見出し画像

旅行日記day2 🇵🇱Warszawa

宿の朝ごはん、試しに1日つけてみた。17zt(約500円)。
個人的な基準では若干高めかな〜。明日はたぶんつけない。

宿のシャワー、トイレと同室なんだけど、水に対する対策の甘さがすごい。本当に使っていいのかな

天気が悪くなる前に市内散策へ!!
バス停近くのこの機械でチケットが簡単に買える。

24H乗り放題券購入。15zt(450円)

ワルシャワはバスもドラムも黄色と赤!

ポーランド人民共和国博物館に到着!

共産主義時代の市民生活の様子を展示する施設を!という声に応えて作られた博物館。
ここ、最高に面白かった!かなりおすすめ!

オーディオガイド、まさかのカセット。
受付のおばあちゃんがガチャガチャやってて、めちゃくちゃ雰囲気出てた。音質は悪め。

宿で友だちになったブラジル人の女の子と観光。ここの博物館も彼女がオススメしてくれた!

共産主義時代の新聞、広告など。

食品パッケージなど、今日本で商品化したら普通に人気でそう!というくらいレトロでキュートなものばかり。すべて可愛かった。

共産主義時代の物々しい側面だけじゃなくて、一般市民の生活を知れる機会って少ないから、すごく勉強になった。面白かった。

全く読めないポーランド語新聞と、全く理解できないポーランド語の電話。

文化科学宮殿Pałac Kultury i Nauki

全てのスタッフが超無愛想で、ラティーナの彼女は「私この国合わないかも…」と心折れてた。

展望台に上がるには、20zt(600円)
エレベーターで一気に30階へ!エレベーター早い!スペインののろのろエレベーターと全然違う!

紅葉が始まった公園が見える!
数日前まではこんなに色づいてなかったよ、とブラジル女子。

どっちを見ても、建設中のビルがたくさん。
なんだか丸の内みたい。もっとビルだらけだけど。

近代的なエリアと、オールドタウンエリアが混在してて、首都の力強さを感じる。

ワルシャワはもうすっかり秋だ。
最低気温6度。

王宮前の広場。
今回の宿はここから徒歩5分以内なので、観光がとっても気軽にできる!

カラフルで可愛らしい街並み。
でもそれらは全て、第二次世界大戦で破壊されたものを再建したもの。

空襲で破壊された美しく歴史ある街並みを取り戻すため、当時の人々は写真を元に、ヒビ割れや傷、汚れなども忠実に再現したそう。

歴史あるものを一瞬で破壊する。
戦争ってなんなんだろう…と思っちゃった。

宿のバーで知り合ったみんな。
旧市街散策はこの5人で!
5人中3人がスペイン語話者!(全員非ネイティブ)

雨が降りそうな天気。

城壁もきっと終戦後に建てられたものなんだろうな…立派だけど。

女子🇸🇪🇯🇵🇧🇷

王宮裏の公園へ!広い芝生!気持ちいい!
晴れてきた〜!

寒いけど、頑張って花が咲いてた。
ヨーロッパの人は自然を隅々までコントロールしてるなぁ、と公園に来るたび思う。

大写真大会。

アリスみたいで可愛かった。

こういう銅像に共産主義の名残を感じてしまうんだけど、この感覚は正しいのかしら?

個人的にこの通り、とっても好き!

この辺の石垣風の基礎も再現なのかな?
だとしたらすごいことだ…

石を積み重ねて基礎を作るのは、ポーランドの典型的な建築方法らしい。

お決まりの鍵たち。かわいい♡

夜は宿で自炊!みんなでご飯をシェア!
私はペペロンチーノと、コンソメスープ!

みんなでトランプして遊んだ!
ビールが宿のバーのハッピーアワーで、500Lが5zt(150円)だったので2本購入。
サイダーはもらいもの。

自分の将来について、旅の目的について、旅程、今後のプランなど、みんなで色んな話をした。

うまく言えなくて悔しい思いもしたけど、留学してから7ヶ月半でびっくりするくらい英語が伸びた。(スペイン語留学なのに笑)

明日はどんな1日になるかな〜〜楽しみ〜

#社会人留学 #スペイン語 #英語 #ポーランド #ワルシャワ #中欧旅行


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
旅行、留学について記録用として書きます。#旅行 #西洋美術 #西洋中世史 #哲学 #日本文学 3年半勤めた会社を退職して2019年2月からスペイン・バレンシアに留学中。現在は欧州での大学院進学を目指しています。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。