スタートアップ界隈4年目エンジニアが苦労したグロースハック手法について語る
見出し画像

スタートアップ界隈4年目エンジニアが苦労したグロースハック手法について語る

teradonburi

スタートアップ界隈にジョインして4年が経ちました。
以前(2年前)、ミツモアに転職時にWantedlyにこんな記事を書きました。

人生自転車創業中!
https://www.wantedly.com/users/25891122/post_articles/78866

スタートアップ1社目:
料理動画アプリクラシルのAndroid版の初期開発、Google Play1位、Google Playアプリ受賞、TVCM(全国波)
現在1900万DL突破
スタートアップ2社目:
多業種の地域のプロ(事業者)に依頼できるWebプラットフォーム、ミツモア

ミツモアは収益0のところからジョインし、ある程度事業が軌道に乗り、現在のオフィスも拠点が日比谷にお引越しとなったので節目として色々体験したことを整理しようと思ったのがこの記事です。

2社のサービスの性質としてはコンテンツ特化のスマホアプリ、一方多業種ツーサイドマーケットプレイスのWebプラットフォームと全く逆のものです。
共通して使える手法もあれば、全く別のアプローチで成長させたところもあります。
新規のプロダクトを作るときの参考になればと思います。

この続きをみるには

この続き: 11,852文字 / 画像6枚

スタートアップ界隈4年目エンジニアが苦労したグロースハック手法について語る

teradonburi

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
teradonburi

サポートエリアの説明文 ---準備中---

スキありがとうございます!励みになります
teradonburi