竹取物語 下の句

 月の民は日々怠惰に明け暮れていた。悠久の時を生きながらえる彼らには、変わることのない日常のみが存在し、月が地球を見詰めまわす655時間を一日と定めていた。

 彼らにとって地球は未知なものではなく、気候、環境、人間の生態から植物の持つ効能まで何もかも知り尽くしており、相当程 度の低い文明として、一日の指標にする以外は見向きすることも無かった。

 月の民が持つ知識は地球ばかりではない。この全宇宙の内外問わず知らぬものは無い。完成された知識は月の民の気力を奪い、堕落させた。

 ある日、月の哲学者は人々を広場に集めた。
「堕落した我々が主体を取り戻すには、知識の放棄が不可欠である。文明をリセットし、構築し直すことで、幸福の獲得は可能になる。生まれ直しが必要なのだ。早速私はデータ採集の為、短い期間ではあるが、私の娘であるカグヤを文明レベルの0に等しい地球へと送り出した。彼女が幸福を感じれば、この実験は成功となる。」

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
小説更新していきます。。。

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
  • 1857本

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の冒頭部400文字で応募する」という意味です。つまり「この続きを読みたいと思わせる、最もエキサイティングなパルプ小説の冒頭400文字」を表現した作品が大賞を受賞し、その応募者は大賞の栄誉とともにCORONAビール1カートン(24本入り)を獲得できます。 応募要項:https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。