0.アイキャッチ

デジタル工作機械が使える「ファブラボ山口」で、レーザーカッター講習会に参加しました

こんにちは。ヤモリーズ4期生の大賀です。

今回は「ファブラボ山口」というところで、レーザーカッターの講習を受けてきたことについて書きます。

なんでそんなとこ行ったのか?

以前から3Dプリンタに少し興味があって、最近『門田先生の3Dプリンタ入門』という本を読んだところ「ファブラボ」という存在を知りました。

ファブラボはとっても簡単にいうと「デジタル工作機械(3Dプリンタなど)が使える、一般に開かれた工房」です。個々の運営主体は会社やNPO、個人などいろいろですが、そのネットワークは世界規模。

近くにないかネットで調べてみると、津和野町から1時間ほどの山口市に「ファブラボ山口」があることが判明。

ホームページに掲載されていた、レーザーカッターで作成されたブナとカエデのステキな名刺に目を奪われ、「こんなの作ってみたい」と実に短絡的な感じでレーザーカッター講習会に参加することにしました。

ファブラボ山口:山口県山口市米屋町2−4(山口駅から徒歩10分)

パッと見「・・・ここ?」という感じでしたが、シャッターのわきにきちんとファブラボの立て看板がありました(もとは薬屋さんだった場所みたいです)。

ちなみに講習会は、
・講習代:2,000円
・持参物:ノートパソコン(事前に「インクスケープ」というフリーソフトをインストール)
・10時〜12時までの2時間
・僕以外に4名の方といっしょに受講

という感じ。少人数なので気軽に質問できて、講師の方の説明も丁寧でわかりやすく、単純に楽しかったです。

やったことは大まかに2つ。

1. レーザーカッターでスタンプを作ってみる

まずはじめに、用意されている「スタンプ」のデータを流用して、実際にレーザーカッターでカットするところまでを習いました。

レーザーカッター。中に素材を入れて、レーザーでカットしていきます。今回は松の6mm板で作りました。

作る工程としては
・素材をセット
・レーザーの位置を調整
・隣にあるパソコンで印刷を実行
・レーザーでカット
・換気が終わってから取り出す

流れ自体は簡単なので、すぐ覚えられると思います。プリンターに用紙をセットして印刷するのとそんなに変わりません。

↑スタンプデータの出力後。3つのパーツをカットしました。3分もかかってないと思います。

↑ボンドでくっつけてスタンプ完成。

↑「津和野ヤモリーズ」という文字が、反転して浮き上がっています。

今回は木材をカットしましたが、ほかにもアクリルゴムガラスなんかが加工できるみたいです。

↑レーザーの【スピード】×【パワー】の結果一覧表(左からエゾ松、アクリル、漆)。素材によってパラメータを調整するのがちょっと難しそう、という印象でした。

2. インクスケープを使って、カットするデータの作成

次に、出力するデータの作成方法を習いました。

使用するソフトは「インクスケープ」。詳しくないのですが、「イラストレーター」のような画像編集ソフトだと思います。

さきほど作ったスタンプの印字面を、自分でデザインしていきます。

だいたい以下の内容を編集しました。

・スタンプのサイズ
・カットする線(ストローク:赤色)
・削られる面(フィル:黒色)
・残す部分(白色)

...と、講習会はここまでで終了。はれてレーザーカッターの免許皆伝です。

↑レーザーカッター講習の修了証(ほかの○は別の機械)

講習会を受ければ、習った工作機械を自分で使えるようになります。なので素材とデータさえ持ち込めば、作りたいものが作れます。

↑レーザーカッターの作品たち。

ほかの工作機械も面白そう

もちろんレーザーカッター以外にも、デジタル工作機械があります。

3Dプリンタ:溶かした樹脂を積み上げて立体物を作成。ソフトクリームメーカーのすごいやつだと思います。

↑3Dプリンタで作られたそうです。

CNCミリングマシン:3Dプリンタとは逆に、上から削っていくマシン。

↑ミリングマシンで作られた、木の富士山。

デジタル刺繍ミシン

ほかにも、データ通りに紙をカットする「ペーパーカッター」があります。

インターネット的で面白い

ファブラボでのものづくりは、基本的に個人の探求です。

けれど個人で思考錯誤しながらも、そのノウハウを積極的にシェアする仕組みがあります(ファブラボFacebookグループへの投稿、紙媒体への記録、個人SNSへの投稿OK、など)。

その思想が、インターネット的でとても面白いと感じました。『門田先生の3Dプリンタ入門』に同じことが書いてあります。

”DIYは「自分でできることは自分でやろう」という理念のもと、自身で何かを作ったり、修理したり、装飾したりする活動のことであるが、DIWO(Do It With Others)という形で、インターネットで個人によるものづくりが世界中とつながることによって、その価値が他者へも影響するのである。(p126)”

僕らが今やっている林業も、もっともっとインターネットに繋がらないかなーなんて思いました。

・・・

以上、ファブラボ山口の体験記でした。今後は、レーザーカッター × 木材でなにか作ってみます。

少しでも興味がある方は、お近くのファブラボに足を運んでみてはいかがでしょうか?

>>ファブラボ山口


書いた人:大賀


--
*この記事が面白い、役に立ったという方は投げ銭感覚で決済お願いします。集まったお金は重機の修繕や消耗品の購入等に使用します。

この続きをみるには

この続き:0文字

デジタル工作機械が使える「ファブラボ山口」で、レーザーカッター講習会に参加しました

津和野ヤモリーズ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援いただいたお金は、重機の修繕や消耗品の購入等、ヤモリーズの活動のために使わせていただきます!

1
島根県の西端に位置する津和野町で、自伐型林業に取り組む地域おこし協力隊のアカウントです。隊員6人がそれぞれの視点から、自伐型林業のことはもちろん日々の田舎暮らしのことなども含め更新していきます。https://tsuwano-yamories.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。