見出し画像

高校生に届けたい「スポーツの人生はこれで終わりじゃない。むしろこれからだ」

2020年4月26日

公益財団法人 全国高等学校体育連盟より、今夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)の中止の決定の連絡が入りました。


新型コロナの影響であらゆるスポーツの活動が停止していますが、中でもインターハイの中止は、僕たち大人からしても、ショックなニュースでした。

数カ月前には予想もしなかったこの事態で、ずっと取り組んできた競技の選手を引退せざるを得ない高校生がたくさんいると思います。

同世代、同じ高校、同じ部活として集まったチームメイト。

最後の大会。3年間の部活動の集大成となる舞台が、突如なくなってしまった。

高校1,2年生にとっても、そしてその周囲で支えていた教師や、兄弟、保護者、、、関わる全ての人にとって、この経験したことのない事態に、困惑されたことでしょう。


しかし、命には替えられません。
生きていれば、必ずこれからスポーツはできます。


試合のなくなったプロのアスリートの方々も、今、できることを探していると思います。

この未曾有の事態を乗り越えるために、そして、インターハイ中止にあたっても、アスリートの方々はSNSで発信をしていました。


本田圭佑さんは、このタイミングでトップランナーの声を聞くことのできる音声サービス「NOWVOICE」をローンチしました。


武井壮さんも、以下のようなツイートをしています。


さて、このnoteを書いている私も、実はアスリートです。

「HADO Xball」というARスポーツで、神奈川シリウスというチームに所属しリーグ戦を戦っています。

しかし、他のスポーツと同様に試合は中断されて、今できることは何かを模索していました。


そんな状況ですが、現在は「マイナースポーツ普及委員会」というオンライングループを運営しています。

サッカー、野球、バスケ、、、のようなプロスポーツでもなく、オリンピックといった国際大会とは大きく規模が違うような、スポーツに関わる方が50名ほど参加しています。

まだまだ知られていない日本代表選手もたくさんいますし、競技名すら聞いたことがないというものが、一般的にはほとんどかもしれません。

マイナースポーツに関わる私たちも、スポーツのある日常から離れてしまいました。

そこで立ち上げられたのが、この「マイナースポーツ普及委員会」というオンライングループです。


そして、「私たちマイナースポーツのアスリートや関係者で何かできないか?」と考えていました。

マイナースポーツ、それぞれの狭い競技の中ではなく、社会に対してメッセージを伝えることができないか。

スポーツの価値を届けることはできないかーー。


そこで考えたのが、高校3年生に向けたメッセージです。


目の前の最大の目標を失ってしまった人。
頭では理解しているけど、受け入れられない人。
すでに前を向いて活動している人。


困難な状況のなか、必死に戦っていると思います。


私たちマイナースポーツに関わる人は、多くが子供の頃からやっていたスポーツではありません。十分な環境が用意されているわけでもありません。

プロ選手も競技内にいるかいないか、日本代表選手としての遠征は全て自腹。自分たちで環境を作り上げています。

大人になってから競技を始めるケースの多いマイナースポーツ。
私たちは、今でもスポーツに対して本気で向き合っています。
日本代表まで上り詰めた方々のメッセージは、何かのきっかけを作る機会になるだろう。と思いました。

一方的な発信に映るかもしれません。

私たちは、高校時代のスポーツがあったからこそ、今のスポーツの活動に繋がっている人もいるはずです。

このように大会が失われた経験をしていないので、決して今の現役生のことを理解することはおこがましいことだと思います。

しかし、こんな状況だからこそ様々な経験をしてきた、スポーツにかける強い想いを持った人の言葉を届けたい。

みなさんが知らないところでも、スポーツと共に生き、戦っているアスリートの言葉から、今の状況でも1ミリでも前を向いてもらいたいです。


「スポーツの人生はここで終わりではない。むしろこれからだ。」


このようなコンセプトを持って、1つのプロジェクトが動き出しました。

現在は、この想いに共感してくれた4名が、運営チームとして準備を進めています。


未来のある高校生に、声を届ける。

マイナースポーツの日本トップのアスリート、総勢100人の言葉を数回に分けて配信していきます。

第1弾は、5月9日noteにて公開。

その後は、そのnoteに追記をする形で、1つの記事にまとめて皆さんからいただいたメッセージを掲載する予定です。


まだ、企画が始まってから1週間も経っていません。

このプロジェクトに興味のある方。アスリートとして、メッセージをこの中の1つとして届けたい方。

100人の声と言っていますが、それ以上のメッセージが集まったら、より多くの人に届くと思っています。

想いに共感してくださった場合は、この記事をシェアしていただいたり、私たちにご連絡いただけますと幸いです。

(既に一部のアスリートやスポーツ関係者の方々にご協力をお願いしていますが、今後もこちらからもご連絡させていただきます)

マイナースポーツに関わる皆さん、この機会に力を合わせられればと思っています!

よろしくお願いします!!!


【マイナースポーツ普及委員会】

「未来ある高校生に声を届けるプロジェクト」

運営メンバー

藤原昂亮/HADO Xball プレイヤー                @k0sk_vektor
芥川大樹/マイナースポーツ普及委員会 設立者 @owlisrhyming 
古田優/チュックボール日本代表        @furuyuu6122
安野春輝/鹿屋体育大学                        @Spring22_Y
本田祐樹/株式会社ストロー 代表       @straw_vspo
・三浦拓/フットバッグ プレイヤー                     @riza0607

運営メンバーも募集中です!


【追記】
企画が開始しました。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

マイナースポーツの普及活動、アスリート活動に使わせてもらいます!

YouTubeチャンネルもよろしくね😆
21
HADO XballというAR技術を駆使した最新スポーツの選手をやってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。