見出し画像

中国、香港、台湾を舞台にした、息もつかせぬ<ネオノワール・サスペンス>『シャドウプレイ』ティーザービジュアル3種解禁

明日11月23日(土)に開幕する第20回「東京フィルメックス」では、オープニング作品として上映され、ロウ・イエ監督も来日する、映画『シャドウプレイ』。

ティーザーポスターと、ティーザーちらし(両A面仕様)が出来上がり、3種のビジュアルが解禁となりました。ポスターは映画祭に掲示、ティーザーちらしの配布もはじまります。

日本での本公開は、2020年2月下旬、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次となります。

『シャドウプレイ』は、2013年に実際に広州市で起きた汚職事件を巡る騒乱をベースに、中華圏の若手スター、ジン・ボーランを主演に迎え、中国、香港、台湾を舞台に、改革開放が本格化した80年代末からの30年間を、時代に翻弄された複雑な人間関係とともに描いたサスペンス映画です。

01.シャドウプレイ_teaser_poster

02.シャドウプレイ_teaser_flyer_1

03.シャドウプレイ_teaser_flyer_2

---

UPLINK
https://www.uplink.co.jp/

instagram
https://www.instagram.com/uplink_film/

Twitter
https://twitter.com/uplink_jp

Facebook
https://www.facebook.com/uplink.co.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
UPLINKは映画の製作配給を軸に、常にインディペンデント・スピリットを持った作品を発信します。https://www.uplink.co.jp

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。