noteハイノート記事トップ4章サイズ修正

4-13.High Bbより上の音を出す『トランペット ハイノート本 ~美しい High Bbで奏でるために~(仮)』

さて前回までの記事でHigh Bbを出すお話と実践譜例の掲載は完了していますので、今回はその更に上の音を出す方法と実践譜例を掲載します。
と言っても、よく見かけるヤカンのお湯が沸騰したときのような「ピュイ〜〜〜〜」みたいなアドリブ的(一発芸的)ハイノートではなく(あの出し方を僕は知りません。どうやって出してるんですか?)、管弦楽曲や吹奏楽曲などで作曲家が特定のハイノートを明確に求めている場面で用いる演奏方法を解説します。ですので、掲載した譜例の最高音はHigh F(楽譜をin Bb読みした場合)までになっています。

この続きをみるには

この続き: 3,757文字 / 画像10枚

4-13.High Bbより上の音を出す『トランペット ハイノート本 ~美しい High Bbで奏でるために~(仮)』

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

今後ともよろしくお願いいたします!
2
トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com

この記事が入っているマガジン

ハイノート本 第4章
ハイノート本 第4章
  • 15本

出版を予定している「トランペット ハイノート本 〜美しいHigh Bbを奏でるために〜(仮)」の原稿を隔週にて順次有料公開しております。 こちらのマガジンでは最終章である第4章「実践編2」を掲載します。これまで手に入れたすべての歯車をしっかりと噛み合わせ、広い音域を自在にコントロールできる具体的な練習をしていきましょう!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。