成馬零一『テレビドラマクロニクル(1995→2010)』

29
固定された記事
4/8(木)まで書き下ろし原稿&オンライン講義視聴チケットつき! 成馬零一『テレビドラマクロニクル 1990→2020』PLANETSオンラインストアにて予約開始

4/8(木)まで書き下ろし原稿&オンライン講義視聴チケットつき! 成馬零一『テレビドラマクロニクル 1990→2020』PLANETSオンラインストアにて予約開始

PLANETSより、ドラマ評論家・成馬零一さんの最新刊『テレビドラマクロニクル 1990→2020』が発売となります。 昭和の終わりとともに世紀末を駆け抜けた1990年代の旗手・野島伸司。 マンガ・アニメとの共鳴で2000年代の映像表現を革命した堤幸彦。 若者カルチャーの異端児から2010年代の国民作家へと進化を遂げた宮藤官九郎。 平成を代表する3人の作品史をはじめ、坂元裕二、野木亜紀子などの作家たちが、令和の現在に創作を通じて切り拓いているものとは──? バブルの夢に

7
[特別無料公開]『木更津キャッツアイ』が成し遂げたドラマ史の転換|成馬零一

[特別無料公開]『木更津キャッツアイ』が成し遂げたドラマ史の転換|成馬零一

成馬零一さんの新著『テレビドラマクロニクル 1990→2020』発売を記念して、本書から宮藤官九郎編の初期の代表作『木更津キャッツアイ』についての章を無料公開します。 「地元」と「普通」を主題にした本作は、一部の識者からバブル批判の文脈で称賛されます。しかし、そこで本当に描かれていたのは、均質化した郊外と「普通」すら困難になりつつある時代の訪れでした。 2002年の『木更津キャッツアイ』 『池袋ウエストゲートパーク』で高い評価を得た宮藤官九郎は、翌2001年、織田裕二主演の

10
[特別無料公開]『池袋ウエストゲートパーク』が始動した2000年代|成馬零一

[特別無料公開]『池袋ウエストゲートパーク』が始動した2000年代|成馬零一

成馬零一さんの新著『テレビドラマクロニクル 1990→2020』発売を記念して、本書から2000年に放送されたドラマ『池袋ウエストゲートパーク』についての章を無料公開します。 宮藤官九郎が脚本を手掛け、長瀬智也や窪塚洋介といったキラ星のごとき若手俳優たちが出演していた本作は、以降のテレビドラマの方法論を劇的に変えることになります。 2000年の『池袋ウエストゲートパーク』  『ケイゾク/映画』が公開された直後の2000年4月。堤幸彦は石田衣良の小説をドラマ化した『池袋ウエ

12
【新連載】成馬零一 テレビドラマクロニクル(1995→2010)第1回 野島伸司とぼくたちの失敗(前編)

【新連載】成馬零一 テレビドラマクロニクル(1995→2010)第1回 野島伸司とぼくたちの失敗(前編)

ドラマ評論家の成馬零一さんの新連載『テレビドラマクロニクル(1995→2010)』が始まります。第1回で取り上げるのは、90年代を代表するドラマ脚本家の野島伸司です。80年代トレンディドラマの“アンチ”ともいえる陰鬱な展開で人気を博した野島ドラマですが、その中には00年代に全面化する共同体への志向が、既に萌芽していました。 【公式オンラインストアにて特別電子書籍つき限定販売中!】 ドラマ評論家・成馬零一 最新刊『テレビドラマクロニクル 1990→2020』 バブルの夢に浮か

4
300
野島伸司とぼくたちの失敗(後編) | 成馬零一

野島伸司とぼくたちの失敗(後編) | 成馬零一

ドラマ評論家の成馬零一さんの連載『テレビドラマクロニクル(1995→2010)』。TBS三部作において〈無垢なるものを守るための共同体と暴力〉という主題に向き合った野島伸司。1995年にその臨界点となる『未成年』が放送されますが、その結末が示した限界は、キャラクタードラマの時代への転換を促すことになります。 テレビドラマクロニクル(1995→2010) 第1回 野島伸司とぼくたちの失敗(後編) 成馬零一 【公式オンラインストアにて特別電子書籍つき限定販売中!】 ドラマ評論

4
500
堤幸彦 悪ふざけと革命願望(1) | 成馬零一

堤幸彦 悪ふざけと革命願望(1) | 成馬零一

ドラマ評論家の成馬零一さんが、『テレビドラマクロニクル(1995→2010)』。第2回では、『ケイゾク』『池袋ウエストゲートパーク』『TRICK』などで知られる映像作家・堤幸彦を取り上げます。1995年に「土9」枠でヒットした『金田一少年の事件簿』は、以降のキャラクタードラマの先駆けとなる、画期的な作品でした。 テレビドラマクロニクル(1995→2010) 第2回 堤幸彦 悪ふざけと革命願望(1) 成馬零一 【公式オンラインストアにて特別電子書籍つき限定販売中!】 ドラマ

5
500
堤幸彦 悪ふざけと革命願望(2) | 成馬零一

堤幸彦 悪ふざけと革命願望(2) | 成馬零一

ドラマ評論家の成馬零一さんの連載『テレビドラマクロニクル(1995→2010)』。第2回では、『ケイゾク』『池袋ウエストゲートパーク』『TRICK』などで知られる映像作家・堤幸彦を取り上げます。1995年に「土9」枠でヒットした『金田一少年の事件簿』は、以降のキャラクタードラマの先駆けとなる、画期的な作品でした。 テレビドラマクロニクル(1995→2010) 第2回 堤幸彦 悪ふざけと革命願望(2) 成馬零一 【公式オンラインストアにて特別電子書籍つき限定販売中!】 ドラ

6
500
堤幸彦(3)『ケイゾク』ーー過去は未来に復讐する | 成馬零一

堤幸彦(3)『ケイゾク』ーー過去は未来に復讐する | 成馬零一

ドラマ評論家の成馬零一さんの連載『テレビドラマクロニクル(1995→2010)』。『金田一少年の事件簿』で一躍ヒットメーカーに躍り出た堤幸彦が、1999年に手がけた、テレビドラマ史に残る問題作『ケイゾク』。それは、サンプリングとリミックスを旨とし、最終的に自己破壊でしかリアルを表現できないという、90年代の時代精神を体現した作品でもありました。 テレビドラマクロニクル(1995→2010) 第5回 堤幸彦(3)『ケイゾク』ーー過去は未来に復讐する 成馬零一 【公式オンライ

7
500
堤幸彦(4) 『ケイゾク』ーー柴田純の限界と朝倉の悪意 | 成馬零一

堤幸彦(4) 『ケイゾク』ーー柴田純の限界と朝倉の悪意 | 成馬零一

ドラマ評論家の成馬零一さんの連載『テレビドラマクロニクル(1995→2010)』。押井守作品の強い影響下にありながら、刑事ドラマとしては真逆の方向を向いていた『踊る大捜査線』と『ケイゾク』。そして、堤幸彦が『ケイゾク』で鋭く追求したオタク/匿名性の問題は、後のフェイクニュースの時代を予見することになります。 テレビドラマクロニクル(1995→2010) 第5回 堤幸彦(4)『ケイゾク』ーー柴田純の限界と朝倉の悪意 成馬零一 【公式オンラインストアにて特別電子書籍つき限定販

5
500
堤幸彦(5)『池袋ウエストゲートパーク』前編ーーリアルな場所でめちゃくちゃ虚構 | 成馬零一

堤幸彦(5)『池袋ウエストゲートパーク』前編ーーリアルな場所でめちゃくちゃ虚構 | 成馬零一

ドラマ評論家の成馬零一さんが、90年代から00年代のテレビドラマを論じる『テレビドラマクロニクル(1995→2010)』。今回は、2000年に放送されたドラマ『池袋ウエストゲートパーク』を取り上げます。宮藤官九郎が脚本を手掛け、長瀬智也や窪塚洋介といったキラ星のごとき若手俳優たちが出演していた本作は、以降のテレビドラマの方法論を劇的に変えることになります。 テレビドラマクロニクル(1995→2010) 堤幸彦(5)『池袋ウエストゲートパーク』前編ーーリアルな場所でめちゃくち

7
500
堤幸彦(6)『池袋ウエストゲートパーク』後編ーー堤、クドカン、窪塚洋介。それぞれのIWGP | 成馬零一

堤幸彦(6)『池袋ウエストゲートパーク』後編ーー堤、クドカン、窪塚洋介。それぞれのIWGP | 成馬零一

ドラマ評論家の成馬零一さんが、90年代から00年代のテレビドラマを論じる『テレビドラマクロニクル(1995→2010)』。今回は『池袋ウエストゲートパーク』論の後編です。ドラマ版と原作小説を比較しながら、作品に関わった3人のクリエイター、石田衣良と堤幸彦と宮藤官九郎の影響を検討。さらに本作以降、窪塚洋介が背負うことになった時代性について考察します。 (前編はこちら) テレビドラマクロニクル(1995→2010) 堤幸彦(6)『池袋ウエストゲートパーク』後編ーー堤、クドカン、

4
500