noteハイノートトップ2章

2-1.音の出る原理『トランペット ハイノート本 ~美しい High Bbで奏でるために~(仮)』

あなたがもし今、ハイノートを出すのが苦手だったり、全然出せなかったとしても、中音域を出せるのでしたらハイノートも必ず出せるようになります。

なぜそう言い切れるのか。それは、ハイノートが出ないのも中音域が出るのもすべて理由があるからです。

では、具体的にどうしたらハイノートが出せるのでしょう。

この続きをみるには

この続き: 7,349文字 / 画像14枚

2-1.音の出る原理『トランペット ハイノート本 ~美しい High Bbで奏でるために~(仮)』

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ありがとうございます!
10
トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com

この記事が入っているマガジン

ハイノート本 第2章
ハイノート本 第2章
  • 7本

出版を予定している「トランペット ハイノート本 〜美しいHigh Bbを奏でるために〜(仮)」の原稿を隔週にて順次有料公開しております。 こちらのマガジンでは第2章「基礎編2」を掲載します。 音の出る原理、音域変化の原理など、理論的な面からの歯車を手に入れましょう!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。