見出し画像

ビジネスにおいて “いい人” “都合のいい人” “どうでもいい人”

崇拝人物の一人である落合博満氏の言葉

「良い時も、悪い時も、同じ態度で接してくれた人だけ信じられる。そういう人と一生付き合っていきたい。」

自他ともに認める“変人”で“人間性に問題がある”私は、当然の如く”親友“と呼べる人はいない。

ずっと親密な関係を保つよりも、時々話ができるような適度な距離感の友達のほうが、“気楽”と考えてることと、そもそも“一人”でいることが大好きだからだろう。
(これは“人間性に問題がある”私の“言い訳”にすぎないが、、、(笑))

画像1

産まれてから死ぬまでの人生の中で、年齢や様々なシーンにおいて『周囲の人』は変化していく。

暦に区切りがあるように、人生にも節目が存在する。“出会い”があれば“別れ”がある。

どちらか一方が続くことはありえない。

私の会社員時代は“転勤族”で、4~5年程度のサイクルで勤務地が変わり、単身赴任生活も長く、他社出向もあったので職場環境も変わるという生活だった。

多くの会社関係者との“出会い”と“別れ”を繰り返してきたはずだ。

しかし、フリーランスとなった今、振り返ってみたら、長年働いた会社の人(先輩・後輩)との付き合いは皆無だ。

冷静に考えたら、自分が求める相手ではなかったのだろうし、相手にとっても、私との付き合いは“良いもの”を生み出さなかったのだろう。

画像2

ところで、人は、より多くの他人から好かれたいのだろうか?

”一緒にいて嬉しくもない人”にまで好かれようとするから、本当に必要なことが見えなったり、言えなくなったりするのだろう。

そんな関係では、ビジネスではデメリットの方が大きいとしか思えない。

「『上司の言うことは理不尽で間違っている!』 けど言えない。下手なことを言うと、上司から嫌われて職を失ってしまうから。」

「本音を言うと人間関係が悪なるので言わない。」

また、

「議論は一致しなければならない」
「意見が一致しない」=「相手のことを嫌い」

という雰囲気での会議は“何の生産性もない無駄な時間”でしかない。

これでは、単なる“仲良しクラブごっこ”で、全く生産的でない。

人の“好き嫌い”というものは絶対にある。

しかし、その“好き嫌い”だけが判断基準では、ビジネス上の関係性は保てない。

「価値観や意見が違う」ことがわかることが大切で、対話や議論で【 お互いにわかり合えていないことを認める 】ことから始めなければならないはずだ。


周囲の「空気」や「同調圧力」など気にして“遠慮”や“忖度”するという状態は“最悪”だ。

「同調圧力」をかけてくる奴らは気持ち悪いけれど、それを気にして同調する奴らがもっと気持ちが悪い。


本当に言いたいことがあれば、言えばいいと私は思う。

本音を言うと「人間関係が悪くなる」と思っている人もいるかもしれないが、表現しない限り、人の本当の想いなんて絶対にわからない。

本音を言うことで、相手の考えがわかるもの。

ただ、“言い方”や“伝え方”や“表現方法”に注意が必要だ。

【自分の提案を通すスキル】は日々磨かなければならない。

画像3

困難な情勢になってはじめて誰が敵か、 誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるもの。

人と接することが激減した“コロナ禍”は、自分を見つめ直す機会でもあり、人付き合いの断捨離の機会にもなる“いい機会”と捉えるべき。


誰かがあなたについてどう思おうが、それは自分の問題ではなく、相手の問題。

他人が誰のことを嫌いであろうと、それは貴方の仕事にはかかわりのないこと。

ビジネスにおいて

“都合の良い人” は要注意。

“どうでもいい人”との付き合いは“時間の無駄”。

“いい人”は、“他人の気持ちがわかる人”?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thanks!
7
DJ GAVI のTaking live!  クライシスマネジメントが得意なマーケター 【ホームページ】 https://www.tsb-project.com/ 【DJ GAVI】 https://www.tsb-project.com/next-talking-live

こちらでもピックアップされています

DJ GAVI Talking live
DJ GAVI Talking live
  • 93本

DJ GAVIのボヤキ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。