noteハイノート記事トップ4章サイズ修正

4-6.コラム ~醤油パックで考える空気圧~『トランペット ハイノート本 ~美しい High Bbで奏でるために~(仮)』

日常生活から空気圧を理解する

トランペットを演奏する際、体内の空気圧コントロールが重要であることはこれまでにも説明してまいりました。
しかし、空気というものは目に見えないだけでなく、「自身の体内」というさらに目に見えない場所で起こる空気圧をコントロールし、バランスを整えていく行為は大変難しく、不安定なものです。

ただ、空気圧という存在、それによって起こる様々な現象は、日常生活の中にたくさん存在しています。

それらを参考にすることで、目に見えない空気圧という存在を具体的にイメージする手助けになると思います。

そこで今回はこちらを使ってみます。

先日ファミリーマートで買った納豆巻き(細巻き)に付いていた醤油です。納豆が好きです。しかし唇に付くと舐めては拭いての繰り返しで唇をこすってしまうその行為が怖くて食べられません。納豆巻き(細巻き)はその点まったく心配ないのでよく食べます。手巻きはダメです。溢れてくるから結局唇に付いてしまう。

これからこの醤油パックを使って空気圧のお話をするわけですが、これ1つしかないので、この先に出てくる写真は手書きとの合成になります。実際に起こる状態とは異なる部分があることをご了承ください。


醤油を出す

ここから先はみなさんの経験則の基づいてイメージしていただくか、お手元に同じような醤油パックがあるなら実際にやっても構いませんが無駄遣いにならないようにご注意ください。

この続きをみるには

この続き: 2,389文字 / 画像8枚

記事を購入

100円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

荻原明(おぎわらあきら)です。記事をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、音楽活動の資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。