見出し画像

「悩みに出口はない」嬉野さんの言葉の切れはし#241

悩みと言うのは考えても答えの出ないジャンルのものです。
つまりもともと出口が用意されていないものなのです。
--嬉野雅道

----------------------------
悩みと言うのは考えても答えの出ないジャンルのものです。
つまりもともと出口が用意されていないものなのです。
出口がないなら出られないはずなのです。
でも出ようとするんです。
そして出られない。
あたりまえです。出口がないんだから。
それが悩みの正体です。
では、なぜ悩んでる人は、
出口がない事実を見ないのか。
それはね、
悩んでる人が、実現不可能な願望に、
囚われているからでしょうね。
--嬉野雅道(水曜どうでしょうディレクター)

なんでそんなにスキ増えたんだよー
75
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていくことにします。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。
コメント (1)
すごく納得の内容でした。現実不可能な願望に恋焦がれてジタバタしている幼い子どもみたいです。わかっちゃいるけど…やめられなーい(´இ﹏இ`)
いい加減、辞めたいものです。。。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。