見出し画像

ワーケーションオフィスを作ろう〜現地調査〜

ワーケーションオフィスの話が持ち上がってから約1ヶ月。
ようやく和歌山市の現地調査に赴くことになりました。
事前に物件紹介サイト経由で現地の不動産業者さんにご連絡をし、結果として3件の内覧ができました。

1件目:築46年の物件

最初に内覧させてもらったのは、築46年の4DKの物件でした。
立地的には幹線道路から少し入った場所で、近隣にスーパーやホームセンターがありました。最寄り駅からは徒歩15分くらいでしょうか。
ただ・・・駐車スペースがかなり狭く、普通車でも苦労しそうなレベル。
加えて雨漏りや和室の畳入れ替え、水回りのリフォームにかなり手がかかりそうな印象でした。
海からも多少遠いので、よほどDIYが趣味な方でない限りは手を出さないような物件でした。

2件目:築年不明の物件

和歌山市内には、雑賀崎というエリアがあります。「日本のアマルフィ」と呼ばれていて、斜面に沿って住宅が密集して建てられている場所です。
内覧させてもらったのはそんな雑賀崎のすぐ近くにある古民家。最寄りのJRからは徒歩43分だそうですが、バス停が徒歩2分の場所にありました。
非常に趣のある建物なのですが、なんと正確な築年数が不明(登記簿上は築55年)。
建物内はリフォームが済んでおり、シロアリ駆除も直近で行われたということでした。
問題は、下水道がなく汲取式であるという点。加えて建物の周囲の道路が極めて狭く、荷物の搬入で苦労しそうでした。
古民家ながらリフォームが物件価格を大幅に超える費用で行われていたらしく、水回りなどは非常に綺麗だったのですが、下水問題はどうにもならないのでこちらも他に候補がなければ、ということにしました。

3件目:築25年の物件

最後に内覧させてもらったのは、築25年の4LDKの物件。
磯ノ浦海岸まで徒歩30分、自転車で5分程度の場所にあり、駅からも徒歩10分程度。自転車で5分であれば、サーフボードを積んで走ってもさほど苦にならない距離です。
反面、海に近いために津波には注意が必要ですが、それを言い出すと海に近い場所は候補から全て外れてしまいます。
建物自体としては、今回内覧したものの中では最も新しく、しかも既にリフォーム済み。設置済みのエアコンがかなり古いものでしたが、気になる点は他になく、下水も浄化槽が設置済みなのでとりあえず合格ライン。

その他の候補物件

これら3件以外にも、海が見下ろせる別荘地や、加太港付近も検討はしましたが、最寄りのスーパーまで相当距離がある等の利便性の問題があったため、内覧候補からは外しました。やはり食品や日用品を滞在中に買いに行くのが難しい場所、というのはホテルや旅館でない限りは厳しいように思います。

他にも建物としては広いけれど、お風呂がない謎物件もありました。近隣に銭湯があったためにそういう建物が建てられたということですが、なんだか時代を感じます。

内覧後の社内検討

内覧後、3件の物件の比較検討に入りました。
物件価格的には1番目と2番目は大きな差はなく、3番目が少し高めという状況でした。ただし、1番目には予測不可能なリフォーム費用が入っておらず、2番目は立地的に再建築ができないかもしれないという付帯条件と下水の問題がありました。

自分たちでリフォームをする、というのは大変に面白い試みではあるのですが、内覧した物件には現所有者の残置物があったため、把握できない領域がそれなりにありました。把握できない領域から予想外の劣化や修繕の必要性が出てくる恐れがあることを考えると、価格だけで判断というわけにはいきません。

最終的な判断

その後検討を続けた結果、

・築年数が相対的に浅いこと
・リフォーム済みであること
・サーフィンができる場所まで比較的近いこと
・普通車サイズが止めやすい駐車スペースがあること
・最寄り駅から徒歩アクセスが可能な距離であること

といった要素を評価し、3番目の物件を購入することにしました。(続く)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!