見出し画像

【店長】ウジエでがんばりゃ、夢叶う。最年少店長の奮闘記*・。

【ウジエスーパーの店長のお仕事とは??】

これからウジエスーパーにご入社される方、
現在、ウジエスーパーで未来に向けて頑張ってくれている仲間達。
普段、ウジエスーパーをご利用されてくださっているお客様。

みなさんに「ウジエスーパーの店長」についてお伝えしたいと想い、

お待たせいたしました!
お久しぶりに職種の記事企画が再始動!!!!

今日はどこ行くのっっ!?

そうっっ、ここはウジエスーパー吉岡店★

太陽が燦燦と輝く絶好の撮影日和!今日はいい日になりそうっ!
大きいですね~!吉岡店は、かの有名な”Uカフェ”が誕生した場所なのです。
店舗前がこちら。開店後からお客様がたくさんいらっしゃいます★


季節の青果の彩りが鮮やか~~★店内にやってきて・・・

店内POPもみんなの工夫で楽しい&くすっと笑えるものまでたくさん♪


ここで本日の主役が登場!

小笠原店長、登場です。

「小笠原店長~!!お疲れ様です~!」

(小笠原さん)
今日、取材でしょっ!待ってました!待ってました!さぁどうぞ!

なんだか毎回会う度に思うけど、
小笠原さんっていつも笑っていて元気だなぁ、と。
事務所まで行く間にスタッフのみんなとすれ違うけど、
一人ひとりと声掛け合って話している。
通常ならば事務所まで1分でたどり着く道が、体感的には長いと5分掛かるっ!?焦
でも、それが「人を何よりも大事にする」という小笠原さんなのかなぁと。

お客様からのお問い合わせ電話にも対応。この日は「はらこ飯がお店にあるか?」というお問い合わせでした。即確認、おもいやりがある対応は店長としての姿勢。


■小笠原さんはどういった入社の経緯だったのですか?

(小笠原さん)
そこまで昔の事から聞くの??笑
でも、、、うわぁ、懐かしいなぁ。。
17歳でパートさんとしてウジエスーパーに入りましたね。
その時に田尻店で採用してもらって、最初はね売価部門に配属でした。

理由??
たまたま家からお店が近かったから。笑
小さい時からおちゃらけ系のいたずらっ子みたいな少年だったから、やっぱりね、人と話したりする事や関わる事は好きだったんだろうね。

そこで、大人になると次は車の免許を取る事を目標にして、ゆっくりと丁寧に頑張ろうと思ってやっていたなぁ、と。
ちょっと時間は経つけど社員になったのは24歳。
今はもう無いけど、ウジエスーパー高清水店という小さい店舗で頑張っていて、エリア社員になった。この頃にはもう結婚していたので、目の前の事を一生懸命に家族の為にという感じでした。

スタッフさんに店内POPのアドバイス★真剣さと笑顔が入り交じりながら、一緒に考えていくのが小笠原店長の流儀♪

■30歳の時には最年少店長になっていましたが、プレッシャーは??

(小笠原さん)
じつはですね・・・、ずっと店長になりたいと思っていたんです。
そしてその事を周りの仲間にも話していたし、何より自分が”その夢を叶えたい”と思って毎日にやっていました。
でもね、別に店長だから偉いとかじゃないんですよ。
「店長って楽しいだろうな。」そう考えていた時に様々な出会いがありました。
その前まではふわふわとした意識が固まってきたのは、
当時、店長だった畑中さんの下でいろいろ勉強していましたね。とにかく周りの人に恵まれていた。亀山さんにも教えてもらっていた。
お世話になった方はたくさんいるので、ここで名前を出さないと後から「オレもでしょ~~焦」って、電話掛かってくるかもしれないけど(笑)
でも、年が違う中でも対等に心を見て、お互いに本音で話せるのがウジエスーパーの店長達なのは間違いないですね。
生き方も、年齢も、職種も違う中でみんなで笑い合って、冗談も言い合えるって、なんだか良い職場でしょ。そのほうが楽しいよね。
店長の仕事って、そういった場作りやコミュニケーションは何より大事だと思いますよ。自分がスペシャルな仕事が出来るよりも、頑張ってくれている仲間を応援していく、そうした応援団長のような姿勢のほうがよっぽど店長向きかもしれません。

ふとした時に見せる優しい笑顔がたまりません。

■店長にもたくさんの個性があるのですね。

(小笠原さん)
それはね、すごくウジエスーパーらしくていいところだと思いますよ。
”店長の色が違う”って言うのかな。
七色レインボーの人も居れば、透明感抜群の白いイメージの人もいれば、めちゃくちゃ濃い個性豊かな色を持つ人もいる、みたいな感じです。

何より、売り場を作るのは人、仲間達です。
応援する事はやはり店長の最重要な役目の一つ。
販促物を一つ見ても、がんばって作ってくれたのがあれば全力で褒めたいですね。
「最高だよっ!なんだなんだっよくこんなに思いつくな~っ!やっぱり売り場を大事にしてくれているからアイディア出るんだろうなぁ~。ありがとね。」というのが日常ですね。

みんなと一緒に休憩中。いつもの日常会話で場も和みます。

■「ウジエスーパーは人なり。」

(小笠原さん)
従業員さんを大切にしていくをぶらさずに楽しくがモットーですかね。とにかく毎日、笑っている。笑

いかにみんながやる気になっていくかが大事なので、そこは十人十色。その一人ひとりを見ながらコミュニケーションを取っていく事で、いい事を伸ばしていく事にしたいですね。

鮮魚コーナーでの一コマ。常に店舗のみんなの売り場作りを一緒に考えていく事も大切なお仕事。


■店長の仕事で楽しい事や嬉しいことはありますか??

(小笠原さん)
やっぱりね、みんなが社内外を問わずに「今日もいい笑顔だね」「成長したよね」「売り場良くなったよね」と褒められる事ですね。お客様でも、他店舗や本社の仲間たちでも、店舗の中でそういったやりとりがある瞬間が嬉しいものです。

一人ひとりの人格がある。そして誰がかけてもいけない。
吉岡店70人以上いる。全員違うから、人の悩みは人が寄り添っていかないとですね。仕事の仲間でもあるけれど、それは出会いの縁でもあるから。
だからこそ、困ったらお互い助けあえる関係にしてきています。本人が売り場作りで困っているなら助けるし、自分からも頼むし。
”大変”と”つらい”は違う。大変だけどつらくはない。になる事を信じて、ひたむきに頑張る事。みんな店長の事を見ていますからね。

店舗の中の売り場チェックはもはや小笠原さんのライフワーク!

■店長になる為に身につけておくと良いスキルはありますか??

(小笠原さん)
「自分の考えを伝えられる事」これが大事だと思います。
コミュニケーション力は必要不可欠です。
”一人ひとりの個性を大事にしながら長所をよく理解する”
”得意分野で売り場づくりなど出来るように一緒に考える”
”ここどうすっぺ、どうしていこうを自ら進んでいける”など、
人と一緒に、同じ空間を共有し、感じる姿勢が大事。

”店長”である自分自身が、出来る出来ないではなく、やるかやらないか。常日頃から学んでいく事。成長していく事。
仲間には、方向性を一緒に見つけていく事、本人の想いを引き出して、認めていくおもいやりが何より大事なのではないでしょうか。

「店長っ!相談です!」「はいよっ!」と軽快なやりとりが見ていて爽やかっ!
みんなの意見は店舗の大切な力。みんなのアイディアをずっと大切にしています。

■この先の未来、小笠原さんの想いを教えてください!

(小笠原さん)
まずは吉岡店の完全黒字化、ここに集中しています。
そして未来はなぁ・・・そうだなぁ、、、
「店舗運営部」の道もなんだかワクワクしますね。
今は川向さんと、畑中さんが動いていますが、憧れであるお二人の世界、景色を見てみたい。お店を出た時にまだ見たことがない世界があるのではないかと考えていますが、お店の事も仲間の事も大好きなので困っちゃいますね(笑)
とにかく、昨日より、今日0.1歩進むために何をするか。
この想いを胸にこれからも頑張っていきたいと思います!

※最後に趣味をお聞きしましたが、
休みの日はウジエスーパーの仲間と一緒に行く釣りが大好きとの事★女川で船に乗って海釣りに行く予定があるそうなのでそれはまた今度、「店長の休日」のような企画で発信させて頂きます~~!

小笠原店長ありがとうございました★

小笠原さんって、いい顔するんだ、これがまた。