川光 俊哉 Toshiya Kawamitsu

第24回太宰治賞 最終候補 『夏の魔法と少年』 / 第6回林芙美子文学賞 最終候補 『…

川光 俊哉 Toshiya Kawamitsu

第24回太宰治賞 最終候補 『夏の魔法と少年』 / 第6回林芙美子文学賞 最終候補 『水族館で鬼ごっこ』 / 脚本 舞台『銀河英雄伝説』シリーズ他 / 二松學舍大学文学部国文学科 講師 / ポストメタルバンドlantanaquamara / Twitter @TKawamitsu

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

自己紹介

あらためて 私のやっていることを 自己紹介させてください。   1 脚本家   舞台「銀河英雄伝説」シリーズ他 商業演劇で脚本を担当してきました。 原作から脚色する仕事が多かったためか 構成は得意です。 企画書、プロット、脚本など 執筆のスピードには定評があります。     2 講師・先生   二松學舍大学で脚本の書き方、読み方を教えています。 個人でも創作教室を開講しています。 単なる「添削」ではない、共同制作者としての 有益なアドバイスができるよう心がけています。  

    • アルタイルの詩(笑) (13) 終

      4−6   咲希、登場。ウェディングベールをかぶっている。 咲希 むかしむかし、天の川のそばには天の神様が住んでいました。 渉  天の神様のひとり娘は、織姫と言いました。織姫がやがて年ごろになり、 咲希 天の神様は、娘に、天の川の岸で天の牛を飼っている、彦星というお婿さ    んをむかえてやりました。 渉  ふたりは、たのしい生活を送るようになりました。 咲希 でも、仕事を忘れて、遊んでばかりいるようになったのです。 渉  天の神様のもとへ、みんなが文句を言いに来るように

      • アルタイルの詩(笑) (12)

        4−1 松岡 (声)いのち短し、戀(こひ)せよ、少女(をとめ)、    波にたゞよひ波の様(よ)に、    君が柔手(やはて)を我が肩に     こゝには人目ないものを。   松岡、千秋、登場。   千秋は車椅子に乗っている。松岡が押している。 渉  …… 千秋 〽︎いのち短し、 渉  ……やめてください。 松岡 なぜ。 渉  いや……千秋さん。 千秋 なぜ。 松岡 患者さんたちに迷惑だから? 千秋 ほかの患者さんがどこにいる? 松岡 どこにもいない。 千秋 では……

        • アルタイルの詩(笑) (11)

          3−3   永井、拍手しながら、登場。 永井 見せてもらいましたよ。聞かせてもらいましたよ。 咲希 あ、ヤクザ。 永井 誰がヤクザだ。    老婆心ながら、ひとつ、よろしいかな? 本当に夢を夢だと思っているの? 夢……あえて夢をいうことばをつかうが、夢なんて、神さまの神殿や、幽霊のすみかや、天国や、もしかしたら地獄のような場所にあるものさ。漠然とした、つかみどころのない、抽象的でたどりついたものなんていない。こう言えばいいのかな? 今度は、目的、ということばをつかってみよ

        • 固定された記事

        マガジン

        • 舞台企画/戯曲「アルタイルの詩(笑)」
          19本
        • 小説「千人の女の子の夜になっちゃんは死んだ」
          32本
        • 戯曲「モノクロ同盟」/詩の書き方
          50本
        • 口語散文集/小説「水族館で鬼ごっこ」
          31本
        • 創作教室
          187本
        • 小説の書き方
          264本

        記事

          アルタイルの詩(笑) (10)

          3−2   渉、咲希。 咲希 どうしたの? 渉  なんか…… 咲希 楽じゃん。自由にやらせてくれるんだってさ。 渉  なんか…… 咲希 なに? 渉  役者って、そういうものかな、って。 咲希 どういうもの? 渉  ……   沈黙 咲希 きみもオーディション? 渉  まあ。 咲希 で、受かったわけだ。 渉  きみも。 咲希 わたしはさ、電話が来たとき……   咲希、正面をむく。オーデションでうかったときのことを再現する。 咲希 めちゃくちゃうれしいです。    はい

          アルタイルの詩(笑) (10)

          アルタイルの詩(笑) (9)

          3−1   神崎以外。 大輔 好きに、自由にって……どこまでやっていいんですかね? 松岡 思うにね、遠慮しすぎてたんですよ。 洋子 もっと、思ったことを言ってもよかったですよね。 松岡 ぼくね、72歳なんですって。    おかしいじゃないですか。日中戦争がどうの、「いのちみじかし」のゴンドラの歌、軽く120歳を越えてないと、口に出ないですよ。    渉の年齢設定で1歳ちがうとかどころじゃないって。 永井 あいつの老人イメージって、そんなもんなんですね。    戦争を体験し

          アルタイルの詩(笑) (9)

          アルタイルの詩(笑) (8)

          2−1 神崎 カット!   神崎、登場。   緊張がとける。 神崎 おつかれさまでした。じゃあ、打ち上げのほうに。 松岡 セリフ、長いですよ。 洋子 クッソ長い。 大輔 誰が書いたんです? 神崎 ぼくですけど。 みんな えっ。 由紀子 才能あるじゃないですか。 永井 もっと書いてもよかったと思うな。 奈津美 そうそう。長いけど……おぼえやすい、言いやすいっていうか。 大輔 なんていうの? 現代のシェイクスピア? 松岡 バーナード・ショー? 洋子 三島由紀夫よ。 神崎 本

          アルタイルの詩(笑) (8)

          アルタイルの詩(笑) (7)

          1−13   永井、由紀子、登場。 永井 ここだと聞いたよ。 由紀子 あなた…… 永井 (手で制す)きみに、ひとつ忠告がある。もう来るな。理由は分かるな。 渉  分かりません。 永井 しずかに、最期を看とりたい……あの子の心を、みださずに。きみは、咲 希のなにを知っている?    病室のベッドで、月に顔を照らされながら、かすかな声で、わたしには聞こえた。「大嫌い……渉なんて……大嫌い」 渉  え…… 永井 ひとすじの涙も、青白く染まっていた。はかなく落ちた……落ちたんだよ

          アルタイルの詩(笑) (7)

          アルタイルの詩(笑) (6)

          1− 11   大輔、奈津美。 奈津美 大輔。ありがとう。 大輔 なんだよ、そんなこと……結局…… 奈津美 うん。ふられちゃった。 大輔 やけ食いでもするか? 奈津美 ……焼肉とかさ。 大輔 おまえのおごりな。 奈津美 えー。 大輔 ありがとう、って言ったよな。ちゃんとかたちで示せ。 奈津美 カラオケとかね。   ふたり、笑う。   沈黙。 奈津美 本当に……なんて言ったらいいか…… 大輔 おさななじみの一大事だ。助けないわけにはいかないだろ。 奈津美 おさななじみ

          アルタイルの詩(笑) (6)

          アルタイルの詩(笑) (5)

          1−8   渉、大輔、登場。   大輔、渉を突き飛ばす。 大輔 おれは、おまえをなぐらなきゃいけない。 渉  ……どうして。 大輔 ……一生分からねえよ……   大輔、なぐりかかろうとする。 奈津美 やめて、大輔。   奈津美、登場。   大輔、手をとめる。 大輔 ……でも、こいつが…… 奈津美 どうしたの? 大輔 ……なんでもない。   大輔、去る。 1−9   夕焼け。   渉、奈津美。 渉  なんだ……あいつ……(奈津美へ)見舞い? 咲希の。 奈津

          アルタイルの詩(笑) (5)

          アルタイルの詩(笑) (4)

          1−6   医者・神崎、ナース・洋子、登場。 咲希 洋子ちゃん。 洋子 探したわよ。 渉  ……(会釈する) 洋子 もしかして、彼氏? 咲希 うん。渉くん。 神崎 主治医として、ひとこと……接触するなら、消毒してから。接触してしま    ったら、あとで消毒。特に、この指。   神崎、小指を立てる。渉、咲希、照れる。 洋子 そろそろ検温の時間よ。    咲希を病室までエスコートしてくれる? ……渉くん。 咲希 はい(手を出す) 渉  ……接触するなら、消毒してから。 咲

          アルタイルの詩(笑) (4)

          アルタイルの詩(笑) (3)

          1−4   千秋、登場。 千秋 (さえぎって)患者さんに迷惑ですよ。 渉  あ…… 千秋 (笑う)おじいちゃんは、置いてきました。    自分ではらうんだって聞かなくて。 渉  そうですか。 千秋 言い忘れたことがあって。    ……変に思いませんでした? 渉  ……お名前、ですか? 千秋さん…… 千秋 そう。清子は、わたしの亡くなったおばさんです。    ……亡くなる前、清子は、おじいちゃんに言いました。外国の……難民の男性と結婚する、と……    清子にふりそそいだの

          アルタイルの詩(笑) (3)

          アルタイルの詩(笑) (2)

          1− 1   昼さがり。   病院の中庭、常夜灯とベンチがひとつ。   老人・松岡、孫・千秋に車椅子を押されて、登場。   松岡、ゴンドラの歌を歌う。   松岡 いのち短し、戀(こひ)せよ、少女(をとめ)、    朱(あか)き唇、褪(あ)せぬ間(ま)に、    熱き血液(ちしほ)の冷えぬ間(ま)に    明日(あす)の月日(つきひ)のないものを。 松岡 日中戦争。大東亜戦争。太平洋戦争。    永遠につづくかと思われた、火の雨、血の川、不毛の荒野、また荒野……    死

          アルタイルの詩(笑) (2)

          アルタイルの詩(笑) (1)

          登場人物 渉 17歳、高校2年生。愛する咲希のためになにかしてやりたいが、なにもできない無力をなげいている。 咲希 16歳、高校2年生。愛する渉を残して逝ってしまうことが気がかりでならない。渉にきらわれようとする。 神崎 42歳、医者。咲希の主治医。妻子があるが、洋子と不倫の関係にある。 洋子 28歳、ナース。神崎の不倫相手。このままではいけないと思っている。 松岡 72歳、入院患者。娘のことで後悔している。 千秋 23歳、松岡の孫。足の悪い松岡を心身ともにささえ

          アルタイルの詩(笑) (1)

          モノクロ同盟 (16) 終

          3−4   福永、登場。 福永   先生! ……大森さん。 大森   どうも…… 福永   先生、いま、先生の本、読み終わったんですよ。      おもしろいじゃないですか。やっと、先生も小説の書きかたが分かったんですね。 岩谷   どうも…… 福永   早く感想を伝えたくて!      つづきは、いつ書けるんですか? 岩谷   つづき? 福永   つづき! 岸田   それは…… 三上   ぼくも気になっていました。 大森   つづくんですか? 福永   先生。 皆々  

          モノクロ同盟 (16) 終

          モノクロ同盟 (15)

          3−1   書斎。   岩谷、ひとり。   本棚、机の上、がらんとしている。   チャイムが鳴る。 岩谷   はい。   伊藤、登場。 伊藤   ……ずいぶん…… 岩谷   きれいになったか? 伊藤   ……さみしくなった。 岩谷   引っ越し、するんだ。 伊藤   そう。 岩谷   処分した。 伊藤   本、全部? 岩谷   ほとんどね。 伊藤   命より大切なんだと思ってた。 岩谷   …… 伊藤   わたしがなにを言っても、ああ、とか、そう、とか、てきとうな返