見出し画像

5-6.インターバル(音の跳躍)

テクニック本インデックスバナー

画像2

画像3

「インターバル(音の跳躍)が苦手」とおっしゃる方、結構多いです。確かに、インターバルは金管楽器にとってミスを起こしやすいハイリスクの動きであることは間違いありません。
しかし、それがなぜハイリスクなのか、どのようにすれば解決の方向へ進めるのかを分析すると、具体的な解決方法が見えてきます。
ということで、今回はインターバルについて考えてみましょう。


インターバルの概要

インターバル(interval)とは通常、「音程」を意味する英語ですが、ここでは「広い音程の移動、コントロール」「音の跳躍(技術)」という意味で使います。

この続きをみるには

この続き: 5,261文字 / 画像10枚

5-6.インターバル(音の跳躍)

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ありがとうございます!
1
トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com

この記事が入っているマガジン

テクニック本【第5章】
テクニック本【第5章】
  • 10本

技術本の「第5章 —テクニックを学ぶ—」のマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。