見出し画像

大自然の中で働きたい!から始まった、移動式オフィスプロジェクト『オフィスキャラバン』で学んだこと

先日トレイルヘッズでは、「これからのオフィス」に関するレポートを発表しました。その中でも紹介しているように、現在ベンチャー企業から今後のオフィスについてのご相談がたくさん寄せられています。業務時間の半分をリモートワークにしてオフィスの面積を縮小する会社、感染拡大を防ぐためデスク同士の距離をあけレイアウトを変更する会社など、これからのオフィスの形を模索して、各社様々な対応をとっています。

緊急事態宣言が開け、企業も個人も今まさに「これからどう働こう?」を模索しているタイミングではないでしょうか。

今回はそんな皆さんに、トレイルヘッズが手がけるモバイルオフィスプロジェクトをご紹介します!その名の通り移動するオフィス。どんなもので、実際にやってみてどうだったのか?高山がホストとしてお伝えします。

画像5

皆さん、こんにちは。トレイルヘッズの高山です。
新型コロナウィルス感染拡大防止という長い単語がすらっと言えるようになった今日この頃。すっかりリモートワークが日常になった方も多いのではないでしょうか?

最近よく周りのみんなに言われるのが「時代先取りし過ぎてたね」という一言。これ実は、4年前からやっていた移動式のオフィス(=モバイルオフィス)プロジェクトについてなのです。

スクリーンショット 2020-07-10 9.50.12

▲モバイルオフィスの本体は、ルーメットという丸みのある形のトレーラー

プロジェクトの名前は『OFFICE CARAVAN(オフィスキャラバン)』。
これを始めた2014年ごろ、トレイルヘッズのオフィスはまだなく、シェアオフィスで働いていました。車で現場を転々と移動している内に「オフィス自体が移動したらもっと色々な場所で、快適に働けるんじゃないか?」と思ったのがプロジェクトの発端です。

そして、オフィス仕様にトレーラー改装し、好きなところで働こうというプロジェクトを始めました。概要はこちらをご覧ください。

スクリーンショット 2020-07-10 9.50.28

▲オフィスキャラバンの内装

リモートワークが日常化した今ならまさにうってつけ!の働き方ですが、実際にやってみる想像していなかったことも起きたりして・・・私たちが当時経験し学んだことを、これからモバイルオフィスを始めようという方の為にまとめてみました!

スクリーンショット 2020-07-10 9.50.40

▲森の中を走るOFFICE CARAVAN

●大自然の中でするのに向いている仕事は?

→自然の中でリラックスして、クリエイティビティが増すのでは?と思っていた私たちですが、意外とそうでもなかったですね(笑)
環境が変わった影響でアドレナリンが出ているのか、意外と考え事には集中できなかったりしました。数日間滞在すれば閃いてくることもあるのかな...逆に自然の音をBGMにすると単純作業には異様に集中できました。
ふと、顔を上げた時に見えるのが山や川っていうのは最高に気持ち良かったです!

●暑かったり寒かったりはどうしていたか?

トレーラーには照明もエアコンも付けたので、外部から電源を引くことができれば一日中快適に仕事ができます。が、実際のところエアコンはほとんど使いませんでした。日本では屋外で電源を引ける場所はなかなか無く、あっても道の駅など駐車場になってしまいます。、さすがに駐車場でわざわざ働く気にはならず...結果的にはロケーション優先で働く場所を決めていきました。

●普段どこに置いておくか

トレーラー部分を普段停めて置く場所は、思いがけず大変な問題でした。思い立った時にすぐに出発するためには、都内近郊に停めておきたいところですが、自走しないトレーラーは駐車場側から断られることも多々あり...かつトレーラーを車に繋いだり外したりするのは慣れるまではそれなりに時間と場所が必要。やっと見つけた駐車場ではトレーラーを出し入れする度に大渋滞を作っていました。最終的に必要なのは渋滞を作っても折れない強い心かもしれません(笑)

日本ではまだまだトレーラーで移動しながら働くにはハードルもありますが、アメリカでは太陽光発電を利用したりもっとモビリティがうまく使われていますね(記事)。

モバイルオフィスでの試行錯誤は、その後HINOKOというキャンプ場プロジェクトをスタートさせるきっかけにつながっています。
そして今トレイルヘッズでは、この流れを汲み「大自然の中で快適に働く」ための新たな実験を進めています!

スクリーンショット 2020-07-10 9.58.06

▲森の中で快適に働くため、環境や什器を実験中

こちらについては、また別の機会にお伝えしたいと思います!

リモートワークの波を受けて、日本でもいろんな場所で働ける環境が整っていくことを期待したいですね!

○ホスト:高山のぞみ(TRAIL HEADS Executive Officer)
大学の建築学部を卒業後、不動産ディベロッパーに入社。その会社がリーマンショックで倒産したことをきっかけに、仕事や働き方に興味を持つ。不動産に関わりながら「使う人が喜んでくれる物をつくりたい」とオフィスインテリア業界へ転身。2014年に山口とともにトレイルヘッズを立ち上げる。現在の趣味は、自粛でたるんだ体を鍛え直すこと。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!