見出し画像

TWSNMP連携iOSアプリの使い方

TWSNMPと連携するiOSアプリの使い方です。とは言ってもインストールすれば簡単に使えると思います。

インストール

iPhone,iPadからAppストアにアクセスしてTWSNMPで検索します。

見つかったらアプリをインストールするだけです。

TWSNMP側の設定

TWSNMPの拡張設定でWebサーバーを有効にします。

画像1

ポート番号とアクセスした時の認証のためのユーザーIDとパスワードを設定します。

TWSNMPの登録

最初にアプリを起動すると何も登録されていない状態です。右上の+ボタンをタップしてTWSNMPを登録します。

画像2

登録する画面が表示されます。

画像3

名前:
登録するTWSNMPの名前を入力します。好きな名前でよいです。
URL:
アクセスするTWSNMPのURLを指定します。ポート番号は拡張設定で指定した値です。例えば
https://192.168.1.250:8192
ユーザーID:
拡張設定で指定したユーザーIDを入力します。
パスワード:
拡張設定で指定したパスワードを指定します。

設定したら<保存>ボタンをタップします。

TWSNMP一覧

TWSNMPを登録したら一覧が表示されます。

画像4

編集( Edit)ボタンをタップするか、スワイプすると削除ができます。項目を長押しすると編集ボタンが表示され、登録内容の編集ができます。

画像5

一番左のアイコンはTWSNNMPのマップの状態が変化した時にこのアイコンになります。確認したらタップするとチェックマークに変わります。二番目のアイコンはTWSNMPのマップ状態です。
TWSNMPの項目の右側の>をタップすると詳細画面を表示します。

TWSNMP詳細画面

詳細画面には

画像6

のように名前、URL、データベースのサイズ、MAP状態、各状態別のノード数が表示されます。TWSNMP本体のステータスバーに表示される内容を含んでいます。

画像7

障害ノードの確認

重度から復帰までの状態の項目をタップすれば、該当する状態のノードを確認することができます。

画像8

まとめ動画


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
有難き幸せ!
4
私は、TWSNMP Managerの開発者です。 20年以上前に作ったソフトを、今も多くの人に使っていただけて、幸せに思っています。 最近、新しい技術でTWSNMP Managerの復刻版の開発を行っています。 開発日誌やマニュアルをnoteに書いています。