新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【オンライン海外旅行】第4回イベントレポート|Go To こどもたちの笑顔

「バイバーーーーーーイ!!」が止まらないZOOMの画面を見つめながら精一杯手を振り続けた夏……。

画像6

今年2020年8月。
期間短縮や旅行自粛が続く子ども達の夏休みの思い出作りをサポートし ”子どもたちの「心の居場所」を作る”ことを目的に、 日本中の放課後児童クラブの子ども達にオンラインで海外旅行を届ける取り組みを行いました。
今回はその思い出を綴ります。

■子供たちが熱狂する質問タイムの楽しさ

8月26日狭山市広瀬小学校5

リモートトリップを楽しむ子供たちが1番熱狂した場面が、画面の向こうの異国と触れ合う質問タイムでした。

「好きな食べ物はなんですか?」

「好きな動物はなんですか?」

可愛い質問が飛び交う中で「斬新」で思い出に残った質問が何個かありましたので全145画面の中の推定3000人以上の子供達の中からベスト3を紹介です。

第3位「今、何月何日ですか?」

たしかに、時差って当たり前になっていたことにハッとしました。質問してくれた子にとって、あの日の「時差」が将来の何かにつながったら嬉しいなと思いました。

第2位「お父さんとお母さんは何人ですか?」

たしかに、外国に住んでるって異世界なんだろうなってふと思った瞬間でした。そして、子供にとっての世界はまだ「日本だけ」だからこそ、世界はもっと広いんだよ、を伝えていきたいと思った瞬間でもありました。

第1位「宇宙人っていますか?」

100点!自分たちの世界は太陽が登っているのに、画面の向こうは太陽が沈んだ世界だもん、この質問が本当に心にのこりMVPをあげたいです。

子供たちの楽しんでくれている表情や質問から「正解なんてない」ということを改めて学びました。
わからないこと、知りたいことはその場ですぐに聞くことで次に繋がる大切さを間接的に大人の自分が感じていたことに気付き、ギリシャのチエチエさんが子供たちに伝えた、ギリシャの哲学者ソクラテスが残したことば「無知の知」の意味を思い出しながら綴っています。

■施設の先生たちの楽しさ

開催前から楽しみにしてくれているのが子供たちだけでなく、先生たちもタビマエ準備をしていたことが発覚!

8月26日ふじみ野市福岡4

リモートトリップの最後にいろんなメッセージをくれる先生もいて感動しました!先生たちも楽しんで参加してくれるのは本当にうれしかったです!

先生

■準備の裏側の楽しさ

図1

オンラインとオフラインを駆使して開催したリモートトリップ!
運営チームだけではなく、毎回シダックスさん、ロコのみんなで作り上げていき毎回内容が変わっていくイベントでした。

シダックスの広報担当者の方からは最終日前に『「いよいよ明日は最終日、イベント千秋楽よろしくお願いします!」とコンサートのように作り上げてきた感があったので思わずこういう言い方になってしまいました!』という楽しくなるコメントも……!

また、とある開催地でのメディア取材では自治体も巻き込んで大勢の人が動く事態も起こり、たくさんの大人たちも夏の思い出ができたきがしました。

■シダックスご担当者さまのお声

画像5

今回、こどもたちへ笑顔をとどける取組を一緒に開催したシダックスさん。毎回嬉しいコメントや改善点をいただき、一緒に楽しみながら夏の思い出を作り上げたご担当者さまにコメントをいただきました。

Q.今回ロコタビを利用しようとおもった決め手はなんですか?

コロナ禍の中、外出自粛・夏休み短縮となり、子ども達は大きなストレスを抱えていました。なので、少しでも子ども達が前向きな気持ちになるような企画を考えていた所、たまたまグーグルアースでのお出かけ企画をやっている事例があり、それをヒントにリモートトリップを思いつきました。
多くの会社の中ロコタビを利用した、大きな決め手になったのは、初めてリモート会議時に ロコタビの皆さんと明るく前向きに企画について話し合いができたことです。
Q.今後のオンラインリモートトリップへの期待や希望

今回の取組みでリモートトリップには、臨場感と現地感が重要であると気付きました。臨場感は、現地とリアルタイムで繋がっているという感覚をもってもらうような演出が必要です。

今回、クイズや質問コーナーなどで、現地と繋がれたのは子ども達も大変喜んでいました。現地感という部分では、ロコの皆さんのご自宅を拝見できたり、近所のスーパーなどに立ち寄っていただけたことで、異国の文化に触れることができました。中には、リモートトリップの内容を自由研究にしたり、保護者の皆様にも知ってもらうため日記にしたり感想文にしている子どもがいました。

このように、他国に興味を持ち、子ども達の世界観も広がったと大変嬉しく思います。
Q.ロコタビのオンライン海外旅行のご利用をご検討されている方へ一言

リモートトリップは、子ども達はもちろん、弊社社員も大満足の楽しい夏の思い出になりました。是非おすすめです。

いつも嬉しい言葉を本当にありがとうございます!笑顔

------

🎐夏の思い出をNHKにとりあげていただきました!

私たちイベント担当HiとPiのモットーは関係者も自分たちも
心から楽しんで企画をつくりあげていくこと!
私たちの「楽しい!」を多くの人たちに伝えていき、
これからもたくさんの子ども達の笑顔を咲かせていきたいと思います!!!

絵日記


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
”世界が身近に感じられる世の中を”ミッションに、ロコ(海外在住日本人)が旅のお手伝いをしてくれるWebサービス「ロコタビ」(https://locotabi.jp/)を運営しています。2015年創業以来、フルリモートで世界中に点在するメンバーと共に歩んでいます。