見出し画像

初期営業シナリオ作成ツールを作ってみました

「事業成長を加速する営業代行」RocketStarterの釣田(@tsurishow)と申します。
初期営業シナリオ作成ツールを作ってみましたのでぜひ参考にしていただければと半年ぶりにnoteを投稿します!^^

読んでいただきたい人

◆ターゲットが定まっていない
◆サービスは完成しているがなかなか顧客に売れない
◆サービスの魅力が伝わらない
◆これから営業をかけていきたいサービスがある

画像9

得られること

✔ 自社理解・市場理解・顧客理解
✔ 上流から下流までの一本の事業軸の理解
✔ サービスの仮説検証
✔ 営業ターゲットの明確化
✔ 顧客目線でのカスタマーサクセスシナリオの明確化

画像8

なぜ営業シナリオ作成ツールを作ったか

ツールといっても大それたものではありませんが、最近よく
「営業の方法がわからない」
「ターゲットがわからない」
「どのように営業トークをするべきかわかならい」
というご相談を多く受けます。
そういう方は、営業以前に、自社や市場、顧客など、上流部分を考えていない方が多く思われます。
営業は、上流のミッションビジョンバリューから、下流の現場のトークやカスタマーサクセス、アフターフォローまで密接に関わっており、ひいては事業開発やKGI・KPI・KAIの指標や採用までリンクしているものだと思います。
ミッションが変わればターゲットが代わり、ターゲットが変われば営業方法が代わり、営業方法が変われば採用基準やKPIまで全て変動します。

上流から考えずにいきなり営業を始めると振り出しに戻ることが多いです。
だからこそ、上流から整理できる、網羅できるツールがあれば多くの企業や人を助けることができると思い、簡易的な営業シナリオ作成ツールを作りました。

画像7

初期営業シナリオ作成ツールはこちら

*スプレッドシートを希望する方はこちら
*スプレッドシートは全員共通のものですので、「ファイル>コピーを作成」で複製して活用下さい。

*エクセルを希望する方はこちら

*ここで一点お断りですが、このツールはあくまで営業シナリオの”最初のたたき台”を作るためのものです。
事業拡大に一番重要なことは、まずこのシナリオをひたすら現場に当ててブラッシュアップすること、言わば事業開発です。顧客の声を聞き、サービスを改善していく。
そのためのプロトタイプと捉えて下さい。

画像6

使い方(大きな流れ)

使い方はいたってシンプルで、シートを上から埋めていくだけです。
埋めていくと、最後に自動で初期営業シナリオが作成されます。

①自社の方針策定
 - ①-1自社理解をしましょう
 - ①-2市場理解をしましょう
②顧客が課題と感じているかを検証
 - 顧客理解をしましょう
③課題を解決するシナリオ(プロトタイプ)の策定
 - 初期営業シナリオ作成 ←今回のnoteはここまで
 - 営業戦略
 - 営業育成
④プロトタイプのブラッシュアップ
 - 効果検証
 - 事業開発

今回のnoteでは初期営業シナリオ作成まで書きます。
もし反応が良ければ「戦略的なアプローチ方法」「効果的な営業リスト作成ステップ」「KGI・KPI・KAIの設定」「採用戦略」など書いていこうと思うので、皆様わたくしにいいねを下さい。w
反応少なくても(涙)、twitterでDMいただければ配布しますのでメッセージくださいませ!

画像5

使い方(詳細)

①自社の方針策定

①-1.自社理解
画像が見えづらいですが、まずは自社の理解をしましょう。
一番上流の部分で、ここが変わると以下全てが変動すると言っても良いほどめちゃくちゃ重要な部分です。
自社のミッションビジョンバリューは、営業活動だけでなく、採用基準や事業開発まで全てに連動します。
自社がどこを目指すか、共通のゴールがないと社員も迷いますよね。結果として顧客からの信用も失います。
意外とここを考えていない企業が多いので、ぜひこの機会に考えて見て下さい。

画像1


①-2.市場理解
ここはよくある「競合比較」です。あくまでここは競合を10社程度並べて、サービス内容や料金、実績、人材、アフターフォロー等、挙げれるだけ項目をあげて比較しましょう。そこで自社の強みと弱みを浮き彫りにして下さい。

画像2


画像4

②顧客が課題と感じているかを検証

顧客理解
ここめちゃくちゃ重要で、すっとばしている企業や営業責任者の方が多いので丁寧に実行してみて下さい。
以下のような考えを持つ方は、概ねこの顧客理解のステップを整理してみてください。

「なかなか顧客に売れない。魅力が伝わらない」
「サービスに魅力を感じない」
「ターゲットが定まっていない」
「なんで売れたかわからない」

画像4

なぜ上記のような考えになるかですが、ペルソナ設定やカスタマージャーニー、そして実際のペルソナへのインタビューを通した現実的顧客の想いを把握していないからです。
人はいつもプラス思考で、机上の空論で考えてしまいます。なのでこの地道な作業や厳しい現実に向かい合おうとしません。
そうなると、「顧客志向を忘れたモノ売り・押し売り」になります。結果としてサービスは売れないというオチが待ってます。

商品の魅力は、会社ではなく顧客から生まれるものです。
顧客へのインタビューをするだけで、想定外の回答や反応が返ってくることがほとんどです。

また、このペルソナ設定やカスタマージャーニー、そしてペルソナインタビューは、営業育成や採用、事業開発の材料として一生活用するものなのでぜひ実践してみて下さい。

画像10

最後に初期営業シナリオ

ここは、ペルソナインタビューを通して浮き彫りになった内容で、カスタマーサクセスシナリオを自動で作成してくれます。
*入力内容によってはわけわからない内容になっているかもすみませんw

画像11

冒頭にも述べましたが、この営業シナリオは”たたき台”なので、このシナリオをPDCAの「P」としてどんどんブラッシュアップしていきます。
ただ、ペルソナインタビューを通して見出したシナリオなので、そこまで大きくずれはないかと思います。

画像12

まとめ

最後までご一読いただきありがとうございます!

できている人からすると当たり前の内容かもですが
・ターゲットが定まっていない方は、営業シナリオ構築の材料として、
・サービス開発中の方は、更なるサービスのブラッシュアップ材料として、
・魅力を感じない・売れない方は、サービスの見直しとして

お役立ちできるかと思い投稿しました。

気に入っていただけましたらこのnoteにスキをいただけますと幸いです👐





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
一緒に営業成果を高めましょう!
65
事業成長を加速する営業代行 RocketStarter http://rocketstarter.co.jp | セールスの頂上決戦 S1グランプリ代表 http://sales-no1gp.com | プライベートで勝手に減量中(74kg→59㎏の世界🏋️)