マガジンのカバー画像

子育て・親育て

93
子、親、家族のはなし。
運営しているクリエイター

記事一覧

こども達よ、親を乗り越えていけ

一昨日は、心理占星術家nicoさん主宰の心理占星術子育て研究会。 研究会メンバーの息子さんの話を聞きながら、むかし友人から言われたことを思い出した。 「男の子のママって、息子と戦わないといけない時が来るんだって!」 当時は、まだ息子が幼かったので、ぷにぷにした我が子と「戦う」というのが、あまりピンとこなくてちょっとビックリした。 えっ、息子と戦うの? 私のビックリした様子を見た友人は、同情するように畳みかけた。 「そうやってお母さんを打ち負かして、大人になっていく

スキ
17

この夏の選択が未来を変える。「理想」を語り努力をするか、「正義」を振りかざして人を批判するか。

先日、息子の言動に腹を立て、部屋にこもっていると夫からこう言われた。 「話し合いなさい。」 わかってます。 対話が大事だってことは、わかってるんです。 自分が絶対に正しいと思っていると、何も解決しないということぐらい百も承知。 おかしなことを言っているように思えても、相手の話しに耳を傾けることが必要だってことも、よーくわかっているんですよ。 それでも、腹は立つもので、、 さて、もうお気づきでしょうか? こうした状況は、国の内外問わず、今もそこかしこで起きています。

スキ
26

私たちは超能力を使えるようになったのに、使いこなせていない。

今から25年ぐらい前、「これからは、人の心が見える様になっていく。」と教えてくれた人がいた。 当時は、人間の肉体が進化して、超能力でも使えるようになるのかと思っていたが、どうやらそうではなかったようだ。 25年経った今、確かに”人の心の声”は見えるようになっている。 携帯にちょこっと触れるだけで、色々な人の心のつぶやきがどんどん見れるし、ぜんぜん知らない人の不平不満や、知らない人同士が罵り合うのまで、どんどん、どんどん見ている。 これも進化には違いないが、人間の方はど

スキ
20

自分のことだけを大切にしていても、「自分を大切に」することは出来ない。

勘違いされがちだが、自分を大切にするには、身の回り人達を大切にする必要がある。 その時々で優先順位が変わることはあるけれど、自分を疎かにしても、自分のためだけに生きても、結果として幸せにはなれない。 なぜなら、人は自分のことしか考えていない人とは関わりを断ち、自分を大切にしてくれる人を大切にするものだからだ。 「自分を大切にする」と「他者を大切にする」は、セットになっている。 「いいね」されようとしたり、人に嫌われないように気をつかったり、怖いからと顔色を伺うのは、相

スキ
36

ギフトは、使ってこそ花開く

まもなく新年度のはじまり。 ここしばらく家に閉じこもっているので、まったく外の様子がわからないのですが、きっと街中には桜が咲き乱れ、温かな春の日差しが降り注いでいるのでしょうね。 「これは神様からのギフト、ゆっくり休んで!」とメッセージをくださった方もいましたが、いつもなら駆け回っているこの時期に、こうして家でゆっくり過ごすことが出来るなんて、確かにご褒美のように思えなくもない。ホント、何年ぶりだろう? なんて一瞬思ったけど、よくよく思い返してみたら、ここ数年はこんなこ

スキ
27

今週の宙予報「自己満足でもいい、自分を信じる癖をつけよう。」

一昨日の夜、いつものように好きな絵を描いていた息子がこんなことを呟いた。 「死にたくないな…」 なんとなく思いつきで話している様子だけど、なんとなくにしては重い言葉。 毎日、毎日、ニュースでは死亡者と重症者の人数が読み上げられ、さらに、ミサイルが飛び交ってビルが崩壊していく映像や、逃げ惑うウクライナの人々の悲痛な姿を目にすれば、戦争なんてよくわからなくても不安な気持ちになるのだろう。 息子は病気で亡くなった同い年の子の名前を口にして、「死にたくないなんて言ったら、亡く

スキ
54

わかってもらいたいなら、まずは、わかろうとすることが大事なんだよ。

昨日の朝、溜まっていた書類を片付けていたら、こんな作文が出てきた。 思わず笑ってしまったが、もしかしたら息子にとっては大問題かもしれない。 もしかしたら、いくら言っても私が気にしないから、こんなアピール方法をとったとも考えられる。 いつも偉そうなことを書いているくせに、私は我が子のことすらわかっていないし、わかる努力もしていなかったわけだ。 ごめんよ、息子。 * 人と人が分かり合うのは難しい。 どんなに言葉を尽くしても、どんな言い回しをしても、なかなか思っている

スキ
26

今週の宙予報「気まずいの先へ進め。一歩踏み込み、深く関われば、見える世界は変わっていく。」

一昨日、息子がこの時期らしい話をしていた。 「また消しゴムが勝手に使われちゃったの。やめて!って言ったら返してくれたけど、なんか言い訳してた。あの子、いつも勝手に人の物使うから嫌なんだよ。」 息子はぷりぷりと怒っていたが、母としては「やめて」と、ちゃんと言えたことがちょっと嬉しかった。 「やめてって言えたんだ。それならよかった!」 そう返事をすると、息子はちょっと意外そうな顔。「人の物を勝手に使うなんていけないね。」と、お母さんが同調してくれることを期待していたのかも

スキ
27

腹が立ったら、ちゃんと怒ろう!言いにくいことも、ちゃんと言おう!

昨夜、家に帰ると息子がしょんぼりしていた。 「今日、嫌なことがあったの。」 話を聞けば、同学年の子に嫌なことをされ、やり返したら「お前の親に言いつける」と言われ、悔しくてモヤモヤしながら、言いつけられたらどうしようとヒヤヒヤしていたとのこと。 なるほど、対人問題は自分の弱点を気づかせてくれることがあるが、息子はちゃんと怒ることが出来ていないのだろう。 言うべきことを言い、自分の気持ちをきちんと態度にすることが出来れば、強い態度の人が寄ってこなくなったり、嫌な奴が嫌な奴

スキ
27

こどもの「頭が痛い」「お腹が痛い」は、ホント?嘘?見抜ける?

さてさて、ようやく緊急事態宣言も全面的に解除! 学校も従来の通学スタイルに戻りつつある今、子ども達の世界にも活気が満ちてきているのかな?と思いきや、ママさん達からは「子どもが頭が痛い、お腹が痛いと言うので、学校や習い事を休ませた」という話がちらほら。 まあ、季節の変わり目だし、台風は来ているし、体調を崩しやすい時期ですからね。 しかし、子どもの「あたまが痛い」「おなかが痛い」は本当に痛いのか?それとも、ただの甘えやサボりなのか?はたまた他の理由が隠れているのか?実際のと

スキ
22

生きづらさは、特性と環境のアンマッチから生まれる。

さて、今月の心理占星術子育て研究会のテーマは発達障害について。 その道のプロではない私たちには、診断することも出来ないし、専門的な支援アドバイスも難しい。私などは、どんな状態がグレーなのかもよくわかっていないので、みんなそれぞれ何かしらあって、完全完璧「真っ白」な人はいないと思っている。 知りもしないで偉そうなことは言えないけれど、それでも、親子の個々の特性と、環境のアンマッチから生じる「生き辛さ」を読み解いていくことで、関わり方を変えたり、環境を見直したり、視野を広げて

スキ
24

今週の宙予報「生きるは、息すること。吸って、吐いて、話して、気力を養おう!」

さて、新学期が始まりました。 このところあまり見かけなかった子ども達の姿も、ようやくちらほら。 夏休みが終わるのが嫌だと言っていた息子も、学校が始まってみたら息を吹き返した様子。 花火もない、祭りもない、海にもキャンプにも行けない。友達と会うことさえも躊躇して、ずっと家で母ちゃんと過ごしていた息子にとっては、「クソつまらない夏休み」だったそうですから、学校が「息抜き」の場と感じられたなら、それはそれで、良かった。良かった。 まあ、今は大人だって、友人と会ったり、人と話す

スキ
31

「森を見ず木に触れる」だけのことが、救いになることもある。

早朝、救急車の音で目が覚めた。 身近で感染者や、突然亡くなった人がいるせいか、心がざわつく。 私は健康だし、家族も友達も元気。今日もコーヒーが美味しいし、漫画を読んでバカ笑いもできるのに、それでも毎日心配は尽きない。 そのせいか、最近は気づくと木を触っている。 小さな頃から近所の木に登って遊び、学校に行きたくない時は、家から少し離れたところにあった、お気に入りの街路樹に抱きつきに行っていたからかもしれない。 私が育ったのは、森も林もない街中の住宅街だったから、おかしな

スキ
31

#このままでは二学期は無理

ツイッターでは「#このままでは二学期は無理」のつぶやきがトレンド入りしたとか。 いや、ほんとに、ほんとにまずいと思う。 先週あたりから、私の周りでも子どもの感染がちょこちょこ出ている。子どもは、熱が出てもすぐに下がってケロっとしていたり、いつもより元気がないぐらいだったりと軽い症状も多く、ただの疲れだろうと、学校に行かせてしまうご家庭もあるでしょう。 それに対し、子どもから感染した親の方が悪化してしまうケースもあるし、テレビのニュースでやっているような『悪化しても入院出

スキ
26