新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2018年09月25日 大貫妙子さん ビルボードツアー セットリスト

JUN

暫くの間、他所に上げていたセットリストの掘り起こしを続けます。感想は当時のものですが、ここでは極力その時の文章のままで。

これは2018年9月に開催された大貫妙子さんのビルボードライブ東京でのコンサートのメモ。2019年以降、ビルボードツアーは行われておりませんが、コロナ禍が収まったら再開して欲しいなあ…と思っております。

*********

2018-09-25

毎年恒例 大貫妙子さんのビルボードツアー。2018年の最終公演は、40周年でアナログがリマスターされたアルバム「ミニヨン」からなんと5曲。お馴染みの職人たちが奏でる繊細で緩やかなグルーヴと緻密なアンサンブルは今年も強力でした。都会、Mon doux Soleil、海と少年、素晴らしい! 

MCは、前半が40周年の「ミニヨン」に関する思い出話。RCA移籍で「ヒット曲を作ってください」と当時のレコード会社社長からお願いされたこと、プロデューサーの小倉エージさんに何度も曲の書き直しを命じられたこと、ただしそれまでの2枚より売れなくて2年ほど音楽から離れたこと、等々…

それでも数多い作品の中でも、毎回のようにライブで歌ってきた曲も多くて(「横顔」や「突然の贈りもの」などはまさにそうですよね)、「長く歌える作品を」という意図でプロデュースされていた小倉エージさんに感謝しています、と。

アナログ盤のリマスター再発については、「アナログ録音で、当時はシンセサイザーもアナログ。やっぱり今回のアナログ盤良いですよ」「ただし、その音を再現するのが大変。当時は坂本龍一さんがツマミをひねりながら音作りをしていたけど、デジタルのシンセだと、どうしても似て非なる音になる」と。

今回リマスター再発された大貫妙子さんのアナログ盤は「ミニヨン」「ロマンティーク」「アヴァンチュール」ですが、今冬には「クリシェ」「シニフィエ」「カイエ」と更にリマスター再発が予定されているので、「RCAイヤーズ」のライブなども企画して頂けると嬉しいですね。

大貫妙子さんの今後ですが、11/1に関内ホールで伊藤銀次さんや楠瀬誠志郎さん等とイベントに出 演されるそう。ハウスバンドに上原ユカリ裕さん、センチメンタル・シティ・ロマンスの細井豊さん、ママレイド・ラグの田中拡邦さん等が参加されているようで、「シュガーベイブの歌やりますよ」とのこと。

大貫妙子ビルボードツアー2018
(25 Sep 2018 - 2nd Set / ビルボードライブ東京)

01. 横顔
02. 言いだせなくて
03. 空をとべたら
04. 突然の贈りもの
05. Mon doux soleil
06. 太陽がいっぱい
07. Voce Bossanova
08. 都会
09. 夏に恋する女たち

encore
10. 海と少年
11. Wonderland

大貫妙子: Vocal
小倉博和: Guitars
鈴木正人: Bass
森俊之: Keyboards
Febian Reza Pane: Piano
林立夫: Drums
沼澤尚: Drums

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!