見出し画像

ubisum REVIEW TOUR in Korea !!

ubisum REVIEW TOUR とは、ubisum運営チームが審査員の地元を巡るミートアップ・プロジェクト。第一回目となる今回は、韓国ソウルへ訪れ、ubisum Mentor(以下、メンター)に就任いただいた方や、地元のクリエイターの方々と交流しました。

韓国代表審査員は、ubiesの盟友 Woochi Jeon

ubisum by ubies における韓国代表審査員であり、ubiesの盟友とも言える Woochi Jeon(チョン・ウチ)氏。
彼が創設し編集長を務める「ELOQUENCE」がプロデュースする「CITY CAMERA」にて、第1回目の ubisum REVIEW TOUR を開催しました。

画像2

CITY CAMERA は、ソウルの梨泰院(イテウォン)にあり、フィルムカメラ、写真集のショップ、プライベート暗室、ギャラリーが一体化したカルチャースペースです。目の前には同じく ELOQUENCE が手がけるアナログレコードショップ&カフェの「Mmm Records」があり、感度の高いソウルの若者たちが足を運ぶエリアとなっています。

当日は、改めて今回の大会主旨や、クリエイターにどのようなサポート及びメンタリングをしていただきたいのか、また他エリアのメンターの紹介など、ubisumのプレゼンテーションを行いました。

「クリエイターを指名しサポートすることは重責だけど、新しい才能と出会えることが楽しみだし、一般の方がレビューを書いて投票するシステムが新しく面白い」

という旨のコメントを韓国のメンター陣からいただき、また、他エリアのメンターのラインナップも刺激的だ!と大いに盛り上がりました。

画像1

国を超えてメンターやクリエイターが出会い、共創が多発していくことはubisumの大きな目的の1つですが、きっとそうなっていくと確信を得る機会でもありました。

今回の訪問は応募開始前ということもあり、クリエイターの方々に集まっていただく機会はありませんでしたが、これから他のエリアでは、メンターとクリエイターが実際に出会う作品レビューのイベントも実施していきます。

詳細は随時発表していきますので、お楽しみに!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

😍
3
🌏 越境と共創を生むアジア発のクリエイタープラットフォーム 🌏
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。