見出し画像

【責任の所在】が“曖昧”なことにより、いざというときに大きな問題が降りかかる

組織でしっかりと役割を果たすために【責任の所在】は、明確にしておく必要がある。

特に危機管理の徹底において【責任の所在】の明確化は、非常に重要なことだ。

大きな組織になればなるほど【責任の所在】はどんどん“曖昧”になっている。

組織の中で大体は決まっているが、“曖昧”なまま放置しているところも多い。

【責任の所在】を問う議論は、“何か問題が起きたとき”に必ず起こる。

しかし【責任の所在】というのは、【責任追及】のために使われるのではなく、“仕事の領分の明確化”で、責任と裁量は常に表裏一体の関係あることである。

何か問題が起きたときに、“原因の究明”、“再発防止”が重要なのであって、『誰が“責任”を取るか?』といった“犯人探し”ではない。

スクリーンショット (2297)

昨日(8月9日)“長崎平和記念式典”をYouTubeのライブ配信で観た際に愕然とした。


右のチャット欄では、“誹謗中傷” “ヘイトスピーチ” 読むに堪えない、恐ろしい“コメント”が飛び交っているのだ。

【言論の自由】なのだろうが、この無法地帯の“野放し状態”は “恐怖の世界”そのものだ。

本名?ネットネーム?団体名?様々であるが、簡単に発信元は発見できるだろう。

恐ろしいコメントが続くと、

「●●●●(発信名)を通報しました」

という通報者が現れる。

また新しい“恐ろしいコメント”発信者が現れ、その通報者が現れる。

その繰り返しだ。


厳かな気持ちで“式典”を観たかったので、すぐにフルスクリーンに切り変えた。

スクリーンショット (2299)

ネットの世界における個人の“見解” “コメント” “誹謗中傷”の投稿の【責任の所在】は、あくまでも、その当事者である個人だ。


誰かに“誹謗中傷”を行う人が、逆に“誹謗中傷”される立場になった場合に、

「今のご気分は?どうですか?」

と聞かれたら、どんな反応をするのだろうか?

「うるせえ!ボケ!黙っとけ!お前に関係ないわ!」

という反応するのだろうか?

その時には、誰かに助けを求めるのではないだろうか?

画像3

『正直者が馬鹿を見る』だけとの主張で営業を続ける“感染対策も施していない”夜の街関連の店。

そんな店に行くお客と、その店を取材するジャーナリスト。

その店の取材を放映するマスメディア。

『自粛警察が“悪意”でしかない似非“善意”行為』でイジメ活動を行う一般人と団体。


強制力や罰則のない世界で、

地位やポジションが高い人が「行かないで!」と要請したところで、

【責任の所在】を「行くも行かないも“各自の責任”」

としているのだから、統制するのは無理だろう。



組織内であろうと、コミュニティ内であろうが、一般社会であろうが、究極のところ、個人が育つかどうかは本人の心掛けと取り組み次第。


どれだけ本人の成長にとって素晴らしい環境にあろうと、本人にその気がなければ成長することはない



各組織、コミュニティ、各層のリーダーやインフルエンサーは、各フォロワーの“憧れ”であり“見本”となる“真の大人”として、正しい道に導いて欲しい。

自戒の念を込めて!


< JFKの大統領就任演説 >

In your hands, my fellow citizens, more than mine, will rest the final success or failure of our course.

国民の皆さん、私たちの行く道が最終的に成功を収めるか失敗に終わるかは、私以上に皆さんの手にかかっています。

Ask not what your country can do for you; ask what you can do for your country.

国が自分のために何かしてくれるのではなく、自分が国家のために何ができるのかを問うてください。


< Bob Marley の名言 >

Before you point your fingers, make sure your hands are clean.

指をさして人を非難する前に、君のその手がよごれていないか確かめてくれ。

Judge not, before you judge yourself. Judge not, if you’re not ready for judgment.

批判するな。自分自身を批判する前に。 批判するな。 批判する覚悟がないのなら。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thanks!
17
DJ GAVI のTaking live!  クライシスマネジメントが得意なマーケター 【ホームページ】 https://www.tsb-project.com/ 【DJ GAVI】 https://www.tsb-project.com/next-talking-live