見出し画像

2ヶ月半で10kg痩せるために実践したこと

2月の頭は83kgあった体重が4月中旬時点で73kgまで減らすことができたので、何を実践したかまとめたいと思います。

画像1

一言で何を実践したかというと

いたってシンプルで、こちらの本に書いてあることを素直に受け止めて実践しただけになります..! 10年以上いろんなダイエットをやっては挫折して体重が75kgを切ることはなかったのですが、この本に出会ってあっさりと痩せることができました。

具体的に何をやったのか

以下の4つを実践しました。

朝食は食べない
何故なら朝食を摂ると一日のパフォーマンスが良くなるというのは食品メーカーの印象操作であって実際は変わらないから。また、朝食を食べても食べなくても一日のエネルギー燃焼率は変わらないので朝食を摂るだけで太る🍞

1日におきに昼食を摂らない
何故なら糖質を脂肪に変えやすくするホルモン(インスリン)は炭水化物やたんぱく質を摂取すると多く分泌されるので、食事をしない期間を空ければ空けるほど糖質が脂肪に変わりにくくなるから🍚 なので間食=太る状態に体がなるという仕組みを意識してなるべく食べない時間を作る

精製された炭水化物を避ける
1日おきの昼食と晩ごはんは普通に食べていましたが、お菓子やパン、ジュース等加工された炭水化物は糖の濃度がとても高いのでインスリン値の上昇が起こりやすく、太りやすい状態になります。なので食事を取らない期間を作っている時は特に、お菓子等の間食を避けるようにしました。 

コーヒーと炭酸水を飲む
上記の通り、なるべく食事を摂らない時間を空けるため、空腹との戦いになります。空腹を和らげるためにコーヒーを飲んだり炭酸水を代わりに飲むようにしました。そうするとだいぶ空腹が和らぎます。コーヒーは1日6杯までは体に悪い効果を与える要素が多くならないと言われていたので、1日3, 4杯程度は飲んでいました。(中浅煎りの紅茶みたいに飲みやすいやつ)

どうしてもお腹が空いたとき

どうしても空腹に耐えれない時は、チーズを食べていました。チーズに含まれるたんぱく質もインスリン値の上昇を助けるのであまりよくないですが、ストレスもインスリン値の上昇を助けてしまうので、自分の好きなカマンベールチーズ食べたり、適度な運動(散歩とか筋トレ)をして気を紛らしたりしていました。激しい運動は逆に食欲を増進させるのでやっていません。

食事を抜くと筋肉は減らないのか?

たんぱく質はインスリン値の上昇を煽るので限られた食事の時しか摂取しないようにしていたので、継続的にたんぱく質を摂取しない=筋肉が衰えていくのでは?という疑問がありましたが、本に書いてあったのは脂肪が燃焼されている限りは、体が筋肉をエネルギーに変えることはしないので、筋肉が衰えることはないとありました。実際に筋トレを適度にしつつたんぱく質の摂取量をいままでより減らしていましたが、筋肉量が減った感じはありません。おそらく体脂肪率が極限まで少ない人が気にかけるほどのレベルなのかなと思います。

今後も続けていきたい習慣

食事を抜く(いわゆるファスティング)は実践してみると、意外と辛くなくてむしろ仕事中に眠気を誘発しないし体調も良くなったと思います。仕事に集中していたら意外とご飯を食べていなかったことが気にならなくなるし体重を維持するためにも実践していきたいなと思います。

ダイエットしたい(している)けど、なかなか痩せない方はぜひ実践してみてください!在宅勤務が多い今こそ食べ物の誘惑が少ないので、絶好の機会なのかなと思います。ではよいファスティングライフを!🔥


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🤗
14
フルリモートで開発をしながら子育て奮闘中のエンジニアです。コーヒーとコンテナ技術とReactが好きです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。