豊田ホタルの里ミュージアム・下関市立自然史博物館

下関市立の自然史を扱う博物館です。ホタルだけではなく、下関市の動物、植物、化石、岩石に関する展示や教育、調査・研究を行っています。

日常

パネルはできた。

あとは、展示物とラベル。

残りあと1日。

間に合うかな~~。

日常

花壇を修理したり、ARナメクジの館内案内の看板を作ったりと色々しながら、企画展の部屋を空にした。

次はゴカイの企画展。

火曜日から開館なので、そろそろ完成させないといけない。

でも、まだ何もできてない。

日常

今日も草刈や事務仕事など色々して、干潮に合わせて干潟へ。

ひたすら広大な干潟を歩き回って、ゴカイを探す。

でも、狙ったゴカイは今日も見つからなかった。

まぁ、そんなもんだ。

日常

朝から長いモップでアトリウムのガラスを綺麗にして、昼前から裏広場と駐車場を草刈して、干潮に合わせて海岸に行き、広大な干潟を歩いてゴカイを探しました。

だいぶ探したけど、見つかるのはカブトガニの赤ちゃんばかり、、

もうヘトヘト。

さて、夜の講演の準備しなきゃ。

日常

今日は天気がよかったし、展示生物や餌がなくなっていたので、学芸員研修の学生と一緒に野外に行きました。

川や森、池と色々なところに狙ったものだけを採りに行くという、作業ですけど、思わぬものに出会うものです。

日常

今日はヘイケボタル黒化型(写真)を送って頂いたので、それを解析するために体長などを学芸員研修の学生に測定して貰ったり、学生にミミズの解剖を教えたり、来週の講演のためのpptを作ったり、とバタバタしました。