noteハイノート記事トップ4章サイズ修正

4-5.ペダルノート2『トランペット ハイノート本 ~美しい High Bbで奏でるために~(仮)』

最終確認

もうセルフバズィングは大丈夫ですよね?

結局これが最も根底にある歯車です。セルフバズィングで演奏している間は、この「ハイノート本」すべての理論が通用せずに、実現することはおよそ不可能です。バテやすい、プレスが音を出すための必須条件であることから離れられない、音を出すことが力をかけることとリンクしている(頭でわかっていてもそうなってしまう)、アパチュアが貫通して穴になっているのに振動するなんて信じられないとまだ思っている、などセルフバズィングの疑いがある方、不安な方はぜひもう一度第1章から順次確認してください。

今回は「4-3.ペダルノート1」の発展形と、前回の「4-4.リップスラー2」の応用を合体します。


奏者の仕事、楽器の仕事の分担を確認する

この続きをみるには

この続き: 3,207文字 / 画像8枚

4-5.ペダルノート2『トランペット ハイノート本 ~美しい High Bbで奏でるために~(仮)』

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ありがとうございます!
トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(全記事掲載完了)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com