荘司 和樹(しょうじ かずき)
【学科】製図試験のプランから学ぶ建築法規
見出し画像

【学科】製図試験のプランから学ぶ建築法規

荘司 和樹(しょうじ かずき)

2022年2月20日(10時〜15時)に,法規のオンライン講義が開催されます.有料(3,300円)となりますが,どなたでも参加可能です.尚,合格ロケットユーザーは,無料で参加できますので,アプリのメインメニュー「その他」-「オンライン講義」からご参加ください↓

その他→オンライン講義をクリック


合格ロケットで勉強されてない方は,コチラのページからお申込ください.
10時〜12時までは,「内装制限」と「避難施設」についてレクチャーし,お昼休憩を挟んで,13時〜15時は,製図試験の答案(プラン)を使って,以下の法規についてどのように図面上で考えるのか,表現するのかを解説します.図面と見比べながら,理解を深めていきましょう.

・延焼の恐れのある部分
・防火設備と特定防火設備の違い
・防火区画
2方向避難(歩行距離と重複距離)
・敷地内通路
屋外避難階段の開口制限(5階以上)令123条
・廊下幅⇐手すり緩和ナシ
(令117条適用範囲(特建1〜4項等),
 両側居室1.6m,片側居室1.2m(令  119条))
・道路斜線(2道路緩和)

法規の総復習に最適


昨年の製図本試験の模範解答例を使って,ご説明します↓

模範解答例(ウラ指導作成)

法規は,一度,理解をしてしまえば,得点源にできます.是非,この機会に抑えておくべきポイントをマスターしてしまいましょう.

例えば,採光計算について製図試験の解答例を使ったぶっちゃけ解説は↓

以上

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります.
荘司 和樹(しょうじ かずき)
千葉県いすみ市出身,在住.1999年より,毎年1,000名限定で一級建築士の育成を行う受験支援サイト「教育的ウラ指導」を運営.自己紹介は⇒https://note.com/ura410/n/n93b008ca91a5