京山史恩(コラムニスト)
『体罰から子どもを守るなら部活をなくす他ない』
見出し画像

『体罰から子どもを守るなら部活をなくす他ない』

京山史恩(コラムニスト)

「部活動の練習時間が年々短くなっています。子どもには部活動で色々なことを学んでほしいです。部活動の時間がなくなるのは悲しいです…。

ある保護者さんの声。
はっきり言います。
部活動はなくなるべきです。

なぜか?
部活動というものは子供が無料で入部できます。ということは、先生は基本的には顧問を無償で務めています。これは皆さんもご存知だと思いますし、これが近年問題視されていることもご承知だと思います。ですが、やはり子供達の教育を考えると保護者の皆さんは上記のようなことを仰います。

ではここで皆さんも先生の立場になってみましょう。
平日、月曜日から金曜日までは授業など基本業務。そしてやっと土曜日·日曜日。待ちに待った休日です。友人や恋人、家族とゆっくり過ごしたい。自分の趣味に時間を使いたい。そう思うでしょう。ただ、ここで部活動です。
子供たちを見守るだけではありません。指導しなくてはなりません。自分の専門競技ならまだしも、専門競技でない部活動の顧問を務めることもあります。これが基本無償です。

この状態が続くとどうなるか。
既に起きていることですが、体罰やハラスメントが起こります。これは表面化していないだけで多くの学校で実際に起こりうる可能性が高いです。
「無償で休日返上で教えているのになぜ真面目に取り組まないのか?」
こんな気持ちを抱く顧問の先生方は多いでしょう。これが予備軍です。

どうでしょう。これでもまだ言えるでしょうか。

「部活動がなくなるのは悲しい。」本当に子供達のことを考えるのであれば、体罰やハラスメントが起きる可能性のあるところに子供達を所属させておくべきでしょうか?

ここで必要となるものが地域のクラブチームです。

現在、日本で様々な競技のクラブチームが同時に存在する地域は少ないです。地域にクラブチームが存在してもその多くは野球やサッカーなどのメジャースポーツである場合が多いです。しかし、メジャースポーツのクラブも地域毎にある訳ではなく、いくつかの地域が合わさったところにある場合が多く、クラブのレベルが選抜レベルであり所属できないことが多いです。そのため、部活動に子供達が流れます。
クラブチームは小さくとも地域毎にあるべきです。

クラブチームの利点は何でしょうか。
端的に述べるとこうでしょう。

「有料のためサービスが良い。」

クラブチームは部活動とは違い、月毎にレッスン料を払います。(これは高いものではありません。)そのため、コーチはその競技である程度経験を積み指導経験もある方なので、部活動のように未経験者やビギナーレベルの方がコーチでないため、子供達の競技レベルも上がります。そして何より、体罰·ハラスメントが起こる可能性が格段に下がります。なぜならコーチは体罰·ハラスメントをすれば子供達がクラブを辞めるので収入が減るからです。

また、地域にクラブチームが増えることは先生方の負担減少にも繋がります。現在の先生方が当然のようにブラックな働き方をさせられているのには本当に心が痛みます。先生方を救うためにも地域のクラブチーム増加は必須です。
更には、クラブチームの増加はスポーツでお金を稼げる人が増えます。どんな競技にもその競技で全国大会に出場したことがある人がいます。しかし、その方々が現在その競技でお金を稼げているでしょうか。もしこの埋没した人々が副業がてらクラブチームでお金を稼げたら…。引退した社会人選手やプロ選手が地域クラブのコーチで稼げたら…。もっと良いスポーツ界が待っていると思います。

地域にクラブチームが増えるということは、日本のスポーツレベルの向上だけでなく、体罰やハラスメントの減少、先生の負担減少、スポーツで働ける人が増加するなど様々な利点があります。

いつか、スーパーやコンビニのように当たり前に多くのクラブチームが存在することを目指し、制度整備がされることを願います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
京山史恩(コラムニスト)
学び直し中のスポーツ愛好家。ソフトテニス歴10年/野球観戦歴15年/サッカー観戦歴3年など、その他幅広くカバーしています。何歳でも初心者から経験者のようなプレーができるように勉強中。スポーツコラムを中心に、ビジネスも書きます。好きなチームは阪神タイガースとレアルマドリードです!