見出し画像

中野谷つばめってこういう人~公式サイトには書いていない自己紹介~

はじめまして、こんにちは。
ライターの中野谷つばめです。
好きなものは、本と文具とファミレスと文章です。
公式サイト

公式サイトに、プロフィール書いてます。こちら
ここでは、公式サイトでは書いていないわたしを紹介します。


目次

小説と詩を書いていた中学生・高校生
書かない数年書きたくなって再開
文章を書いて稼ぐと決める、が
気づきの50代に
現在の仕事について



小説と詩を書いていた中学生・高校生

中学生から、小説や詩や歌詞を書き始めました。
ひとりでこっそり書いていたので、友人にも家族にも見せたことはありませんでした。
自己満足のひとりの世界。

高校生になって、文芸部に入りました。
当時まだコピーは高額で、ガリ版(手書きの文字を印刷)で部誌を作って各クラスに配ったり、文化祭で展示をしました。

小説を書いてました。
ただ、自分の書きたいものを書いてました。


書かない数年書きたくなって再開

その後、仕事するようになると小説も何もぱったりしなくなりました。
仕事関係の資料は読みますが、趣味の読書も流行の音楽もなしという生活でした。

数年たって、時間に余裕ができるとまた書きたくなりました。
小説を書き、詩を書き、脚本を書きました。

小説は、賞にも応募しましたが結果を残すことはできませんでした。
「読者」という存在を意識していなかったからだと思います。

文章を書いて稼ぐと決める、が

文章を書いてきちんと稼ぎ、経済的に自立したいと思うようになって、仕事を探しました。
が。

仕事で稼ぐ前に借金を背負ってしまったり、激安案件に手を出して苦労したりと、目標の経済的自立は遠いです。

考えているつもりなのに、成果が出ません。
きちんと書いているつもりなのに、評価されません。

構想はできるのに、あと一歩。
今日の自分を超える勇気が、足りませんでした。


気づきの50代に

「中野谷つばめ」という筆名に変えてから1年と5カ月が過ぎました。
まだまだ伸びしろあります。
50代になってから、筆名を変えてから、気づきが多くなりました。

50代になると、人様の視線は気になりません。
自分の好きな事やりたいことに、気持ちが向いてます。
年齢や性別に関係なく、尊敬できる人や仲よくする人が増えました。
なんかちょっと違うなあっていう人とは、自然に淘汰されるようになりました。
人間関係は、とても快適です。

文章を書くことについては、ずいぶん本を読みました。
WEBライティングの能力検定のために、勉強もしました。
ほんとうに自分の血肉となるには、下手でもなんでも書いてみるしかありません。
さらに、書いた文章は誰かに読んでもらう、自分の公式サイトにアップして反応をみます。

書いていると、自分の文章のヘンなクセを見つけました。
直せば違和感ないわかりやすい文章になりました。

現在の仕事について

現在、文章を書く仕事をしています。

ブックライティングも現在進行中です。時間をかけて完成させます。

小説も書いて、また賞に応募します。


公式サイトでは、日々記事更新。
@ファミレスで文章を書く人 で、ファミレスから人間観察をツイート。
FBあります。

画像1

2020年4月2日・著








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よかったらシェアお願いします。
5
なかのやつばめ  感想が得意なライター|文筆家 https://twitter.com/tsubamenakanoya 公式サイト 本と文具とファミレスと文章と http://tsubamen-bungaku.com/ 本・ノート手作り・手帳カスタマイズ・小説執筆 が、大好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。