見出し画像

【公演情報】演技講座二学期 発表公演『桜の園』

年齢・職業・演劇経験の垣根を超えて作品創作に取り組み、本格的な演劇体験ができることに定評のある「弦巻楽団演技講座」。2020年度2学期はアントン・チェーホフの世界的名作「桜の園」に挑みます!

揺るがないと信じていたものが失われていく哀愁と人間の愚かさを滑稽に描いた喜劇。過去や身分に囚われながらも前進しようとする登場人物達の姿は、大きく移り変わろうとしている現代で暮らす私たちに重なります。

中学生から社会人まで、ダブルキャストで堂々上演!

作品について

みんな夢を見ている。

パリで療養生活を送っていたラネーフスカヤ夫人が娘のアーニャに引き連れられ、故郷の桜の園へ帰ってきた。主人の帰郷に家族一同歓喜するも、その土地は借金の担保として競売にかけられる一歩手前だった。
あれこれと策を講じる商人・ロパーヒンの話にも聞く耳を持たず、金を浪費する日々を過ごすラネーフスカヤと兄・ガーエフ。返済の当てがないまま、ついに競売の日を迎え・・・。​

公演概要

​​作  アントン・チェーホフ

演出・演技指導  弦巻啓太

日程 2020年11月18日〜22日
11月18日(水)19:00 🌸桜チーム
11月19日(木)19:00 🌳園チーム
11月21日(土)16:00 🌸桜チーム
11月22日(日)17:00 🌳園チーム
※20日は休演日​
※開演時間。開場は各30分前。
※各回80席限定

出演 2チームによるダブルキャストで上演します。

🌸桜チーム
秋山航也、阿部邦彦、石原愛菜、井上ほのか、井原陽菜、木村愛香音、斉藤法華、高橋友紀子、中川真理子、花岡凪歩、藤谷日菜、細江有美、三上翔平

🌳園チーム
赤川楓、石澤優美子、伊藤優希、岩波岳洋、大川美希、岡崎友美、木村愛香音、佐久間泉真、相馬日奈、藤田恵未、柳田裕美、山下朱音

※出演者は変更になる場合がございます。

会場
サンピアザ劇場
〒004-0052 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-2
TEL / FAX 011-890-2458 (対応時間 平日10:00~17:00)
JR新札幌駅より徒歩3分、地下鉄新さっぽろ駅より徒歩2分

料金
一般 2,000円
学生 1,500円
高校生以下 1,000円

ご予約(当日精算)
https://www.quartet-online.net/ticket/sakuranosono-tsurumaki

チケット事前購入
・エヌチケ(https://www.ticket.ne.jp/nt/)
・ローチケ(Lコード:11490)
・札幌市民交流プラザチケットセンター
・道新プレイガイド

新型コロナウイルスへの対策について

劇場と常に協議し、最新の新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドラインに従った対策を行い、上演します。
ご来場のお客様におかれましても感染防止対策へ向けての対応についてご理解、ご協力頂きますようお願い申し上げます。

スタッフ
照  明:秋野良太(祇王舎)
音響・小道具・美術・衣装・制作:弦巻楽団演技講座受講生
制作協力:ダブルス
主  催:一般社団法人劇団弦巻楽団

お問い合わせ
電話:090-2872-9209
メール:tsurumakigakudan@yahoo.co.jp

スライド1

スライド2

特別企画も実施中!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
これからも応援よろしくお願いします!
1
札幌を拠点に活動する劇団・弦巻楽団です。公演情報のお知らせや稽古・ワークショップの活動の様子、私たちが演劇現場で大切にしていることなどを発信する「楽団日記」などを投稿しています。

こちらでもピックアップされています

演技講座
演技講座
  • 6本

弦巻楽団が2013年から開講している演技講座の情報をアップします。年齢や経験もさまざまな参加者が協働して舞台を作り上げます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。