見出し画像

5-7.トリプルタンギング、ダブルタンギング 1

テクニック本インデックスバナー

画像2

画像3

トランペットにおいてタンギングとは「舌による空気の流れのcloseとopen」と定義しています。もしも舌が空気の流れをせき止めるcloseをしなければ、スラーの表現しかできなくなります。そこで音と音の間に区切りを入れて表現するタンギングが必要になり、これによって演奏の表現が広がります。

トリプル、ダブルタンギングの概要

タンギングは同じ方法を何度も繰り返すことが基本で、これを「シングルタンギング」と呼びます。しかし、舌の運動能力には当然限界があり、速いテンポの作品、音価の細かなリズムの連続を演奏で要求された場合、シングルタンギングだけでは表現が難しい場合があります。そのために手に入れたいタンギングスキルが今回の「トリプルタンギング」と「ダブルタンギング」なのです。

[トリプルタンギング]
「TTK」の発音で行う連続する3回のタンギングを「トリプルタンギング」と呼びます。

画像4

画像5

当然三連符や6/8拍子のリズムで演奏する際に用いることが多くなります。
また、トリプルタンギングを「TKT」の連続や、6連符の場合「TKT-KTK」と後述のダブルタンギングと同じ方法で演奏している方が少数ですがいらっしゃいます。私はその方法で演奏することは例外を除き基本行いません。今回の解説は元々「アーバン金管教本」に則って身につけたスキルで、今回も私の行っている多数派の「TTK」での解説を行います。ただ、「TKT」であっても理論的には同じことですから、参考になると思いますので引き続きご覧ください。

[ダブルタンギング]
「TK」の発音で行う連続する2回のタンギングを「ダブルタンギング」と呼びます。

画像6

画像7

トリプルタンギング以上に汎用性の高いタンギングです。


今回の記事は「トリプル」「ダブル」をセットで解説していますが、これらの方法は共通する点が多いことと、両方をセットで練習することを推奨するからです。どちらが得意、苦手とならないように進めていきましょう。


タンギングについての確認(Tのタンギングとは)

では具体的にどのように行えば良いのでしょうか。

この続きをみるには

この続き: 2,883文字 / 画像4枚

5-7.トリプルタンギング、ダブルタンギング 1

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

今後ともよろしくお願いいたします!
1
トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com

この記事が入っているマガジン

テクニック本【第5章】
テクニック本【第5章】
  • 10本

技術本の「第5章 —テクニックを学ぶ—」のマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。