見出し画像

採用基準の作り方|ツナガルらしさを図る採用基準を作る方法とは?

こんにちは、先日旅行で鹿児島に行ってきました!ツナガル株式会社、人事の山﨑さらです。
道中、鹿児島のいちき串木野市でお昼を食べることになり、そこで初めて知ったのですが、いちき串木野市は遠洋マグロ漁業で栄えた場所だそうです。瞬間冷凍されて運ばれたマグロは、めちゃくちゃおいしかったです!なかなかその土地に訪れないとわからないことや、自分の中での新しい発見を与えてくれるのは「旅」「旅行」の醍醐味だなぁと改めて実感した出来事でした。


ツナガルのメンバーはこういった旅行や旅を通して新しいヒトやモノ、コトとの出会いが好きなメンバーが多いのかなと思います。今日は、そんな「ツナガルっぽさ」を面接を通してどのように判断しているのか、まだまだ試作段階ではありますが、面接時の評価基準の作成についてをご紹介していきます!


採用基準をつくるきっかけ

まず最初に、なぜこのタイミングで採用基準を作る動きを始めたのかについて。ツナガルでは、事業拡大と共に組織としても強化する必要が出てきました。それに伴い最近では様々なポジションでの人材が必要になってきました。

そんな中、新たに2つの課題が上がってきました。
職種は異なるけれどスキル以外の部分、ツナガルっぽさ(カルチャーマッチ)をどう図るか、という課題。また、様々な事業部で採用が活発になったことにより面接に入る現場メンバーも増え、それにより今まで曖昧になっていた採用基準の標準化への課題。

1つ目の課題:カルチャーマッチをどう図るか

最初に「ツナガルらしい人」とはどんな人なのかを分析することにしました。
分析をするうえで多角的に考える為に以下のような質問を事業部長に投げかけ、その回答を集計しました。

・今のメンバーってどんな人が多い?
・今後増えたらもっとツナガルが面白くなりそうな人ってどんな人?
・ほしいヒューマンスキルやビジネススキル
・こんな人は嫌だ。から探る必要とする人物像
…などなど
今はこんな人が多いね、こういう人がいたらもっと楽しくなりそう!など自由に意見をだしてもらったら、それをカテゴリーに分けていきます。このカテゴリー分けは人力でも良いですが、ChatGPTを使ったほうがより正確なカテゴリー分けができ、時短にもなるのでお勧めです!

ChatGPTとの会話(一部)

ツナガルの場合、カテゴリー分けしたときに「コミュニケーション能力」「キャラクターやリーダー性」「チームワーク力」などのカテゴリーにわけることができました。
(その他もありますがここでは割愛させてください!)

面接評価シート一部(各面接フェーズに合わせてチェックポイントを変えています)

これらのカテゴリーはツナガルが必要としている「ツナガルっぽい人」に備わっていてほしいものだと仮定できます。そして、各カテゴリーに対してツナガルが評価したいポイントが探れるような質問例をChatGPTを使って事前にまとめておきます。(上記面接評価シートの右側にある質問例)

例)チームワーク力の協調性を図る場合の質問例
協力的なチーム環境を導くうえで一番重要だと思う行動や態度は何だと思いますか?
※この回答がどういった回答だとツナガルらしいのかなどを図ります

このような施策でツナガルが求める人物像を言語化しツナガルらしい人、カルチャーマッチ度を見ることができるのではないかと考えています。

しかし、この面接評価シートに関しては実際利用して1年ほど立ちますが、なかなか一筋縄では行かず点数をつけるのが難しい項目や人によって点数の重さが違ったりするので引き続き挑戦は続いています(笑)

2つ目の課題:メンバー面接時、採用基準の標準化

これまでツナガルでは面接トレーニングのようなものは一切なく、とりあえず上長と面接に入って実践で習得する!という感じで面接に挑んでいました。(中小企業あるある?)

今後はきちんとチームとして、また会社として面接の評価を標準化させる為に面接の流れや、質問例、面接での会社の魅力付け、面接時の注意事項や履歴書を見るポイントなどをまとめた面接官テキストを作成しました。このテキスト内には役員の面接を録画したものを見れるようになっています!

面接官テキストの目次

また、そのテキストの内容がきちんと頭に入っているか確認する為の面接官テストも作成しています。
現状は、こういった面接官テキストやテストを現場メンバーに共有済みではあるもののまだ各自見てくださいね。という段階です。

これからの動き

これからは、これらの面接官テキストやテストを使って人事主催の面接官セミナーなるものを社内で実施していき、会社全体の面接力の底上げに役立てていきたいと考えています!
また、その他にも新しい面接官スキルの向上施策があれば随時取り入れていきたいと考えています。
こんな風になんでもスピード感をもってやってみるところはツナガルらしさの一つなのかもしれません!


ツナガルでは引き続き様々なポジションで採用を行っております!
ご興味のある方は是非募集求人をご確認ください。

▼中途採用

▼新卒採用


この記事が参加している募集

人事の仕事

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?