見出し画像

中国ライブコマース事情:KOLについて

こんにちは。ユナイテッドスクエア中国マーケット担当Kです。今日は中国のKOLと言われるインフルエンサーについてお話しします。
日本において芸人や俳優、タレントなどが使っている商品を好んで使う人が少なくないのと同様に、トップKOLは中国において絶大な人気があります。
日本ではSNSなどで商品が紹介されれば瞬く間にバズり、爆発的なヒット商品となる反面、ステマだと炎上することもあります。
それはおそらく、日本人がクチコミやコマーシャルの混じらない商品の本当の価値を知りたいという欲からなのでしょうか。
しかし、中国のKOLは、日本の芸能人とは少し違う印象があります。
例えるなら、めちゃくちゃ人気のあるジャパネットタカタの高田元社長みたいなものでしょうか。
高田元社長がステマだと叩かれることはありませんよね。

日本のトップインフルエンサーのフォロワーは100万人を超えるのに対し、中国のトップインフルエンサーは1000万人以上です。
100万人という数は中国ではそこまで秀でた数字にはなりません。
人口の絶対数が違うため単純に比較することはできませんが、この中国の絶対数が商売としては非常に大きな経済効果を産むのです。

KOLの主戦場はライブコマースです。リアルタイムで次から次へと商品を紹介していきます。
その紹介するノウハウは有名俳優やモデルなどよりも卓越しており、ライブコマースを見ていると「彼が薦めるのだから間違いない」「彼女が使ってるなら同じものを!」という気にさせられます。まるで商品を売るマシーンのように言葉巧みに視聴者、ファンたちの心を掴んでいるのです。
KOLは通販番組のMCであり、タレントであり、評論家でもあるような気がしてきます。(あくまで主観ですが、、)

KOLは得意分野が各々分かれてます。
仮に日本企業が越境ECでライブコマースに挑戦したいと言うことであれば、このように中国におけるKOLの状況を深く理解して、それぞれの分野に得意なKOLにピンポイントでオファーを出す必要があります。ニーズを捉えた的確なKOLの起用ができれば、1日にして何億という売り上げをあげることも決して夢ではないでしょう。

今日はこの辺りで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!