新マガジントップ画像1

1-1.教則本の使い方

世の中には教則本がたくさん出版されています。
初心者向けの教則本、ウォームアップのための教則本、特定の技術を習得するための教則本、そしてバイブルと呼ばれる代表的な教則本。

あなたは何か教則本を使っていますか?

多くのトランペット奏者が使っているからと自分も同じ教則本を手に入れ、さあ練習しようとページを開いたところ、あまりの音符の細かさ目がくらくらしてしまった。こんな真っ黒で難しそうな楽譜、とてもじゃないけど無理!

…そっと本棚にしまって数年が経過。

よく耳にするお話です。

特にバイブルと呼ばれる総合的な内容の教則本はとにかくページ数が多くて最後までたどり着ける気がしない。
そもそも、どこまで演奏できればOKなのかという線引きが最大の謎。これがもし普通の楽曲だったら譜読みができて、音を並べられて、合奏でタイミング合わせてミスしないようにかっこよく吹けるようにして、そして本番を迎えるという明確な流れがあるのでわかりやすいけれど、教則本は別に本番があるわけでもないし、深く追求したら永遠にひとつの曲で停滞するし、かと言って何となく通せるようになって、それで何か上達したのかもいまいちわからない。

さてここで問題。この方の捉え方に大きなミスがあります。それは何でしょう。

この続きをみるには

この続き: 2,390文字 / 画像4枚

1-1.教則本の使い方

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ありがとうございます!
3
トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com

こちらでもピックアップされています

テクニック本【第1章】
テクニック本【第1章】
  • 5本

技術本の「はじめに」から「第1章 —練習って何?—」のマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。