うかspice+ 伏見まゆみ

淡路島の山の上で、心と体と魂に調和をもたらす植物、とりわけハーブを中心に自然栽培で育て…

うかspice+ 伏見まゆみ

淡路島の山の上で、心と体と魂に調和をもたらす植物、とりわけハーブを中心に自然栽培で育てています。 ハーブ教室を開いたりハーブ商品を作ったりしながら、植物の波動で心身を整えるフラワーエッセンスのセラピストとして、個人セッションや講座を行っています。 元ライター&編集者でもあります。

マガジン

  • Flower Essence

    フラワーエッセンスに関することを綴っています。 ちょっとつらいな…そんな時に、心がふっと軽くなるような発見をしていただけたら。

  • Recipe集

    うかspice+からお届けしている自然栽培野菜やハーブ、スパイスたちを、おいしく楽しく使っていただくためのRecipe(レシピ)を綴っています。

  • Herbあれこれ

    うかspice+でお世話をしているハーブたちの様子や、ハーブにまつわるあれこれを。

ストア

  • 商品の画像

    2024年 春のオンライン・ハーブ教室(育てる編)

    オンラインでハーブの育て方をお伝えする教室です。うかspice+では、年間数十種類のハーブ・スパイスを無肥料無農薬の自然栽培で育てています。ハーブの栽培スタートの時期は、大きく分けて春と秋。「春のオンライン・ハーブ教室(育てる編)」では、うかspice+で育てている、春に種まきをして育てるハーブを中心に、画面を通してお世話の仕方をお伝えします。その時々のうかspice+のハーブ畑のハーブの様子や、その時期にするハーブ仕事、ハーブの分類や育ち方の特徴、増やし方、収穫・剪定、土や草との関係性、種取りの仕方など、実際の畑で行う作業を、動画や写真、テキストなどを使ってご覧いただきます。画面を通してだけでなく、実際に育てていただけるよう、タネ(うかspice+で採種しているもの)や苗、挿し木や株分用のハーブなども、毎回、教室前にテキストと共に宅配にてお送りします。また、直にハーブに触れて、香りや風味、質感なども感じていただけるよう、1回分ずつのハーブティー(ドライまたはフレッシュ)も発送いたします。画面だけではなかなか伝わりづらいハーブの魅力を、お手元にお届けする実物のハーブたちで感じながら学んでいただくことができるよう組み立てています。月に1回。お届けするハーブティーを味わいながら、画面を通してハーブとつながる時間を楽しんでいただけたらと思います。【期間】2024年3月〜2024年7月【時間】13:00〜16:00(16時を過ぎることがあるかもしれません)  【日程】3月11日(月)、4月8日(月)、5月13日(月)、6月10日(月)、7月8日(月)やむを得ずご欠席の場合は、録画したものをご視聴いただくことができます。(視聴期間1週間)録画配信のみでのご参加は承っておりません。【場所】ご自宅などお好きな場所(zoomにて実施)【参加費】8000円×5回=40000円(お申し込み後のキャンセルはできません)【教室内容】下記教室スケジュールをご確認ください【ご用意いただくもの】お送りするテキスト、お送りするハーブティー、その他お送りする教材<教室スケジュール/春のオンラインハーブ教室で学ぶことができる主な内容> 【3月】3月のハーブたちの様子3月のハーブ仕事お世話の際の道具について栽培におすすめのハーブたちタネと土について3月のテーマハーブ(ローズマリー/樹木系ハーブ)事前発送(ハーブのタネ、ドライハーブティー(1杯分)、テーマハーブ、テキスト)【4月】4月のハーブたちの様子4月のハーブ仕事ハーブの増やし方について4月のテーマハーブ(スペアミント/地這系ハーブ)Q&A事前発送(挿し木用ハーブ、赤玉土、ドライハーブティー(1杯分)、テーマハーブ、テキスト)【5月】5月のハーブたちの様子5月のハーブ仕事草について①草とハーブの関係ハーブたちの分類について5月のテーマハーブ(フェンネル/宿根ハーブ)Q&A事前発送(ハーブの苗、フレッシュハーブティー(1杯分)、テーマハーブ、テキスト)【6月】6月のハーブたちの様子6月のハーブ仕事草について②ハーブを含めた植物全体の生育を知る梅雨対策6月のテーマハーブ(レモングラス/株分けハーブ)Q&A事前発送(株分け用ハーブ、フレッシュハーブティー(1杯分)、テーマハーブ、テキスト)【7月】7月のハーブたちの様子7月のハーブ仕事種とりの仕方と注意点7月のテーマハーブ(スイートバジル/一年草ハーブ)Q&A事前発送(フレッシュハーブティー(1杯分)、テーマハーブ、テキスト)
    ¥40,000
    うかspice+
  • 商品の画像

    2024年 育てて使う「春のハーブ栽培教室」

    うかspice+では、年間数十種類のハーブ・スパイスを無肥料無農薬の自然栽培で育てています。ハーブの栽培スタートの時期は、大きく分けて春と秋。「春のハーブ栽培教室」では、うかspice+で育てている、春に種まきをして育てるハーブを中心にお世話をします。種まきから、植え付け、剪定、収穫、種とりまで、ハーブの一生を通したお世話の仕方をお伝えします。ハーブのお世話のあとは、毎回、ハーブを使ったワークショップを行います。ティンクチャー作り、インフューズドオイル作り、蒸留、オリジナルハーブソルト作り、オリジナルドライハーブティー作り、ハーブコーディアル作り、ハーブシロップ作り、ハーブジャム作り、ハーブブーケ作り、ハーブのカゴ編みなど。(これらのなかから、季節に合わせ、ハーブの状態に合わせてセレクトいたします)基本的なハーブの活用方法をお伝え予定です。また、教室では毎回、お弁当などのお昼ごはんを持参していただきますが、全5回の教室のうち1回だけ、ハーブを使ったお料理を作るワークショップを行います。この日はお弁当のご持参はなしで大丈夫です(教室初日に料理の日の日程等をお伝えします)ハーブのお世話は、ふわっと香るその芳香にいつもうっとりしてしまいます。月に1回。ゆっくりハーブたちと向き合いつつ、ご自身の癒しの時間にしてくださいね。【期間】2024年3月〜2024年7月【時間】9:30〜15:00  【クラス】水曜クラス、日曜クラスの2つのクラスから、日程をご確認の上、ご希望のクラスをお選びください。    水曜クラス:3月27日、4月24日、5月22日、6月19日、7月17日 日曜クラス:3月24日、4月28日、5月26日、6月23日、7月21日 *悪天候などが予想される場合は、日程を変更する場合がございます。 *やむを得ずご欠席の場合は、同じ月の他の曜日への振り替え参加が可能です。ご希望の場合は事前にご相談ください。【場所】うかspice+ 兵庫県淡路市仁井   (お申し込み後に住所をお伝えいたします)【参加費】13000円×5回=65000円   (お申し込み後のキャンセルはできません)【定員】4名(少人数制でしっかりお伝えします)【教室内容】・午前は季節ごとのハーブのお世話     ・午後はハーブを使ったワークショップ【持ち物】昼食(*)、飲み物、帽子、作業がしやすい服装、剪定ばさみ、収穫ばさみ、ノコギリ鎌(**)*昼食はお弁当などをご持参いただきます。**剪定ばさみ、収穫ばさみ、ノコギリ鎌についてよくわからない場合は、ご用意前にご相談ください。公共交通機関でお越しの方は、最寄りの高速バスのバス停までお迎えにあがりますのでお申し込み時にお伝えください。<春教室で学ぶことができるハーブ栽培の主な内容> ・春から育て始めるハーブの種まき・ハーブの増やし方(挿し木、株分けなど)・育てたハーブ苗の植え付け・ハーブの種取り・ハーブの剪定と収穫・ハーブと草との関係性・ハーブを取り巻く空間全体の見立て方・ハーブ栽培のテキスト付き<春教室で予定しているハーブワークショップ>・オリジナルハーブソルトづくり・ハーブの蒸留・ティンクチャーづくり&バームづくり・ハーブ料理・ハーブブーケづくり   <春教室でお世話をする主なハーブ>・レモングラス・ホーリーバジル・スイートバジル・ローゼル・ナスタチウム・ラムズイヤー・ネトル・ヒース・マロウ・サフラン・エキナセア・カレンデュラ・ヒソップ・ボリジ・レモンベルガモット・モナルダ・マーシュマロウ・カモミール・ニゲラ・マレイン・セントジョーンズワート  など秋教室は、2024年9月から2025年1月までの開校です。秋教室の募集は2024年6月ごろから開始予定です。
    ¥65,000
    うかspice+
  • 商品の画像

    2024年 春のオンライン・ハーブ教室(育てる編)

    オンラインでハーブの育て方をお伝えする教室です。うかspice+では、年間数十種類のハーブ・スパイスを無肥料無農薬の自然栽培で育てています。ハーブの栽培スタートの時期は、大きく分けて春と秋。「春のオンライン・ハーブ教室(育てる編)」では、うかspice+で育てている、春に種まきをして育てるハーブを中心に、画面を通してお世話の仕方をお伝えします。その時々のうかspice+のハーブ畑のハーブの様子や、その時期にするハーブ仕事、ハーブの分類や育ち方の特徴、増やし方、収穫・剪定、土や草との関係性、種取りの仕方など、実際の畑で行う作業を、動画や写真、テキストなどを使ってご覧いただきます。画面を通してだけでなく、実際に育てていただけるよう、タネ(うかspice+で採種しているもの)や苗、挿し木や株分用のハーブなども、毎回、教室前にテキストと共に宅配にてお送りします。また、直にハーブに触れて、香りや風味、質感なども感じていただけるよう、1回分ずつのハーブティー(ドライまたはフレッシュ)も発送いたします。画面だけではなかなか伝わりづらいハーブの魅力を、お手元にお届けする実物のハーブたちで感じながら学んでいただくことができるよう組み立てています。月に1回。お届けするハーブティーを味わいながら、画面を通してハーブとつながる時間を楽しんでいただけたらと思います。【期間】2024年3月〜2024年7月【時間】13:00〜16:00(16時を過ぎることがあるかもしれません)  【日程】3月11日(月)、4月8日(月)、5月13日(月)、6月10日(月)、7月8日(月)やむを得ずご欠席の場合は、録画したものをご視聴いただくことができます。(視聴期間1週間)録画配信のみでのご参加は承っておりません。【場所】ご自宅などお好きな場所(zoomにて実施)【参加費】8000円×5回=40000円(お申し込み後のキャンセルはできません)【教室内容】下記教室スケジュールをご確認ください【ご用意いただくもの】お送りするテキスト、お送りするハーブティー、その他お送りする教材<教室スケジュール/春のオンラインハーブ教室で学ぶことができる主な内容> 【3月】3月のハーブたちの様子3月のハーブ仕事お世話の際の道具について栽培におすすめのハーブたちタネと土について3月のテーマハーブ(ローズマリー/樹木系ハーブ)事前発送(ハーブのタネ、ドライハーブティー(1杯分)、テーマハーブ、テキスト)【4月】4月のハーブたちの様子4月のハーブ仕事ハーブの増やし方について4月のテーマハーブ(スペアミント/地這系ハーブ)Q&A事前発送(挿し木用ハーブ、赤玉土、ドライハーブティー(1杯分)、テーマハーブ、テキスト)【5月】5月のハーブたちの様子5月のハーブ仕事草について①草とハーブの関係ハーブたちの分類について5月のテーマハーブ(フェンネル/宿根ハーブ)Q&A事前発送(ハーブの苗、フレッシュハーブティー(1杯分)、テーマハーブ、テキスト)【6月】6月のハーブたちの様子6月のハーブ仕事草について②ハーブを含めた植物全体の生育を知る梅雨対策6月のテーマハーブ(レモングラス/株分けハーブ)Q&A事前発送(株分け用ハーブ、フレッシュハーブティー(1杯分)、テーマハーブ、テキスト)【7月】7月のハーブたちの様子7月のハーブ仕事種とりの仕方と注意点7月のテーマハーブ(スイートバジル/一年草ハーブ)Q&A事前発送(フレッシュハーブティー(1杯分)、テーマハーブ、テキスト)
    ¥40,000
    うかspice+
  • 商品の画像

    2024年 育てて使う「春のハーブ栽培教室」

    うかspice+では、年間数十種類のハーブ・スパイスを無肥料無農薬の自然栽培で育てています。ハーブの栽培スタートの時期は、大きく分けて春と秋。「春のハーブ栽培教室」では、うかspice+で育てている、春に種まきをして育てるハーブを中心にお世話をします。種まきから、植え付け、剪定、収穫、種とりまで、ハーブの一生を通したお世話の仕方をお伝えします。ハーブのお世話のあとは、毎回、ハーブを使ったワークショップを行います。ティンクチャー作り、インフューズドオイル作り、蒸留、オリジナルハーブソルト作り、オリジナルドライハーブティー作り、ハーブコーディアル作り、ハーブシロップ作り、ハーブジャム作り、ハーブブーケ作り、ハーブのカゴ編みなど。(これらのなかから、季節に合わせ、ハーブの状態に合わせてセレクトいたします)基本的なハーブの活用方法をお伝え予定です。また、教室では毎回、お弁当などのお昼ごはんを持参していただきますが、全5回の教室のうち1回だけ、ハーブを使ったお料理を作るワークショップを行います。この日はお弁当のご持参はなしで大丈夫です(教室初日に料理の日の日程等をお伝えします)ハーブのお世話は、ふわっと香るその芳香にいつもうっとりしてしまいます。月に1回。ゆっくりハーブたちと向き合いつつ、ご自身の癒しの時間にしてくださいね。【期間】2024年3月〜2024年7月【時間】9:30〜15:00  【クラス】水曜クラス、日曜クラスの2つのクラスから、日程をご確認の上、ご希望のクラスをお選びください。    水曜クラス:3月27日、4月24日、5月22日、6月19日、7月17日 日曜クラス:3月24日、4月28日、5月26日、6月23日、7月21日 *悪天候などが予想される場合は、日程を変更する場合がございます。 *やむを得ずご欠席の場合は、同じ月の他の曜日への振り替え参加が可能です。ご希望の場合は事前にご相談ください。【場所】うかspice+ 兵庫県淡路市仁井   (お申し込み後に住所をお伝えいたします)【参加費】13000円×5回=65000円   (お申し込み後のキャンセルはできません)【定員】4名(少人数制でしっかりお伝えします)【教室内容】・午前は季節ごとのハーブのお世話     ・午後はハーブを使ったワークショップ【持ち物】昼食(*)、飲み物、帽子、作業がしやすい服装、剪定ばさみ、収穫ばさみ、ノコギリ鎌(**)*昼食はお弁当などをご持参いただきます。**剪定ばさみ、収穫ばさみ、ノコギリ鎌についてよくわからない場合は、ご用意前にご相談ください。公共交通機関でお越しの方は、最寄りの高速バスのバス停までお迎えにあがりますのでお申し込み時にお伝えください。<春教室で学ぶことができるハーブ栽培の主な内容> ・春から育て始めるハーブの種まき・ハーブの増やし方(挿し木、株分けなど)・育てたハーブ苗の植え付け・ハーブの種取り・ハーブの剪定と収穫・ハーブと草との関係性・ハーブを取り巻く空間全体の見立て方・ハーブ栽培のテキスト付き<春教室で予定しているハーブワークショップ>・オリジナルハーブソルトづくり・ハーブの蒸留・ティンクチャーづくり&バームづくり・ハーブ料理・ハーブブーケづくり   <春教室でお世話をする主なハーブ>・レモングラス・ホーリーバジル・スイートバジル・ローゼル・ナスタチウム・ラムズイヤー・ネトル・ヒース・マロウ・サフラン・エキナセア・カレンデュラ・ヒソップ・ボリジ・レモンベルガモット・モナルダ・マーシュマロウ・カモミール・ニゲラ・マレイン・セントジョーンズワート  など秋教室は、2024年9月から2025年1月までの開校です。秋教室の募集は2024年6月ごろから開始予定です。
    ¥65,000
    うかspice+
  • もっとみる

最近の記事

ギュッと力んで頑張ってても、それに自分で気づいていたらきっと大丈夫。

「考えること」 「学ぶこと」 「頑張ること」 これまで 「そうしなければ」と 頑なに思ってきたことが ナチュラルに 素で できなくなってきました。 今日のワークショップの最中に あらためて それを実感しました。 「ハーブの成分を  説明したほうがいいかもしれない」 「理論立てて科学的なアプローチからも  伝えたほうがわかりやすいかもしれない」 そう訴えてくる自分がいる一方で 「ごめんなさい。  テレパシーでなんとなく受け取ってください」 的な感覚で それこそ波動

    • 体調不良は最高の宝探しイベント

      秋のハーブ栽培教室も1月初めに終わり、 せっせと用意していたハーブレシピ作りもひと休み。 集中して開催してきたハーブ関係のワークショップもほぼ終えて、 迎える2月は毎年、私にとって誕生月でもあるとともに、 内側に入る時期でもあります。 ハーブ畑や裏山の森に入っても、 シーンととても静か。 いきものの気配がぴたりと止まって、 これからやってくる春を前に エネルギーを粛々と蓄えている…そんな感じがします。 私もそれにならって、というわけではないのでしょうが、 だいたいこの時

      • 【Recipe Vegan発酵バター】

        動物性のものは食べない!という 決まりを作っているわけではなくて 食べたい時にお肉も食べるし お魚もおいしくいただいています。 そういえば 牛乳はわざわざ買わないけれど バターは時々 グラスフェッドのものを買っています。 そして時折、バターもどきの いわゆるveganバターというものも作ります。 それも、豆乳ヨーグルトや糀を使った vegan発酵バターを。 ココナッツオイルベースで作るので 冷蔵庫から取り出すとカッチカチになってしまい パンに塗るのが一苦労…だったのです

        • 【Recipe 切り干し大根とハーブの炊き込みごはん】

          試作に次ぐ試作の日々です。 ハーブを使った料理というと、どうしても洋風になりがち。 毎日試作して食べていたら、50を過ぎた体には少々つらいなと感じるようになってきました。 そのため試作の内容もだんだんと、 〝普段のごはん〟にハーブをちょい足しする感じのお料理に 変わってきています。 それも、普段使いしている糀調味料や醤油、味噌などと組み合わせて。 日本人の体に負担がかからないようなハーブ料理に仕上げていけたらいいなと。 ということで今回は、和のおかずにも合う、切り干

        ギュッと力んで頑張ってても、それに自分で気づいていたらきっと大丈夫。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • Flower Essence
          うかspice+ 伏見まゆみ
        • Recipe集
          うかspice+ 伏見まゆみ
        • Herbあれこれ
          うかspice+ 伏見まゆみ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          制限を外したら、詰まりが取れて流れ出した。そんな年初め。

          あけましておめでとうございます。 この年末年始は、 「いつものルーティンをやめてみよう」ということで 年末の神恩感謝もなし 年越しそばもなし 除夜の鐘を聴くこともなし 初詣もなし おせち料理もなし なしなし尽くしの、 いつもとまったく変わらない朝から始まったお正月です。 それでもやっぱり、 「今年もよろしく」の挨拶をすると 気分が少し切り替わるものですね。 1月とは思えない暖かな日差しのなか、 2人と猫3匹で、 ハーブ畑や森をぐるりと散歩をしながらふと出ててきた会話

          制限を外したら、詰まりが取れて流れ出した。そんな年初め。

          心の声を無視し続けるとどうなる?

          目、というのはおもしろい器官です。 見ているようでいて、あまり見ていない。 自分に必要な情報だけを取り入れて、要らないと思っているものは見ていないんですよね、目って。 脳が情報を正確に取り込んでいない、というほうが正しいかな? だから同じ景色を見ても、見方によって、見る人によって認識するものが全然違います。 「何度も見たことがあるはずの、あの景色を絵に描いてみて」と言っても、細かいところまで正確に思い出すことって、なかなかできませんよね。 また、 「いまのあれ、見た

          心の声を無視し続けるとどうなる?

          オークの木は、頑張ってなんかいないのかもしれない

          もう随分前になりますが、過去記事で触れた、バッチ・フラワーエッセンスの「オーク」の続きの話をしたいと思います。 オークは、「がんばりすぎてしまう人のためのエッセンス」として知られているエッセンスです。 お世話になったことのある人もいるかもしれませんね。 オークが「がんばる人のエッセンス」とされている理由は、フラワーエッセンスの生みの親であるエドワード・バッチ博士が「そう感じたから」という以外にないのですが、もう一つ、違った見方もあります。 それは、オークの植物としての

          オークの木は、頑張ってなんかいないのかもしれない

          【Recipe もち麦のHerb&Spiceサラダ】

          ちょっと酸味がきいていて、ハーブのフレッシュ感と 何層にも重なるスパイスの奥深さとが味わえる、 じんわり美味しいサラダ。 いつもながら、糀調味料もいい働きをしてくれています。 スパイスが入ると、なんでかこう、 あとを引く美味しさになるんですよね。 もう一口。んー、もう一口。って。 オイルでスパイスを焼き付けたものを、 熱々のオイルごとジュッと加える、 いわゆる〝タルカ(テンパリング)〟を 仕上げ段階でしているからでしょうか。 よくわかりませんが、 なんとなく作ってみ

          【Recipe もち麦のHerb&Spiceサラダ】

          【Recipe にんじん葉のチヂミ】

          お届けしている自然栽培野菜やハーブたちを おいしく楽しく使っていただくためのレシピをアップしています。 今回の食材はにんじんの葉っぱ。 季節によって違いはありますが、うかspice+では大体の場合、 にんじんを葉付きの状態でお届けしています。 このくらいの時期になってくると 寒さで葉っぱもしっかり硬くなるので サラダや、さっと炒め物に…という使い方も難しくなってきます。 そういうときはぜひチヂミに。 にんじんの葉っぱならではの独特の風味が いい意味で効いてくるお料理で

          【Recipe にんじん葉のチヂミ】

          2024年は〝制限〟を外していこう

          今回はいつもに増して、ちょっと長いです。 しかも、あまり脈絡なくダラダラな印象でもありますが、 私的にとっても大きな気づきだったので、 お時間のある方、どうぞお付き合いくださいませ。 もしかしたら、 「私にもそんなところがあるのかも?」とか 「おもしろそう!私もやってみようかな」とか 立ち止まったり、前に進んだりする きっかけになる方もいらっしゃるかもしれません。 では、行ってみましょう。 まず最初に、〝フラワーエッセンス〟を説明させてください 私は、自然農でのハーブ

          2024年は〝制限〟を外していこう

          【Recipe 牡蠣とハーブのアジアンリゾット】

          牡蠣のおいしい季節到来。 たっぷりの牡蠣で、ナンプラーとレモン香るアジアンリゾットな夜です。 物心ついた頃には東京で暮らし、その後も関東を転々としながら人生の半分を過ごしてきたけれど、後半生を西日本で送ることになるとは夢にも思わず。 淡路島に畑ごと引っ越してきてもうすぐ6年が経ちます。 関東と関西の違いはいろいろあるのだろうけれど、一番の違いは〝食〟なんじゃないかと思う今日この頃。 なかでも特に、淡路島は海に囲まれているおかげか、魚が特においしいなと感じます。 家族

          【Recipe 牡蠣とハーブのアジアンリゾット】

          【自然農ハーブ】12月19日の様子

          今日のハーブ畑の様子をYouTubeにアップしています。 編集なし。 しかも、iPhoneでの撮影。 ハーブたちを前にして、ただひたすらお話をするだけというチャンネルですが、その時々の畑の様子、ハーブたちの様子をお伝えするには、編集なしのほうがかえってリアリティがあって良い気もしています。 今日なんかは、小雨が降る中での撮影だったので、話し方も画面の動きも少し急ぎ気味です。 画像の粗さや聞こえにくさなど、工夫する余地も満載ですが、「気軽に」「無理なく」「自分が楽しく

          【自然農ハーブ】12月19日の様子

          【Recipe スパイスふりかけ】

          ごめんなさい。 最初に謝っておきます。 レシピを公開しようと思ってスパイスふりかけの分量をはかって 作り始めたら、思いがけず、夫・てるさんとの間で商品化が決定してしまったので、詳しいレシピの公開ができなくなってしまいました。 でも、すごくおいしくて もしお手元にあるものでできそうならトライしていただきたいので、 「すぐに食べてみたい」 という方は、レシピを参考にご自身で作ってみてください。 「材料もないから、作ってくれたものを食べたいわ〜」 という方は、 2月に仕

          【Recipe スパイスふりかけ】

          【Recipe かぶのホワイトパスタ】

          先日に引き続き レシピ作りに精が出ている日々です。 というのも、年明けすぐに 「ハーブ教室」の最終回で ハーブのお料理をみんなで作る予定があったり、 「つるかご編みワークショップ」や 「レモングラスのかご編みワークショップ」で スパイスカレーランチをご用意する予定があったりして 頭の中が試作でいっぱいなのも影響しているからだと思います。 今回は 「お昼ごはん何食べたい?」 から始まって、 出荷で残ったかぶを使ったホワイトパスタになりました。 レシピ作りのためにホワイ

          【Recipe かぶのホワイトパスタ】

          【Recipe 菊芋のピリマヨ和え】

          うかspice+では、自然栽培(無肥料・無農薬・無除草剤)で 野菜を育ててお届けしています。 そして、育てている野菜はすべて固定種です。 一般的に市場に出回っている野菜とは少し見た目も味も違っていて、 お届けするお客様にとっては 「どうやって食べたらいいのかしら?」 というものも多いのではないかと思います。 お野菜のお届けにはいつも、 それぞれのお野菜の保存の仕方や特徴、 おいしい食べ方などのご案内もお付けしているのですが、 もっと詳しくお伝えしたいなぁと常々思ってい

          【Recipe 菊芋のピリマヨ和え】

          今日のフラワーエッセンスカード「ヘザー」

          バッチ・フラワーエッセンスの14番目のエッセンス。 「ヘザー」 ヘザーは実は、私たちにも比較的馴染みのある植物で、園芸店などでは「エリカ」という名前で近縁種を見かけることがある。 「ヒース」という名前でメディカルハーブとしても使われていて、この可憐なピンク色の花や蕾をハーブティーやチンキ剤として摂ると、腎系に働きかけて、泌尿器系の不調を整えてくれるとされている。 私も実際、膀胱炎を患った時、ヒースのハーブティーだけで治した経験がある。 美白にもいいと言われるけれど、

          今日のフラワーエッセンスカード「ヘザー」