見出し画像

今月の揮毫 其ノ弐【No.130】

11月になりました。

旧暦では霜月と呼ばれていて、新暦でも11月の別な呼び名として浸透しているわけですが、
その名のとおり、霜が降る季節が到来ですね。

すっかり朝晩は寒くなってきていて、ところによればマイナスの気温になる日もちらほらとしていておりますが、皆さんはお身体大丈夫ですか?

お風邪などは引かれていませんか?
マスクするのが当たり前の世の中でも、気を付けないと風邪の諸症状が入り込んできたりするので、ご用心くださいませ。
もし、体調などを崩されている方がいらっしゃいましたら、暖かくしてよく食べて、よく眠り、免疫力を高めていきましょう!

というわけで、今月も一日ついたち
迎えたということは、あのコーナーをやっていきましょう!そうです!今月の揮毫です!

いやいや、なにそれ?何のこと?コーナーって何!?今月の揮毫ってなんですの? と思われた方はこちらをご覧頂いて、次へお進みください。

↑こちらは初回記事、記念すべき1発目の記事です。

以前お話しましたが、人間というのは、綺麗な文字をみると少し気持ちが癒される、和むという心理的な効果(ASMR的な)をもたらしてくれるということなので、この気持ちのリフレッシュのお手伝いをするべく爆誕させたのがこの企画です。

結果としては1ヶ月で、200PV、28スキということでございました~(パチパチパチパチ)

何事も継続していくことで、数字などは少しずつ伸びていくことを考えると、第一弾としてはまずまずのスタートをきれたと思っています。
出来るだけ長い続くシリーズコーナーにしたいと考えています。

ということを踏まえて、本日は待望の第二弾!
今回も宗田が所属している店舗にいます、
書道の達人にリクエストをして書いてもらいました。(皆さんの脳内でいい感じのBGMに流して頂けると、よりいい感じになると思います(笑))

それでは、参ります!こちらです!

(おぉ~~~~~~~~~~~、いいですよね)

「環境は与えられる。人は環境は選べない。
しかし、人は自分の意思と決定で態度、
生き方、方法を選ぶことができる。
『すばらしい仕事があるのではない。
すばらしい仕事をする方法がある。』
仕事から楽しさを引き出す事が出来る。

サム・ウォルトン

こちらはサツドラ代表取締役社長兼CEO 富山浩樹さんの座右の銘である、
サム・ウォルトンの言葉のひとつです。

サム・ウォルトンとは世界最大の小売業者であるウォルマートの創業者で、小売におけるさまざまなシステムを作り出した立役者です。

今回の「書」の字体はサツドラの社長である富山さんがドラッグストアの枠だけにこだわることなく、さまざまなことに挑み続けている姿勢を表して書いてもらいました。

一見するとフットワークが軽いことで、自由な感じ、適当な感じに見えますが、そうではなく常に変化を捉えられる柔軟性を持って、その状態に合わせて的確に対応するスタイルを、形にはまることなく動きのある「太く濃い文字、細く薄い文字を組み合わせた字体で1枚の「書」に収めています。

それでは、また来月お会いしましょう。
サツドラ道東所属 宗田慶三でした。

*見出し画像は金色と黒の2パターンを書いてくれているため、奇数月・偶数月で使い分けていこう考えています。ですので、今回は黒バージョンです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Muchas Gracias!
宗田 慶三👓️178日1/25►そうだ けいぞう と申します。ゆるっと毎日投稿しています。
冷静と情熱のあいだに何があるのか 探し続けています。 思い付いたことを思いつくまま書き綴ります。サツドラの右半分の道東の店舗に所属しています。 スキをしてくれると感謝をお伝えします。