見出し画像

「いじめではなく迫害だ」嬉野さんの言葉の切れはし#68

今、いじめと呼ばれているもの、それは、「迫害」なのだと思う。

「いじめられている」という言葉は、「迫害されている」と変えるべきだ。
--嬉野雅道

----------------------
今、いじめと呼ばれているもの、それは、「迫害」なのだと思う。

言葉が違うのだ。

もう「いじめ」「いじめられている」ではないのだ。
今のこれは、もう「迫害」なのだ。

迫害されれば、人は生活ができず、死に至ることもある。

「いじめ」でこどもが死ぬのではない。
そんなものでは人は死なない。
あれは「迫害されている」のだ。
迫害されれば、人は死ぬ。

当たり前のことだと思う。

「おかあさん。ぼく学校で迫害されているの」

迫害ならば、情けない気持ちにはならない。
断固戦いあるのみ、と、思える。

「いじめられている」という言葉は、「迫害されている」と変えるべきだ。

まぁ、そんなことを思いましたから書きました。

いいかげんな男が、いいかげんな頭で書いてるだけですから、信ぴょう性はまったくないです。

たんなる、あてずっぽうの思いついたがままの話です。
--嬉野雅道



3月11日、東京での
水曜どうでしょう藤村・嬉野×カツセマサヒコ編集長のイベント。
完売御礼!しかし案ずるな、少しだけ増席いたしました。

「腹を割って話すナイト 〜テレビとインターネット完全制覇の旅〜」 


スキでした
158
『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター(HTB 北海道テレビ放送)。うれしーとも呼ばれています。noteには、毎日「言葉の切れはし」を置いていました(2019年)。著書に『ひらあやまり』『ぬかよろこび』(KADOKAWA)、共著に『腹を割って話した』(イースト・プレス)など。

こちらでもピックアップされています

あなたと社会と世界の『未来』を変える話
あなたと社会と世界の『未来』を変える話
  • 3586本

かつて私たちの夢見た豊かな暮らしは、もはや待つだけでは手に入らない。 独立自尊により『自由』を得て、自分を取り巻く世界の『未来』を変えるための道は、おのずから動く者にのみ開かれる。 そのヒントの在処は先達の教えに、世界の歴史に、小さな異変や違和感に、同業者や異業種の成功事例に――あるいは地下鉄の壁や長屋の玄関の落書きに。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。