっと世界を身近に感じることではないか、と思ったのです。(違うかもしれないし、私の考えも変わるかもしれません。)

なので、子どもにも、大人にも、もっとリアルに世界を身近に体感できるソリューションを作ろうと思い立ちました。(こちらについては、現在企画中で、日々ゴリゴリと考えたり、ぶっ壊したりしています!)

これからデンマーク株式会社が、日本でも外国でも、小さいながらも、たくさんの方々の役に立ち、世界中に笑顔が増えることを推進できる企業となるよう頑張っていきたいと思っています。

50代の女性で起業する人はあまりいないと思います。しかし、これからは100年時代。私の息子、現在18歳、が高齢者となる頃は120歳まで生きる人も多くなると言われています。そんなこともあり、40-60代の人が、勇気を持って、自分のやりたいことを仕事にすることのハードルが下がるよう、いろんなビックリを記録し、共有していきたいと思い、noteに書きはじめました。

有澤和歌子の起業日記、始まります!

ぜひ、一緒に楽しんでください。そして、私を応援してください。私もあなたを応援します。

末長く、よろしくお願いいたします。

<追記>※2021/5/28 デンマークの講演をします。
Global視点での幸福、 教育のベースにあるもの 
【大人のデンマーク留学見聞録】
〜びっくり!しかなかった大人デンマーク滞在日記〜

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
wakawaka-wakuwaku
イイトシをして初留学。と言っても、ほんの半年。デンマークのフォルケホイスコーレで学びます。帽子が私に自信と勇気をくれました。有澤和歌子のデンマーク日記。