見出し画像

ポエトリー・ナイトフライト第3期第5クール

第3期第5クール

2023年
4月22日(土) ゲスト:植村純子(劇団衛星)
5月27日(土) ゲスト:楽しい生活。 シロたろし/TOKYO HAREM
6月24日(土) ゲスト:村島洋一

会場:PUB VOXhall
https://voxhall.net/
京都市上京区室町通今出川下ル北小路室町388
ファーストコート御所室町 B1F

open 18:00 / start 19:00
charge ¥1,500(2drink付)


■イベント概要
京都のポエトリー・スラム。
ただし詩にかぎらず、俳句や短歌、ラップ、歌、芝居、落語、狂言、漫才、スタンダップコメディなど「ことばをつかった表現」であればなんであれ歓迎します。

◇スラムとは?
パフォーマンスを評価し、順位や勝ち負けがつくイベントです。
審査員制、観客投票制、またトーナメントやリーグ、さまざまな形態がありますが、「ポエトリー・ナイトフライト」は出場者が順番にステージに上がるショウケース方式、そして観客による投げ銭によって順位を決定します。
日本のスラム文化の源流である東京のBen’s Caféのスタイルを踏襲しています(主宰は2000年代初頭、高校時代から入り浸っていました)。

■ルール
ひとり持ち時間5分以内でパフォーマンスをしていただき、観客の投げ銭(上限はありません。また、いまいちとおもえば0円でもかまいません)によって順位を決定します。
順位にかかわらず、投げ銭は出場者へのギャランティとして各自持ち帰っていただきます。
優勝者(1位)は翌月、15分のチャンピオンステージをする権利を得ます。
出演順は主宰/司会choriが都度都度指名します(start時点で順番は確定していません)。
持ち時間を超過した場合、数秒程度であれば見なかったことにしますが、さらにそれを超える(超えそうと視た)場合、打ち切らせていただきます。

音源や楽器の使用は可能です。
ただ、複雑な(回線を多く使う、機材量が多い等)場合は事前にお問い合わせいただけるとたいへん助かります。また、リハーサルはありません。

◇複数人で出てもいいの?
可能です。ただし、AさんとBさんのユニットと、Aさんソロが同日に出場することはできません。

◇エントリーの仕方は?
当日、会場で先着順(15名まで)となります。事前の受付はありません。

■第2期(2020年)からの変更点について
これまでは前半をオープンマイク、後半をスラムと分けていましたが、前期は日曜の午後開催だったこと、また現在はコロナ状況が読めない部分があり、時間的な制約のなか、最大20名のパフォーマンスはむずかしく、スラムに特化します。

■お問い合わせ先
twitter:@myeongsa_chori
メール:chori_sen@yahoo.co.jp

先述のように事前エントリーは受付ませんが、楽器や機材等のご相談や、またイベントに対するご不明点等はご遠慮なく(twitterのほうがレスポンスは早いかとおもわれます)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!