見出し画像

派遣エンジニアからフルスタックエンジニアへ!ユニゾンシステムズをチャレンジの場にした理由とは?

こんにちは!ユニゾンnote編集部、広報チームです。

今回は、テレビ放送局向けの営業放送システムを開発する、エンジニアの林さんにインタビューさせていただきました!今回のnoteでは、ユニゾンシステムズに入社された理由や普段の業務などをお伺いしました。

システム開発本部 営放部 エンジニア
林 裕人 略歴

派遣エンジニアとして様々な企業でシステム開発を経験後、ユニゾンシステムズに入社。現在は、テレビ局向けの営業放送システムの開発を担当。

テレビ局向け営業放送システムの開発を担当

ーまず、普段の業務内容を簡単に教えていただけますか?

テレビ局向けの営業放送システムを開発するエンジニアをしています。営業放送システムはテレビ局の業務基幹システムで、放送する番組・CMなどの情報や関連業務を一元的に管理しており、略して「営放システム」と呼ばれています。その他には、社内飲み会やイベントの幹事をやっていることも多いかもしれません(笑)

ーテレビ局向けのシステム開発は割とニッチな技術だと思うのですが、これまでもエンジニアをされていたんですか?

ユニゾンシステムズに入社する前もエンジニアをしていました。「エンジニアは稼げる!」とか、漠然と「物を作る仕事がしたい」とかそんな感じの(フワッとした)理由で派遣エンジニアとしてキャリアがスタートしました。お客様の開発部門に派遣されて常駐するのですが、プロジェクトが終わるとまた仕事の現場が変わる、という感じです。

技術を通じて、本質的な課題解決をできるエンジニアに。

ー色々な開発現場を見てきたんですね...!転職のきっかけや、数あるIT系の会社からユニゾンシステムズに入社しようと思った理由ってありますか?

転職しようと思ったキッカケは、前職の環境ではでは本質的な現場の問題を解決することが難しいと感じる場面が増えたからです。
お客様先に常駐し開発を進める中で、現場の本質的な問題に目がいくようになり、その解決を当時の上司に提案していたのですが、組織の構造的な問題のため深い提案を通すことは叶わなく、意見交換の機会さえ作るのが難しい環境でした。

枝葉の問題だけでなく、より本質的な問題を解決できるエンジニアになりたいと思い、転職サービスに登録したのを覚えています。前職は、いい意味でも悪い意味でも縦社会だったので、次は自社でサービスを持っていてある程度自分で仕事をコントロールできるようになりたいな、と。

画像1

マネジメント層も、現場やお客様を大切にする社風

ユニゾンシステムズに面接に来た時に、第一印象の直感でここに入社したい!と感じたのを覚えています。最初に面接してくれた人から最終面接の社長まで、真剣に、マニュアル対応ではなく一対一で人と向き合ってくれる会社だなと感じたんです。マニュアルに固まっていないし、すごく人が優しいです。人も組織もいい意味で余裕があるし、余白がある。

あと、思い出として心に残っているのが、僕の歓迎会です。ユニゾンシステムズは、業務でもプライベートでもそうなのですが、役職が上の人たちから盛り上がるし、率先して仕事に取り組んでいくんですよね。ポジションにあぐらをかくような役員がいないし、エンジニアをすごく大切にしてくれるんです。そんなエンジニアファーストな雰囲気だと、「自分も結果を出してやるからな!」という気持ちになるんです。

初期構築からリリースまで全てに携われる。技術と経験を上げていける最高の環境。

ー わかります!周りの仲間たちの姿を見ると負けずに頑張りたくなりますよね。ちなみに技術や開発体制に関しては入社してみて、どうでしたか?

やっぱり、自社でシステムやプロダクトを作れること、初期構築からリリースまで全てに携われることが、すごく楽しいですね。前職の派遣エンジニアの時のように「君の仕事は、ここからここまで」というのがないので、0から100まで全て開発できるし、エンジニアの力を上げていくためには、とてもいい環境です。
創業時からテレビ局系のメディアマーケットに特化しているので、お客様との関係も深く、顔も見えます。自分の関わった技術が普段見るテレビの裏側で動いていると思うと、適度に緊張感もありますし、サービスに対して熱い思いを持てています。

どこにでも通用する技術力の高いエンジニアへの進化

ーテレビは普段の生活の身近な存在ですもんね。今の仕事のやりがいを感じる時って他にどんな時があるんでしょうか?

フルスタックで開発をおこなっていくので、日に日にエンジニアとしての技術力が上がっていくことを感じるとともに、お客さんから「林さんがいるから、この開発を任せられる」という声をもらえる事に、すごくやりがいを感じますね。ユニゾンシステムズの看板を背負ってエンジニアをしているというより、エンジニア「林 裕人」として僕自身のブランドができつつあるというか。そのために、毎日絶対に手を抜かない事、自分に嘘をつかない事、ユニゾンシステムズの林というより「林 裕人」として仕事を取っていく気持ちで開発しています。

あと、機能リリースが終わった時はとても気持ちがいいです。仕事終わりに「今日、本当にやりきったな」って思えます。
自分でもびっくりしますが、朝起きて「よし、会社に行こー!」ってなるんですよ。そこは全然違いますね。受託開発にありがちな残業ゴリゴリな会社ではなく、ほぼ毎日定時には帰って健康的な生活もできていて、そこも大きいかもしれないですね。

ー林さん、ありがとうございました!

ユニゾンシステムズでは、一緒に働く仲間を募集しています。ぜひ一度オフィスに遊びに来てみませんか?お気軽にDMもお待ちしています!

エンジニア求人の詳細はこちら:https://www.unixon.co.jp/recruit/
Twitter:https://twitter.com/Kimura_Fumihiko
Facebook:https://www.facebook.com/bun0324

画像2

おまけ:左から、エンジニア 林、営業  橋本、エンジニア セルゲイ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
福岡から世界へ、テレビ放送向けITツール・サービスを展開中の福岡ベンチャーです。ユニゾンシステムズの公式メディアとして、社内メンバーが様々な情報をお届けします! ユニゾンシステムズ採用サイト:https://www.unixon.co.jp/recruit/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。