見出し画像

風景の境界とあわいに

この言葉は、写真集カムイにお寄せいただいた、フォトキュレーター小高美穂さんによる寄稿文のタイトルです。3000字近いテキストには、作家の思いを超えた風景についての考察が書かれています。風景とは、自然とは、人間とは、宇宙とは。まさに今回「Kamuy」でやりたかったことが、論理的に分析されて言語化されています。作家のステートメントだけでは伝え切れないニュアンスが、キュレーターならではの分析力で冷静かつ明瞭に語られているのです。

写真集をご覧いただく際は、ぜひこちらの寄稿文を合わせてご覧ください。よりKamuyの真意を感じていただけると思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援ありがとうございます。いただいたサポートは、写真家中西敏貴のさらなる飛躍のため、取材費として使わせていただき、その成果をかならずやフィードバックさせていただきます。ご協力をお願いします。

いつも感謝!
30
写真家。美瑛町在住。農の風景を中心に、光、造形を追いかける日々。WEB : https://www.toshikinakanishi.com/ Facebook : https://www.facebook.com/toshikinakanishi.official/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。