デザインパートナー募集!小屋や家具を一緒に作りませんか?
見出し画像

デザインパートナー募集!小屋や家具を一緒に作りませんか?

デジタルファブリケーションの技術を活用して、地域の中山間地域をフィールドに小屋や家具等を制作するプロジェクト「ローカルコモンズデザインプロジェクト」がスタートします。それにあたり、パートナーとなり一緒に活動して頂けるデザイナーを募集します。

【経緯】

「地方とのつながりを築き、地方への新しいひとの流れをつくる」を目標に内閣府地方創生推進室が公募した「中間支援組織の提案型モデル事業」。VUILDが提案した「クリエイター支援とものづくりで都市と地域間を結ぶ三角関係人口創出プラン」が、愛媛県内子町と熊本県南小国町の2つの地域において採択されました。

<採択内容>
都市部のデザイナーはクライアントワークが中心で、自身の創造性を発揮する機会が少ない。そこで、地域の中山間地域をフィールドに、自由に創造性を発揮する機会を設ける。
デジタルファブリケーション(3D木材加工機)の技術を活用し、共通のデザインデータで作られた家具や建築物を、複数の地域間でつくり展示することにより、建築領域での関係人口を創出する。

【プロジェクト概要】

中山間地域に位置する愛媛県喜多郡内子町の武田林業と熊本県阿蘇郡南小国町のForequeの協力のもと、デジタルファブリケーションの技術を活用して、小屋や家具等を制作するプロジェクトがスタートします。

制作プロセスでは、地域の人々とワークショップを行い、地域の魅力や課題を理解することで関係性を深めていきます。そのプロセスを通して、地域に共通して喜ばれるプロダクトを見出し、一緒にデザインします。

デザインしたプロダクトは、VUILDのEMARFというサービスを使い出力し、地域に設置します。<デザインデータ・地域の木材・ShopBot>この3つで製作することで、他の地域でも簡単に活用できるような仕組みをつくることを目指します。

地域をフィールドにデザインをしてみたいというデザイナーの皆さん、是非ご応募ください。

<EMARFとは?>
EMARFは、⽊製ものづくりのデザインからパーツに加⼯するまでの⼯程を、オンラインで完結できるクラウドサービスです。作りたい家具のデザインをCADソフトで作り、プラグインを適用することで木材の加工データを自動生成することができます。データを入稿し、素材や仕上げを選ぶと、裏側でShopBotというCNCルーター(木を削る機械)がデータ通りに加工し、ご指定の場所に部材が届きます。

画像1

【予定しているフィールド】

①愛媛県喜多郡内子町
100 年の歴史を持つ芝居小屋「内子座」や重 要伝統的建造物群保存地区の古い町並み、全国モデル道の駅を有する人口 1.5 千人の地域。面積は 299.4k m²、愛媛県のほぼ中央、県庁所在地で空港がある松山市から約 40km 南⻄に 位置し、日本有数の林業地久万高原町に隣接 する。

古くは街道の要衝として、四国遍路の通過地として栄えたが、平成の大合併で旧内子町、旧五十崎町、旧小田町と 3 町が新設合併。 農林業が主たる産業で、ほか建設業関係と観 光業からなる。典型的な中山間地域で果樹が豊富であり、ぶどうや梨、桃、柿、 栗、じゃからなどの名産地。畜産ではブランド豚「内子豚」を有し、2 軒ある酒 蔵の日本酒が特産品。今回のプロジェクトでは、武田林業のShopBotを活用して出力予定。

画像2

②熊本県阿蘇郡南小国町
黑川温泉などの温泉地や「熊本緑の百景」第1位 に選ばれた瀬の本高原など阿蘇の恵みからなる豊 富な観光資源を有し、人口約 4 千人の地域ながら年間 100 万人の観光客が訪れる。面積は 115.9k m²、430m から 945m の高原地帯に位置し、隣の小国町 とともに小国郷と呼ばれる。東には九重本土の最 高峰である大分県の九重山を望み、九州最大の河 川・筑後川の源流域でもある。一部は阿蘇くじゅ う国立公園に属する。

同県内の阿蘇市、阿蘇郡小 国町、産山村と、大分県の日田市、竹田市、玖珠郡九重町の 6 市町村が隣接。米・高冷地野菜・畜 産などの農業および小国杉・ヒノキなどの林業、温泉・アウトドアなどの観光 が主な産業である。高菜漬け、しいたけ、ジャージー牛乳などが特産品。今回のプロジェクトでは、ファブラボ阿蘇南小国のShopBotを活用して出力予定。

画像3

▲製作物の設置予定地

【スケジュール】

7月-8月 現地視察
8月-9月 設計デザイン、ワークショップ
10月-12月 製作、設置、ワークショップ
1月-2月 お披露目

【応募要項】

<条件>
・CADが使えること
・上記のスケジュールで制作が進められること
・主催者及びデザイナーは、本企画で生まれたデザインデータを自由に利用し、発展させることができるものとします
・学生、社会人、法人いずれの参加も歓迎します

<報酬>
・製作費、出張費はVUILDが負担します
・デザインに対する報酬は製作物に応じて相談します

<募集人数>
2-4名

<提出物>
・応募動機
・ポートフォリオ
※いずれも形式、仕様は問いません。

<応募先>
こちらからご応募ください。

<締切>
6/18(金)

<お問い合わせ先>
t.yamakawa@vuild.co.jp (担当:山川)


私たちはデジタルテクノロジーによって建築産業の変革を目指す設計集団です。noteでは、VUILDの人やプロジェクトの紹介を通して「建築の民主化」にチャレンジしていく過程を記録していきます。#EMARF #ShopBot #VUILD ARCHITECTS #nesting