「フルリモート入社って実際どう?」山形在住のエンジニアに聞いてみた。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「フルリモート入社って実際どう?」山形在住のエンジニアに聞いてみた。

こんにちは、広報の浜辺です。
今回は社員インタビュー第2弾です。(第1弾は下記)


第2弾に登場してくれたのは、開発グループ・テクニカルサポートエンジニアの池原さん。池原さんは、ユビレジがリモートワーク導入後に入社した社員で、面接から入社手続き、そして新入社員研修まですべてフルリモートで行なったメンバーです。そしてなんと、現在山形在住!?それでは、以下インタビューのまとめをご覧ください。

リモート経験ほぼゼロで、フルリモートのユビレジに入社

ユビレジに入社したのは今年(2021年)の3月末で、それまでリモートワークの経験はほとんどありませんでした。ただ、昨今のコロナ禍の影響もあり、転職活動中はできればリモート勤務可の会社を探していました。というのも、小さな子供がいるのに加え第2子の出産(無事2021年5月に誕生🎉)も控えており、満員電車に乗るなどコロナ感染リスクが高そうな行動は、できれば避けたいと思っていたからです。

もちろん、サービスや仕事内容に魅力を感じたのが1番ですが、働き方が柔軟で社員想いだった事もユビレジに入社する決め手となりました。実は転職活動をしていく中で、“リモート勤務推奨”とPRしていても実情は出社している社員が多いとか、入社●ヶ月は出社が必要とか、そういった企業が比較的多かったのです。そんな中ユビレジは、数回あった面接も最終の社長面接も全てオンラインで、出社を要請される事は一切なかったので、「ああ、募集要項にあったフルリモートって本当なんだな」って思いました。

ユビレジがリモートワークだったおかげで、内定後に里帰り出産をする妻の実家(山形)に同行し、今は自然豊かな山形で働いています。色々落ち着けば家族で東京に戻る予定ですが、もしリモートワークではない会社に転職していれば、山形には行けず東京の家に1人残り働き、第2子にもすぐには会う事ができなかったと想像すると寂しすぎます。写真は、山形の奥様のご実家で用意してもらった仕事場。この机、懐かしい!!

IMG_0265のコピー


入社手続きもオリエンテーションも、全てオンライン

内定を頂き、手続きとか諸々どうやるんだろう?と一瞬不安でしたが、私の前にもフルリモートで入社したメンバーが何人もいたので、パソコンの手配や契約書類など諸々、とてもスムーズに準備してもらいました。

入社後すぐ、会社のカルチャーや自社サービスを学ぶオリエンテーションがあるのですが、それも全てオンラインで、私含めた同期入社3名で一緒に受けました。同期とはいえ、はじめての顔合わせがオンライン上なので最初は若干探り探り(笑)でのスタートでしたが、そこは研修をしてくれた先輩社員が上手く和ごましてくれたり、自然とコミュニケーションは取れました。

困った事があったら、とりあえずSlackの“入社組チャンネル”で呟く

実際に実務が始まると、ユビレジはslackでのコミュニケーションがメインになります。面接もオンラインでしたし、社員の誰ともリアルで会っていないので、入社後のコミュニケーションには正直不安もありましたが、開発グループ専用の“入社組チャンネル”の存在のおかげで、予想よりもスムーズに馴染む事ができました。

図2

この“入社組チャンネル”は開発グループのメンバー全員が参加し、小さな疑問や質問なんでも、とりあえずココに呟いたらOK・あとは分かる人が回答しますよ、というチャンネルです。入社早々だと誰が何をしているのかも把握できてなくて、コレ誰に聞けば良いの?って状態があると思うのですが、誰宛とかではなく「とりあえず、いま、わたし困ってます」と気軽にヘルプが出せる場所があったのは、とても心強かったです。


適度な運動が大事だって事を、改めて実感

1つだけ、フルリモートでのデメリットがあるとするなら、運動不足になるという事。前職のようにオフィスに通勤していた時は、最低限の運動というか、毎日必ず数十分は歩いていましたが、今は意識しないとずっとデスクに座ったままで、気づいたら今日数歩しか歩かない、って事もしばしば。
事実、ユビレジ転職直後「どうも体調がすぐれないな?」と感じる日が続いたので、意識してマッサージや散歩など身体を動かす時間をつくると、体調が改善したという経験があります。
今はマッサージや散歩に加えヨガも取り入れ、体調は良好です。体を動かすことって本当に大事なんだなって、リモート勤務が改めて気づかせてくれました。お家の周辺はこんな↓大自然だそう。

画像2


家族との時間が増えて、心がとっても健康に

いまユビレジに入社して5ヶ月経過しましたが、前職と比べて家族で過ごす時間が格段に増えたので、本当にフルリモートの会社に転職できて良かったと思っています。通勤がなくなった事でその時間を子育てや家事に充てられますし、夕飯も毎日家族と一緒に食べています。

加えて、コアタイムのないフレックスタイム制を導入しているのも、子育てをしている自分にとってはとてもありがたい制度です。例えば子供が熱を出した時、数時間休憩をもらってすぐに病院へ連れて行く事もできます。
以前だと突発的に子供を病院に連れていかなければならない場合は、後日有給を申請したり欠勤扱いになってしまいましたが、柔軟な働き方ができることでこれまで以上に余裕をもった子育てができ、家族の時間も増えて幸せだな〜と日々感じています。

画像1


以上、テクニカルサポートエンジニア池原さんのインタビューまとめでした。素敵な家族写真にほっこりしますね😌  それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました!


ユビレジでは、一緒に働く仲間を募集しています。サービス産業から世の中を元気に・活性化してくいく事に興味のある方、ご応募お待ちしています!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
https://ubiregi.jp 【カンタンがいちばん】ユビレジはiPadを使った店舗の売上向上を実現するPOSレジシステムを30,000店舗以上に提供しています。顧客管理機能、ハンディ連携、在庫管理連携の導入事例、活用事例が多数あります。