見出し画像

パイサーン師の説法~何度も何度も自分を鍛える(3)心が浮わついているか否かをはかる、インジケーター(尺度)


タイ東北部にあるスカトー寺。


そこは、気づきの瞑想(チャルーン・サティ)の実践を軸にした

瞑想修行のお寺です。


伝統的なお寺としての役割にとどまらず

自然環境との共生、シンプルな暮らしの中に

幸せを見だす村人たちへの関わり、、

などタイでも注目を集めているお寺です。


そのリーダーとなっているのが、

住職のパイサーン・ウィサーロ師。


彼の説法もまた非常に示唆に富む話ばかりで

彼のファンも大変多いです。


昨日からまた新しい説法を訳しています。


説法のタイトルは

「何度も何度も自分を鍛える」

です。

第3回めの部分のテーマを

「心が浮わついているか否かをはかる、

  インジケーター(尺度)」

としました。

自分を感じる、気づく。

言葉ではわかるけど、どうもピンとこない。。

そういう方に今日の部分はぴったりです!

ぜひ、参考にしてみてください。

続きをみるには

残り 1,282字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

応援やサポートをいただくたびに、これからも翻訳や執筆を続けていこう!と励まされています。