見出し画像

名古屋STREETDANCE HISTORY2 〜プロローグ〜

どうもです。UCです。

(これは名古屋STREETDANCE HISTORY企画の目次2です。その他の目次はこちらから確認ください。→名古屋STREETDANCE HISTORY )
(2020.05.21 追記あり)


さて、今回はこの企画の核である”名古屋NEW SKOOLシーン“に入っていくための、プロローグになります。

HIPHOPが日本に伝来した80年代の名古屋の様子をざっくりとまとめてみました。

※文中はすべて敬称略です。

はじめに

HIPHOPがサウスブロンクスで産声をあげたのが、
1973年8月11日、”KOOL HERC”によるブロックパーティーだということはHIPHOP好事家ならご存知のことと思います。


そして、そこから10年後、1983年に映画『フラッシュダンス』が日本で公開され、
東京原宿でも“ホコ天“で第一世代のbboyたちが活動を始めたということも、知る人は多いでしょう。
(どうでもいいけど、私は83年生まれw)

その時代は、
名古屋も全国と同じようにディスコブーム時代。
名古屋のディスコと言えば、
MAHARAJA』グループ(EAST, WEST, Barなど)、『PENT 2 HOUSE』、『SHELTER』、『DION』、『JUNK』、『BAZIL』などなど栄を中心に至るところにあったみたいです!!
(ざっと20以上は名前を目にしました!)


ちなみに現在も今池にあるライブハウス『BOTTOM LINE』も89年オープン!
歴史を感じますね〜

80年代の名古屋ダンスシーン

そんな80年代の名古屋はというと、
bboyでは栄公園(現OASIS21)で東京のホコ天と同じようにストリートでbboyingをしていた”BREAK”や“ビート“率いる『CENTER JAPAN ALL STAR BREAKERS』が代表格として長年活動していました。

またSOUL系統でいえば、
AKIRA”(現AKIRA SOUL)をリーダーにした『MOMENTS CREW』があり、
そこから派生した『M CONNECTION』『SOUL CHILDREN』などが活動しており、
メンバーには、
SHUNJI”(のちに『the Message』リーダー)
DAISUKE”(現flawless dance studio)
JUNKO SENSEI“(現、『STUDIO ZOO』看板インストラクター)などがいたそうです。

JAZZでは、
当時高校生だった”AKI“, ”MAYUMI“や,
"ATSUKO"(現、『DANCE SPACE VIB.』代表)
などがディスコで注目を浴びており、
ATSUKOは”MAHARAJA DANCE QUEEN CONTEST“で優勝するなど活躍していました。

そして、静岡の”RYO“(のちの『舞志道B-BOY CREW』)もbboyingからPOPからNEW DANCEまでをも踊りこなし、名古屋と静岡を繋ぐ重要人物として、後輩から偉大なダンサーを何人も輩出していたそうです。

(申し訳ございませんが、この辺はあまり掘れていません…。
追加情報や修正あれば是非教えてください!)


一方で、
フィットネススタジオとして85年より開校していたのが現在もストリートシーンで異彩を放つ『STUDIO ZOO』であり、(あのZOOより先に名前つけていたんですね!)
80年代後半には名古屋TAP界の第一人者”市川ミサオ“(現『Studio R3』代表),
そして、前述のJUNKO SENSEIやATSUKOなどがインストラクターをしていたそうです。

クラブとクラブディスコ

そんな80年代後半。
時代はバブル景気真っ盛り!
夜の街がかなり賑わっていたのは名古屋も変わらないことでしょう!
この時代に差し掛かると、徐々にディスコが衰退し、クラブの台頭が見られ始めました。
移行期には、”ディスコ“と”クラブディスコ“に分かれていったそうです。

ディスコは風営法通り夜12〜1時には営業終了する形態に対して、
クラブディスコは、風営法を申請せずに小規模で営業する店で、朝まで営業していたそうです。
それぞれハコ毎にカラーがあったため、
ダンサーにも棲み分けがあったみたいです。

だから、
「いつもあっち系のディスコで踊ってるあのダンサーが、今日はこっちに攻め込んできたぞ〜!」
みたいな縄張りを超えた襲撃事件もちょこちょこあったそうです笑


そして、88年には音楽的にも”New Jack Swing“が大流行し、“ランニングマン”や“ロジャーラビット”、“ロボコップ”など新しいステップが次々と生まれていきます。

NEW  SKOOLへの架け橋ダンサー

そんな80年代後半から、最新の情報をキャッチし、
その後のNEW SKOOLシーンへの架け橋となる活躍を見せ始めたダンサーが、
・”倉田サム”(以下, SAMU)(現、『ダンスダイナマイト』代表)
・”ROCK”(現、『Dance & Bodywork Studio KBS』代表)
・”KING BOO”(現、『Marble studio』代表)
・”KATSU”(のちの『BEEPER』『DEGIL FIRE』『MASH BRUSH』)
・”KITOH”(現、『FORCE DANCE STUDIO』代表)
そして、
・『WILD STYLE』の5人
 —”TAKE“, ”YUKOP“, ”OZEHAN“, ”SANO“, ”YOCHAN
などなど。(順不同)
(※あくまで僕調べです。)


SAMUは、三重県四日市出身。
同じ三重の先輩”ねもっちゃん”によりダンスにどっぷりハマり、
学生時代は三重から名古屋に通いながらディスコでダンスを学ぶ日々を過ごし、
80年代後半の2〜3年はNYへと活動の場を移していたそうです。

画像1

▲NY時代のSAMU


そのSAMUとのちに相方となるのがROCKであり、
当初は前述の『CENTER JAPAN ALL STAR BREAKERS』としても活動しており、
その強靭な肉体から生み出されるキレのあるダンスと、昔ながらの漢気と色気あるキャラクターで存在感を放っていたそうです。


そして、
KING BOOは『摩訶不思議』という歌って踊れるユニットで89年にメジャーデビューを果たしています!(〜92年解散)
アクロバット(写真はヘリコプター!)などもガンガンこなすなど当時から洗練されたパフォーマンスだったそうです。

画像2

画像3

▲摩訶不思議(左から2番目がKING BOO)※写真は1990年


KATSUは、ブレイクダンスで受けたHIPHOPへの衝撃そのままにディスコ時代からロボットダンスなどを踊り続けていた今でいうクラバー。
そして、New Jack Swingにイチ早く反応し体現した名古屋ダンサーの1人なのではないかと思っています。

画像4

▲KATSU(※高校生時代)


KITOHは高校卒業後、東京の専門学校に進学し、そこで当時の最新のダンスを東京で吸収しつつ、89年にはディスコ『1968夢幻』で行われた「ソロダンスコンテスト」で優勝しており、
その後地元名古屋に戻ってから、得意のMJスタイルに磨きをかけていた存在。

画像5

▲KITOH(写真真ん中)※写真は92年時


そして、WILD STYLEは90年以降にも名古屋を代表するチームで全国的に活躍していました。(詳細は次回以降に記します!)
とにかく、名古屋のHIPHOP黎明期に燦然と輝くレジェンドチーム!!


当時はHIPHOPの4エレメンツの1つであるbboyingが80年代前半に国内で流行した後で、
ストリートダンス自体が下火になっていた時代であったと言われており、
立ち踊りとしての“HIPHOP DANCE“という単語さえ生まれておらず、
前述したNYからの“New Jack Swing“が入ってきたり、LAからの”ホーシング”が持ち込まれたりした時代ですが、それらは当時は”NEW DANCE“という括りだったとのことです。


結局、OLD SKOOLとかNEW SKOOL、あとは日本独特らしいですがMIDDLE SKOOLなんて括りはすべて後付けってことですよね。


そんな数少ない情報が更新されていく中で、
“ダンス“と“BLACK MUSIC“の両キーワードに引っかかった人たちが人知れず新たな感覚を掴み、新たな動きを見せていた時代なのかもしれません。

そんな中迎えた1990年…
のちにNEW SKOOLと呼ばれるシーンにとっての転換期と言われる年です。
名古屋にとっても、NEW SKOOLとして大きな大きな転換期を迎えます。


というわけで、
前置きが長くなりました!笑
次回からは本題突入!
1年ずつ経年でまとめていきたいと思います!


【まとめ】

90年代へと続く80年代後半は、
70年代後半のディスコブーム、83年のHIPHOP伝来を経て、
ディスコからクラブへの移行期となった時代であり、
その中で新しい感覚を掴んでいったダンサーが現れた年だった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いします! いただいたお金はすべて名古屋ダンスシーンの為(主に若手イベントサポート)に使います。 よろしくお願いします。

ありがとうございます😊
13
streetdancer [TEAM]daft [CREW]INDIAN CREW/ Contrology circle/ 名古屋ソウルフード隊 [URL]http://uc.bdance.jp

この記事が入っているマガジン

名古屋STREETDANCE HISTORY
名古屋STREETDANCE HISTORY
  • 6本

名古屋のストリートダンスの歴史を掘り起こし、まとめてみました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。