uni.marketing
TikTok広告の種類
見出し画像

TikTok広告の種類

uni.marketing

TikTok広告の種類

TikTokには下記のような広告があります。
本記事ではそれぞれについて詳しくご紹介していきます。

  1. 起動画面広告

  2. インフィード広告

  3. ハッシュタグチャレンジ

  4. 運用型広告

起動画面広告

起動画面広告は、TikTokアプリを起動した際に表示される広告です。
1日に1枠しか配信できないため、費用が非常に高いこと、枠を確保するのが困難な点がデメリットですが、その分効果は絶大です。

  • 特徴
    アプリ起動時に必ず表示される

  • 課金方式
    インプレッション課金型:5,000,000円程度

インフィード広告

TikTokのおすすめ投稿へ配信可能な広告です。広告に対してユーザーによるいいねやコメントが可能なため、二次拡散の効果も期待できます。

  • 特徴
    自然な形で広告を配信できる

  • 課金方式
    期間契約型:420,000円~

ハッシュタグチャレンジ

ユーザーが公式動画を真似た投稿を促すという、他のSNS広告にはない珍しい方式の広告形式です。

  • 特徴
    ユーザー参加型で認知度アップできる

  • 課金方式
    期間契約型:10,000,000円~

運用型広告

インフィード動画広告は、ユーザーが動画コンテンツを見つける場所(YouTube の関連動画の横、YouTube 検索結果、YouTube モバイルのトップページなど)で動画をアピールするために使用します。

  • 特徴
    TikTok以外のアプリへ広告配信可能

  • 広告フォーマット
    ・9:16縦型広告
    ・1:1スクエア広告
    ・1200×628横長広告
    ・カルーセル広告(スクエア・横長画像)

  • 課金方式
    ・クリック課金型:100〜1,000円/1,000imp
    ・インプレッション課金型:30〜100円/クリック
    ・再生課金型:5〜60円/再生

▼参考出典
TikTok広告の種類と費用がまるわかり!課金方式から代理店手数料まで詳しく解説

https://www.data-be.at/magazine/tiktok-ads-cost/

最後に…

TikTokについてのご相談は図書印刷×UNIWORXへ

図書印刷株式会社と株式会社UNIWORXではSNSについてのお悩みを解決するデジタルマーケティング支援サービスを提供しています。
SNSキャンペーン運用・制作・企画なら図書印刷×UNIWORXにお任せを。Web制作・動画制作・マーケティングに関するお悩みや疑問は、どんなことでもお気軽にご相談ください。

https://info.uniworx.co.jp/sns-marketing

uni.marketing